メスイキ・女装子・SM出会い体験専門

ドS男が好きなM女の特徴と落とし方とは?

投稿者:YOSHIKIN

mjo_001

投稿者:YOSHIKIN

過激な発言や行動で女性を責めることが大好きな男性は、いわゆるドS男と呼ばれています。
このドSというのはなにもSM業界においてのみ通用する言葉ではなく、実際は広く一般的にも通用する言葉であるという点には特に注意が必要です。

実際、男性に高圧的な態度をとられたり、男性から過激な指示を受けたりすることで、その男性に対して強い興味を示してしまう女性というのが多々居るものです。
普通なら相手が異性でも同性でも、上から目線で過激なことを要求されたら腹が立ったり幻滅するものですが、そういった普通の反応を示さない変態というのが男女共に世の中に少なからず居るものなのです。

そういった本質的にマゾな女性の特徴を理解し、その彼女と仲良くなることができれば、これほどドSなSM調教師にとって有意義なことはないでしょう。
今回ここではそんなサド男にとってとても役立つ本物のマゾ女の見分け方と、その落とし方についてじっくり考察していこうと思います。

飴と鞭に適性がある女

pn043_220303a

人が人を支配する上でもっとも重要な点は、まず支配する側がされる側から深く信頼されるようにすることです。
信頼なんてなくても相手を支配できると考えるのはまったくの間違いで、たとえば信頼関係が構築されていないままの支配はプレイではなくただの侵略であり悪い行いです。

そのため最悪の場合はさまざまな社会的代償を負う危険性が生まれたり、せっかく手にした理想のパートナーから無視されるようになってしまうかもしれません。
こういったことが起こらないようにするためだけでなく、信頼関係を上手く築くことは、その分プレイにおけるお互いの快感を高めるためにも必要不可欠なことです。

信頼がなければ相手に身体も心も任せられるわけないため、当然のごとく信頼がないままのSM調教やSMプレイは、調教師とマゾ女性双方にとってなんの利益もないのです。
このようにSMパートナーの間ではとても大切な信頼関係ですが、この信頼関係を構築してもなぜか長続きしないSMカップルというのも多々居るものです。

では長続きするSMパートナーと短期間で関係が解消するパートナーの違いはどこから生まれてくるのでしょうか?
実はそれこそが飴と鞭を駆使するSM調教に、マゾ側が適性を持っているのか否かという点にあります。

人が人を支配する時には、信頼関係と同時に、飴と鞭、つまり利益と不利益を交互に相手にちらつかせて、長く気を引き続ける必要があるのです。
たとえば普段の生活では優しい性格なのに、いざSM調教が始まると別人になったかのように冷たく過激な調教師になる男性というのはドMにとって人気があります。

そしてそのような男性に興味を示す女性というのは、元々自己承認欲求が強かったり、自分の意志で判断したり考える力が少し弱い傾向にある人である場合が多いようです。
また、性格や精神的な気質は正常であっても、ボディピアッシングなどで自分の体を必要以上に痛めつけたりして、身体改造に明け暮れているタイプの女性もドSな男性を好きになる可能性が高いようです。

このての女性たちはSM調教やそれに近い系統のプレイすべてを、一種のシチュエーションプレイとしてまとめて好きになっていて、その結果本性はドMでなくても、ドMな女性を演じる自分を気に入っている場合も多いようです。

以上のように男性から受ける飴と鞭による調教を受けて、そのほとんどに耐えきったり楽しみ続けたりできる女性はやはり一握りの才能を持つ女性だけと言えるでしょう。

まさにそのドMな女性になる素質を持つ女性を見つけ出すことがドSな男と長く付き合える女性と交際するための第一歩であると言えるでしょう。

まずは友達からという定番手法

dk0020

サドな男性からの一方的な指示に耐えたり、彼から受ける突然の優しさに弱い女性、またはそれに翻弄される自分に酔っているような女性はM女にとても向いているという話をここまでにしました。
ただ実際にそんな女性を見つけて彼女と出会う方法は具体的にどのようなものになるかというと、なかなか想像がつかないと言う人が多いかもしれません。

しかし実際のところその出会い方や探し方自体はとても単純で、まずはSM専門の出会いサイトを活用していくことが必要になります。
そういった専門の出会いサイトを使うことでSM調教に興味を持っている層自体とは出会い易くなりますので、あとはその中からドSな男から受ける様々なSM調教に耐性のある女性と出会うことが必要になります。

m女調教, M女調教 体験, SM 信頼関係, SM出会い体験, 精神的支配, 調教師とマゾ女

Posted by mazotown

この記事を読んだ人にオススメ!