男性用パンティー・ブラについて、装着する男の心理

アブノーマル情報

通常男性の下着と言えばボクサーパンツやブリーフ、トランクスが一般出来ですが、中には女性用のパンティやブラを日常的に着用している方もいます。
そういう男性は総じてゲイだったり女装癖があるという事も無く、普通の男性が普通にパンティやブラを着用しています。
現在では女性の下着と同じような形状、装飾を施した男性用のパンティやメンズブラまで登場しました。
男性用が出るほど装着しようとするユーザー人口が多いレディース下着。
今回はそんな男性の心理や装着したがる理由について調べてみました。

パンティ

男性用レディースパンティと書くと矛盾しているように思えますが、
見た目の装飾や形状が女性用下着でありながら、男性の体系に合わせて開発された男性用パンティー。
これが登場する前からもパンティを履くことが趣味や嗜好となっている男性も、実は多くいました。
パンティと言えばピッタリフィットした、男性用で言えばブーメランタイプの形状が多いのですが、通気性は良いものの機能性はあまり高く無いように思えます。
さらに男性の股間を納める部分もコンパクトになっているためちょっと大きく動いただけで外にポロリしてしまいそうな印象。
履くことにあまり利点が感じられないのが個人的な感想でしたが、それでもレディースパンティを履く男性はどんな心理や理由ではいているのか。
以下に見ていきましょう。

個性の多様化

男性だって、女物の服を着てもいい。
女性が男性っぽい見た目をしていてもボーイッシュだと評価されますが、男性には「ガーリッシュ」という言葉は無く女装だと気持ちわるがられます。
男性がそういった事に興味を持つだけで迫害されたりヘンな物を見る目で見られる事に対して、これだけ多様性が叫ばれている現代でもっと自由に表現できる世界になって欲しいという思いや、
自分をガーリッシュに表現したい人が居ても良いと思います。

フェティシズム

Posted by mazotown