男性用パンティー・ブラについて、装着する男の心理

アブノーマル情報

通常男性の下着と言えばボクサーパンツやブリーフ、トランクスが一般出来ですが、中には女性用のパンティやブラを日常的に着用している方もいます。
そういう男性は総じてゲイだったり女装癖があるという事も無く、普通の男性が普通にパンティやブラを着用しています。
現在では女性の下着と同じような形状、装飾を施した男性用のパンティやメンズブラまで登場しました。
男性用が出るほど装着しようとするユーザー人口が多いレディース下着。
今回はそんな男性の心理や装着したがる理由について調べてみました。

はじめての射精管理~HAJAKAN~

パンティ

男性用レディースパンティと書くと矛盾しているように思えますが、
見た目の装飾や形状が女性用下着でありながら、男性の体系に合わせて開発された男性用パンティー。
これが登場する前からもパンティを履くことが趣味や嗜好となっている男性も、実は多くいました。
パンティと言えばピッタリフィットした、男性用で言えばブーメランタイプの形状が多いのですが、通気性は良いものの機能性はあまり高く無いように思えます。
さらに男性の股間を納める部分もコンパクトになっているためちょっと大きく動いただけで外にポロリしてしまいそうな印象。
履くことにあまり利点が感じられないのが個人的な感想でしたが、それでもレディースパンティを履く男性はどんな心理や理由ではいているのか。
以下に見ていきましょう。

個性の多様化

男性だって、女物の服を着てもいい。
女性が男性っぽい見た目をしていてもボーイッシュだと評価されますが、男性には「ガーリッシュ」という言葉は無く女装だと気持ちわるがられます。
男性がそういった事に興味を持つだけで迫害されたりヘンな物を見る目で見られる事に対して、これだけ多様性が叫ばれている現代でもっと自由に表現できる世界になって欲しいという思いや、
自分をガーリッシュに表現したい人が居ても良いと思います。

フェチとして

女性物のパンティーがとにかく好きな愛好家の中で、収集する事に楽しみを感じる方ではなく、着用する事で楽しみを感じているフェチもいます。
そういう着用派なフェチの方が、実際に女性物のパンティーを履いてみた時にサイズが合わず、あえなく男性用レディースパンティに手を出す事もあるのだそうです。

メンズブラ

近年話題になるもっと昔から、ブラジャーを着ける男性は一定数居ました。
当時は男性用として作られたメンズブラなど存在しなかった事や、人それぞれの個性が現在よりも重要視されてなかった時代背景も相まって、
ブラジャー男子は表舞台に立つことはありませんでした。
このブラジャー男子やブラ男という言葉も2007年~2008年ごろ急激に脚光を浴び始め、海外でも「日本男児はブラジャーを着ける」と取り上げられたほど、
それ以降ユーザー数は増えて行っていると言われています。
当時からブラ男なオールドユーザーは、まだメンズ用が解発されていなかった事もあり、現在でも女性用を着用している人も少なくないのだそう。

男性がブラジャーを着ける心理

本来男性が着ける必要のないブラジャー、やはり着け始めはどなたも違和感を感じたようです。
ところがすぐにその程よい締め付け感や姿勢を伸ばされるような引っ張られ感に心地よさを感じるのだと言います。
ではその着けるに至った経緯や心理などを見ていきましょう。

乳首のすれ

普段から軽い運動にランニングやエクササイズなどを行っている男性が、ニップレス代わりに着用しているケースもあります。
ワセリンやシールタイプのニップレス・絆創膏などでは汗で粘着力が薄れてすぐにはがれてしまう事を防止する効果があるのだそうです。
さらに胸筋のあるガタイの良い男性も、女性同様に胸筋の揺れをホールドし、動きやすい上半身にして集中力を高めている理由もあります。

背筋が良くなる

ブラジャーを着ける事で背骨を伸ばし、体幹を良くしてくれるメリットも注目されています。
姿勢が良くなり仕事への気合が入るイメージから、30代から50代ぐらいの会社勤めな男性もブラを付けて仕事に向かうケースだってあります。

フェティシズム

Posted by mazotown