【SM体験談】元女王様の年上お姉さんに初心者の僕が調教された時の話

M初心者向け

学生時代に自分はマゾ気質だと気付き、これまで数人の女性にメール調教や射精管理をしてもらってきました。

社会人になり、実際に会って調教されてみたい・・・と考えるようになった頃、出会いサイトでユキさんという女性と知り合いました。
歳は30代半ば。黒髪ロングで気の強そうな美人です。
今は主婦だけど独身の頃はお店で女王様をやっていたとのこと。今でも時々こうしてプライベートでM奴隷を探すことがあるのだそうです。

ユキ様とのやりとりはとても刺激的でした。
元女王様だけあって、いきなりハードな事を言ってくるのではなく、厳しく優しく調教してくださいました。

射精管理され、剃毛したり、野外やお店のトイレでオナニーさせられたり、自分でアナルや乳首を少しずつ開発させられたり・・・
また、どんなプレイに興味があるのか事細かに聞かれ、ユキ様は今までどんな調教をしてきたのかを話してくださいました。

気が付けばメッセージのやりとりを始めてから半年以上が経過していて、俺はすっかりユキ女王様に夢中になっていました。

そして先日ついに、実際に会って調教していただくことが出来ました。
ユキ様の命令で会う前は頑張って1ヶ月近く射精を我慢しました。

人妻なので昼間の方が都合がいいということで、朝から待ち合わせ。
裏通りで落ち合いホテルへ向かいました。

初めて生で見るユキ様は写真の通りの美人でした。
背も高く、黒いコートにロングブーツが似合っていて、女王様という言葉がピッタリの雰囲気です。こんな女性に今からイジメてもらえるんだと思うと、ホテルに着く前から大きくなってきてしまい歩きづらかったです。

部屋はラブホのSMプレイ用ルーム。

中に入るなり首に腕を回し「やっと会えたね。嬉しい?」と言ってキスをしてくださいました。

「今日はたっぷり可愛がってあげるからね。裸になってそこに座りなさい」
女王様はそう言いながらコートを脱ぎました。コートの下はツルっとした素材の黒のミニワンピで、とてもセクシーでした。
ドキドキしつつ服を脱ぎ裸になると、床に正座して手を付き「ユキ様、調教お願いします」と頭を下げて挨拶しました。
それだけで、嬉しくて興奮してチンコの先にはガマン汁が滲んできました。

「ちゃんと挨拶できていい子ね。もうこんなにオチンポ大きくしちゃって。かわいい」
女王様は、バッグから真っ赤なリードのついた首輪を取り出して、慣れた手付きで俺の首につけてくださいました。

ユキ様の持ってきたボストンバッグの中には、先程の首輪を始めSMプレイ用のグッズが色々と入っていました。

拘束

まずベッドへと促されて、「足開いて。膝立てて」と、M字開脚の状態で座らされました。
左右の手首と足首とをそれぞれ拘束具で繋がれ(SMルームだったので拘束具はベッドに付いていました)、俺はあっという間に恥ずかしい格好で身動きが取れなくなりました。
そして、アイマスクで目隠しされ・・

「アッ」

突然やわらかい筆先のようなものが首筋に触れ変な声を出してしまいました。
「まだ何もしてないのに、チンポからいやらしいお汁が出てるじゃないの。私がいいって言うまで勝手に射精したらダメよ?」