尿道を開発してオナニーする方法・楽しみ方【M男編】

M初心者向け

マゾカスタム

手コキやオナホでのオナニーに飽きたら次はコレ。
尿道を開発して普段とはちょっと違った方法で気持ちよくなる尿道オナニーのアレコレを紹介していきます。
その名の通り尿道を刺激する事で快楽を得ようとするこの方法ですが、実際にやる場合はどう行えばいいのか、注意点やリスクなどは何なのか、まとめてみました。

尿道オナニーの基本情報

尿道オナニーと聞いてイメージできるのは、尿道にカテーテルや細い棒などを挿入して行うもの、というのが一般的ですが、まさにその通り。
アナルと同じく色々と突っ込むタイプのオナニーです。
基本的にはペニスの中を通る尿道や尿道の壁面といいましょうか、それ自体には性感帯などの快楽を得られるスポットは存在しません。
ペニスの先っちょにある尿道口から細い棒状の物を突っ込んで、その奥にある前立腺を尿道を介して刺激する事で、快感を得られます。
前立腺を刺激して射精を伴わないドライオーガズムとして注目されてはいますが、若干の痛みを伴う場合もあるためM気質な男性に好まれる傾向があります。

尿道オナニーの気持ちよさ

よく言われる尿道オナニーでの気持ちよさは、前立腺を直接刺激する事はもちろんですが、尿道の中に棒状の物を出し入れする事で排尿痔のような解放感を常に得られるといいます。
アナル同様に、快楽のために自信で器具を挿入している背徳感を得られる他、尿道はより細く繊細な分痛みにも敏感なためM男やM気質の男性には一定のファンがいます。
やはり前立腺での刺激で得られる快感な分、依存性も高く通常の手コキでは満足感が足らなくなってしまうM男性も多いです。

尿道オナニーの方法

狭くて繊細で傷付きやすい尿道へ物を挿入するのだから、正しい知識と手法を知っていないと危険です。
アナルからの前立腺オナニーと同じく、大きな快感はそれ相応のリスクを伴うので始めの準備や手順、その後のケアなどしっかりと尿道オナニーの事を理解しておきましょう。

用意するもの

尿道オナニーにまず必要となってくるのが、尿道から前立腺を刺激するアイテムです。
細くて長い棒なら何でもいいという訳ではなく、しっかりと吟味する事も大事。
また、尿道は一直線ではないため「撓り(しなり)」のある棒が理想的です。
一般的に男性の尿道は16センチから20センチ程度の長さがあるといわれていますが、やはり個人差はある物。
まずは20センチよりも長く余裕のある物から試していくのが良いでしょう。
なによりアナル以上といっても良いほどデリケートな部位なので、自身にあった長さや太さ、撓りの具合など細かく選ぶことが先決です。

一番オーソドックスでメジャーなアイテムは医療用の尿道カテーテルで、こちらはアダルトグッズ専門店などでも販売されています。
医療用器具なので滅菌加工もされており衛生的。サイズも豊富で2.5ミリから6ミリまで幅広くあるので、尿道開発の進行具合などに合わせて調節していきましょう。
市販されている尿道オナニー用のアダルトグッズでもまったく問題はありません。
見た目で選ぶことはせず、形状がハードなものをいきなり使うのは避けて体に合ったものを選びましょう。

実際の医療の場でも行われるように、尿道の細い管へカテーテルなどを挿入する時は滑りをよくするための潤滑油が必要。
医療用カテーテル自体にも摩擦を防いで滑りを良くする加工はされているのですが、そのまま入れるのはやはり怪我の原因にもなるので止めましょう。
一般的なセックスを楽しむためのローションでは、尿道に残った際に雑菌が繁殖する原因になるので控えた方が無難です。
潤滑油としても医療用のものが理想で、「K-Yゼリー」や「カテゼリー」がオススメ。肛門鏡や内視鏡など医療用に使われる分安全性は高いです。

尿道オナニーで得られる刺激によって、ホンモノの尿意をオナニーによる勘違いと思いおしっこを漏らしてしまうという事もあり得ます。
なので最悪汚れても洗えるお風呂場で行うか、部屋で行う場合はペット用トイレシーツなども用意しておきましょう。

