2019年最新版!アナルプレイ初心者必見の感じやすいアナルの作り方教えます!

M初心者向け

アナルプレイはSMの中でも人気のあるプレイの一つです。パートナーがいなくてもアナニーという形で一人でも楽しめる、男性の場合、女性と同じように穴で感じる事ができるというのが、主な理由といえるでしょう。

しかし、アナルを弄れば誰もが気持ちよくなれるかというとそうではありません。実際やってみたけれど思ったより気持ちよくなかった、と早々に挫折してしまう人も多くコツがいるプレイでもあるのです。
とはいえ、コツさえ掴めば毎日でもやりたくなるという程ヤミツキになってしまうのも事実です。

そこで一度挑戦したものの挫折してしまったという人でももう一度試したくなる、感じやすいアナルの作り方を紹介したいと思います。

アナルプレイも慣れたら楽しい!気持ちいい!

マゾカスタム

腸内洗浄でアナルを綺麗にしてから始める

当たり前の話ですが、アナルはウンコが出てくる場所です。そこに指や玩具などの異物を挿入しようと思うとウンチが付きそう、出てきたらどうしようという不安が付きまといます。
このような心配事を抱えながら行うと、自然と体も萎縮してしまいますし、快感と向き合う準備ができません。
当然、衛生面の観点からもウンコまみれにしながらプレイするのはいい事ではないので、アナルを弄る前にまずは腸内洗浄をしてアナルの中を綺麗にしてから始めるようにしましょう。

痛みを感じるような事は極力排除する

痛みが快感になるマゾヒストは別ですが、純粋にアナルで感じたいという人にとって痛みは大敵です。
しかし、アナルは挿入する器官ではなく排出する器官なので、そこに異物を挿入するとなると全く無痛というわけにはいきません。
とはいえ、痛みを最小限に留める事は可能です。

・指や玩具などを挿入する際はローションをたっぷりめに使う
・無理をして太めの玩具を挿入せず、自分に合った太さのものを使う
・激しくアナルを擦るなど無理に刺激を与えすぎない

こういった事を心がけてアナルを弄るようにしましょう。

リラックスしてアナルと対話する

感じやすいアナルを作る上で、これが一番の肝となるといってもいいでしょう。
「アナルと対話する」
とは、一体どういう事か?というと、
アナルに意識を集中させてアナル弄りを行う、という事です。
アナルで感じられないという人は、ただやみくもにアナル弄りをしているだけという場合がほとんどです。
そこで、アナルに意識を集中させるだけで感じ方が随分変わってくるでしょう。

その方法としてはまず、リラックスできる空間を作り、体と心をリラックスさせるところからはじめます。
というのも、アナルは括約筋という筋肉で構成されています。緊張した状態では筋肉が硬直してしまうので、アナルが上手く広がりません。
特に今からアナルプレイを行うぞ!という時は、気持ちが高ぶったり意気込みが強すぎて無意識の内に体に力が入りがちです。
その状態で無理矢理アナルプレイを行うのは痛みも感じやすくなるので、まずは緊張を和らげ、括約筋をはじめとする体の筋肉がほぐす必要があるからです。
また、リラックス状態にある事でアナルに意識を集中させやすくもあります。

リラックスできる空間を作るには?

リラックスできる空間を作るには以下の事が大切です。

・視界に雑多なものが目に入らないよう整理整頓する
・照明を薄暗くする
・リラックスできる音楽や香り(アロマ)を取り入れる

リラクゼーションのマッサージなどに行った事がある人はわかると思いますが、大抵室内は綺麗に整頓されていて照明も薄暗く、さらに川のせせらぎのような優しい音楽に心地のいい香りが漂っています。
このような空間をイメージして、環境を整えてみましょう。自室では環境的に無理がありそうなら、ホテルなどを利用するのもアリです。

アナルに意識を集中させるには?

リラックス空間の環境が整えば、次はアナルに意識を集中させる作業に移ります。
まずはベッドに体を沈め、深呼吸をしてみましょう。何度か繰り返す事で気持ちが落ち着いてくるはずです。そこで、自分のアナルの事を思い浮かべると脳とアナルが繋がったような感覚になります。これがアナルへ意識を集中させるという事です。
もし難しければ「アナル、僕のアナル」と心の中で語りかけてみてもいいでしょう。一見馬鹿げていると思われますが、これが意外にも効果的なのです。

性欲が暴走しないようにリラックス状態を保つ事も大切

アナルに意識を集中させるコツがわかれば、いよいよアナル弄りです。しかしここで気をつけたいのが、
『性欲を暴走させないようにする事』
です。

アナル弄りをしているとその状況に興奮し、性欲が高ぶってしまう事はよくありますが、この際、性欲に任せて荒々しくアナルを弄ると間違いなく痛みで快感がかき消されてしまいます。
感じやすいアナルになるまでは、アナルでイッたり射精する事を目的とせず、アナルマッサージ、前立腺マッサージをする事だけを目的にするくらいの気持ちで挑むのがいいでしょう。

アナルマッサージステップ①:アナル表面のマッサージ

という事でまずはアナルの表面のマッサージから始めます。たっぷりのローションを塗りつけながらゆっくりと撫で回したり、擦ったりしながら強弱をつけて指圧してみましょう。

アナルマッサージステップ②:指一本からゆっくり挿入

徐々にアナルがヒクヒクとし始めたらアナルの中もマッサージしていきます。
まずは指一本を息を吐きながらゆっくりと挿入してみてください。指を直接入れるのに抵抗があればコンドームや指サックを装着しても構いません。
無理はせず最初は1~2cm程度挿入したら腸壁を指でマッサージするような強さでゆっくり優しく撫で回してみましょう。
アナルに意識を集中させると、どのタイミングでもう少し奥まで入れてもいいか、しばらくはマッサージを続けた方がいいかわかるようになってきます。

アナルマッサージステップ③:指を二本に増やす、あるいは玩具や器具を使ってみる

アナル開発の定番、エネマグラ

指一本が無理なく入るようになったら、次は指を二本に増やしたり、前立腺専用の玩具や器具を使ってみてもいいでしょう。
とはいえ、指や玩具を挿入しても激しくピストンは厳禁です。常にアナルを意識し、時には「僕のアナル、気持ちイイか?どこが気持ちイイ?」などと語りかけながら、気持ちよく感じそうなところをマッサージしたり刺激するといいでしょう。
前立腺専用の器具であれば、挿入後放置しながらアナルと対話する事で、前立腺の快感を感じやすくなるはずです。

全てのステップでいえる事ですが、もし途中で性欲が高ぶり暴走しそうになった場合は、深呼吸しながらリラックス状態を保つように心がけましょう。ここで激しく擦ったりピストンすればイケるかも、とは思わずあくまでもマッサージする事が目的だという意識を保ちながら臨みましょう。

ただし、今すぐにでも射精しそうな感覚が押し寄せてきた場合は我慢する必要はありません。アナルへの刺激は控えめにしつつも、快感に身を任せましょう。これこそがまさに感じやすいアナルを手に入れた瞬間です。

まとめ

今回紹介した方法で早速ドライオルガズムに達するような感じやすいアナルを手に入れられる人もいると思いますが、そう簡単にはいかない人も多いでしょう。
しかし、少しでも気持ちいいと感じる事ができれば、必ず感じやすいアナルを作る事は可能です。無理のない範囲で定期的に実践しながら、理想の感じやすいアナルを手に入れてくださいね。アナル開発好きの女王様にお願いするのもオススメですよ。