女装するなら男感を隠せ!体のラインを隠せる方法・アイテム

アブノーマル情報

女装をする際の基本は、いかに男性的な体のラインを隠すかどうかです。
そのためには女性のボディーラインを作る必要があり、女性と男性の体の違いも十分理解するとこも大切です。
そこで今回は女装する上で女性らしい身体に見せるための工夫や、男性特有の体を隠すための着こなし、オススメグッズなど紹介します。

はじめての射精管理~HAJAKAN~

女装するならココを隠そう

女装の楽しみ方は様々で、部屋から出ずに一人で楽しんでいる方や自撮りしてSNSなどにUPする方、
外へ出て女の子として楽しむ方など人それぞれ自由な楽しみ方がありますが、ほとんどの女装する方に共通しているのは、男性だと気付かれずより女性に近づけるかが大きなポイントだということ。
そのためには男性には無い女性のボディーラインをいかに再現できるかが重要で、上手な隠し方、盛り方、ごまかし方など様々なテクニックが必要になってきます。
男性と女性のカラダの違いも含めて、どこをどうすれば良いのか簡単に紹介します。

顔の輪郭

女性の顔は耳から顎の先まで丸みのある形である事が多く、頬や鼻筋も全体的に曲線ですが男性はもっと角ばった輪郭で、骨格の凹凸が大きいです。
男性的な輪郭を隠す基本はウィッグを使う事です。ロングヘアーのウィッグだと逆に顔が大きく見えてしまうのでショートボブぐらいの長さがオススメ。
あまり頬骨や前髪を長くして輪郭を覆ってしまうと暗い印象にもなるので全体のバランスが重要です。
長さの調節はハサミで切ってしまってもOKなので、自分好みに且つ可愛い見た目にアレンジしてみてください。

鏡に立って自撮りする場合は顎と口元をスマホで隠してしまえば簡単です。
この場合、スマホケースも移ってしまうので、女の子っぽいカワイイ物に変えましょう。
また、洋服をメインに自撮りする場合はマスクをつけてもいいですね。

手の甲を隠す

手の甲は男感がよく出るパーツです。また年齢も相応に手の甲で判断できるのでなるべく洋服で隠してしまいたい箇所。
いくら指や手の甲の毛を処理してもフォルムがゴツいのですぐに男の手だとバレてしまいます。
自撮りをするのならば、そもそも手の甲を写さないように注意して撮ればOK。
ネイルも見せたいときはレディースハンドウォーマーで指先以外丸ごと隠してしまうか、萌え袖で可愛く見せましょう。
女装で外出する場合も同様に、長い袖で隠してしまうのが無難。
買い物のお会計のときに手袋をしてたら逆に違和感かもしれません。

腕を隠す

腕も特に男感が出ます。とにかく女性よりも筋肉質な太さで血管の盛り上がりも目立ちやすいので、そのまま露出しているとすぐ気づかれてしまう事も。
腕もムリに出すことはせず、上記の「手の甲」と同じで、長袖で丸ごと隠してしまうのが簡単で手っ取り早いのでオススメです。
夏場でもなるべく長袖を意識して、生地の薄い通気性のいい服を選んでみましょう。

喉仏を隠す

以外に忘れがちですが喉仏が出るのも男性ならではの事なので、冬はファーを巻いたり襟の高い洋服やコートで隠しましょう。
夏場も同じく襟の高い服や薄い生地のタートルネックを着るか、マスクでごまかしましょう。

脚、膝を隠す

脚も肉付きで男っぽさが出てしまう部分。ふくらはぎの筋肉やくるぶし、膝も大きな凹凸でゴツく見えてしまうのであまり露出しない事が重要です。
スカートやショートパンツをファッションに合わせるときはタイツは必須。黒いニーソックスや、肌の色に合わせたタイツの重ね履きも見た目が良くなります。

女性らしいボディーラインを作る

女装をする上で一番大きなテーマとなるのが、女性らしいボディーラインを作る事。
特に肩幅は同じ背の高さの男女でもかなり違い、見た目の違和感を出しやすい箇所なので気にしてる女装家の方も少なくありません。
ボディーラインを変えたり隠したりするのはなかなかに強敵なので実践しやすい方法と効果的な方法を紹介します。

肩幅が目立つ服を着ない

まずは肩を露出しない服を選び、強調しないようにすることを考えます。
肩のところに装飾があって注目される服や肩パットの入ったもの、色が目立つものなどは避けましょう。
重ね着するファッションであれば、かさばって余計肩幅が広がらないように、インナーはカットソーや薄手のものを選んでみてください。

肩から下にかけて覆う感じの服も効果的で、ポンチョや丈の長いカーディガンがオススメ。
基本はダボダボした服やゆったりとしたデザインの服なら肩幅を隠しやすいのですが、ゆとりがありすぎると身体全体が大きく見えてしまう事もあるのでバランスにも気を付けましょう。

縦に長い印象を持たせる服

男性は女性より身長が高い事が多い分、縦を強調すればスラっとしてスマートな印象を持たせる事ができます。
単純に縦縞柄の服を合わせたり、丈の稼げるコートやシャツワンピース、ロングシャツを合わせれば効果的。
冬には眺めのストールやマフラーなども両端を長めに垂らせば、肩を隠しながら縦ラインを印象付ける事が可能です。

Posted by mazotown