尿道オナニーのやり方

ここまでの基本的で最低限な知識を得た上で、実際に尿道オナニーに挑戦してみましょう。
焦らずゆっくり、自分の体を労りながら行い、痛みを感じたらまずは中止してペニスや体に変化が無いか確認してください。

準備

まずは挿入するカテーテルやアダルトグッズの消毒はもちろん、手やペニスもしっかりと洗っておきましょう。
尿道に細菌が入り込み、炎症や病気を引き起こすので徹底するようにしたいですね。
医療用カテーテルは大抵使い捨てで、本来繰り返し使う事を想定していないため、一度使った物をもう一度使うのではなく新品の物を必ず使ってください。

挿入

カテーテルやアダルトグッズなどを挿入する場合、基本的な体制は仰向けになって行いますが、初めのころは挿入部が見づらいので背もたれのある椅子やソファーにゆったりと脚を投げ出して座る体制がオススメ。
挿入時には、ペニスは勃起してない状況で行いましょう。
勃起している状態だと尿道の柔軟性が圧迫されて挿れにくく、尿度も勃起に応じて長くなるのでその分挿入する器具の長さが必要になります。

尿道口やカテーテルに十分潤滑油をなじませ、挿入は必ず聞き手で行います。利き手でない方の手はペニスをしっかり支えましょう。
親指と人差し指または中指で尿道口を左右に広げ、カテーテルをゆっくり焦らず挿入していきます。
痛みを感じたら我慢せずに、すぐ中止して時間を置くか、器具をもう一段階ぐらい細いものや撓りの良い物に変えてみてください。

刺激

個人差はありますが、16センチから18センチの所まで挿入出来たら、もう膀胱と前立腺にまで届いているある程度の目安となります。
この時点で尿意とは違うような、似てるような、下半身に広がる感覚があると思います。
快感が大きい箇所を探すように微調整を行いながら2センチ幅で中のカテーテルを動かし、前立腺を優しく刺激していきましょう。

オナニー後

オナニー後は尿道に潤滑油が残るなどして雑菌が溜まりやすく、挿入によって不意に入り込んでしまった菌も残して置くのは危険です。
そのためオナニーが終わったら必ずおしっこを出す事に意識しましょう。
尿道に残った潤滑油などの異物や最近は、おしっこの勢いで十分洗い流せます。
オナニー前にある程度水分を取っておくのはもちろん、オナニー後でも紅茶やコーヒーといった利尿効果のある飲み物を積極的に飲んでおしっこを出しましょう。
また、使い捨ての医療用カテーテルはまた使う事の無いようしっかりと処分してください。

リスク

尿道オナニーを行う上で伴うリスクを紹介します。

尿道炎

尿道が炎症を起こした場合様々な症状がありますが、それを判断するには見分け方があります。
以下のような異変に気付いたら尿道炎の可能性があるので泌尿器科の診察を受けましょう。
・尿の色が濁る、濃くなる
・白色または黄色い膿が出る
・残尿感が常にある
・おしっこが臭い

血尿

尿道の中で傷がついて出血している状態です。
痛みは無くても、おしっこが赤かったりしたらどこかで傷付いているのですぐに泌尿器科へ。

残尿感

おしっこをし終わっても、まだ出そうな感覚。
膀胱炎になっている時におこる症状で、病気を判断する合図にもなっています。
おしっこをする度に常に残尿感を感じているならば危険信号。
尿道オナニーの影響で一時的に感覚がおかしくなっている等と思いがちですが、重大な病気のシグナルである可能性もあるので医師の診察を受けましょう。

排尿痛

おしっこが出せないぐらいの痛みである場合はすぐに泌尿器科での診断を受けましょう。
尿道炎だけでなく膀胱炎になっている可能性もあります。
尿道内の粘膜がダメージを受けている場合、多少の痛みがあってもいつも通りおしっこを出せるのであれば数日の間に治りますが、炎症を起こしている場合は痛みで排尿が出来ないほどになるので症状には注意してください。