人体改造プレイ!快感度アップ!乳首開発!ニップルポンプを使ってどこまで乳首肥大化できるのか?

アブノーマル情報

人体改造の中で乳首肥大化はポピュラーなものとなっています。

「平均的な乳首からかけ離れたグロくて異形な乳首にしたい」

「男性は女性よりも乳首が小さめなので女性らしい乳首を手に入れたい」

という願望から男女問わず乳首肥大に励んでいる人は多いもの。

そして、その乳首肥大化に欠かせないアイテムがニップルポンプです。

今回はそんなニップルポンプを使ってどこまで乳首肥大化できるのか、じっくり深掘りしていこうと思います。

乳首肥大化による乳首開発

乳首肥大化の可能性は無限大

女性の平均的な乳首の大きさは直径1センチ、高さ9ミリと言われています。男性の平均はその約半分です。乳首肥大化といっても数ミリ大きくなる程度なのでは?と考えている人がほとんどだと思いますが、決してそんな事はありません。

乳首は皮膚の一部です。皮膚は非常に伸張性が高く引き伸ばした状態を保つ事で面積が大きくなります。

例えば、太った人が急激にダイエットをしたらお腹の皮が余ってしまった、という事がよくあります。これはお腹の脂肪によって表面の皮膚が常に引き伸ばされた状態であったものが、一気に脂肪が減った事で皮膚だけが取り残された事によるものです。

また、ピアスの拡張も太いピアスを付ける事で耳たぶが何倍にも引き伸ばされます。ピアッシングマニアの人の中には耳よりも耳たぶの方が大きいという人も珍しくはありません。

さらにアフリカには下唇に皿をはめ、下唇を顔と同じくらいの大きさに拡張する少数民族もいます。

このように、あらゆる箇所の皮膚は常に加わる何かしらの力によって伸び広がるのです。

それはもちろん乳首も例外ではありません。脂肪やピアス、皿での拡張とは方法が違えど、引っ張るという力を加える事によって皮膚が伸長し、肥大化に繋がります。そしてそれはお腹や耳、下唇と同様、可能性は無限大なのです。

ニップルポンプとは?どんな種類があるの?

今回はニップルポンプを使っての乳首肥大化について深掘りしていますが、まずはニップルポンプとはどのようなものなのか、詳しくお話していきます。

ニップルポンプとは乳首を吸引して真空状態にする事で強制的に乳首を勃起させたり引き伸ばしたりする器具の事です。