踏まれたい…舐めさせられたい…とある40代M男の体験談

M初心者向け

「踏みつけられて悶えるなんて、どうやって生きてきたらそんな変態になれるの?」

女王様は呆れたように吐き捨て、僕の乳首を踏みつけます。

これは、43歳の冴えないMおじさんの僕が30代の美脚女王様に玩具にされ、貶され弄ばれる体験談です。


僕とこの女王様、リツコ女王様との出会いはネットでした。

『奴隷募集』

というメッセージと共に、載せられていたおみ足の写真を見た僕は一目惚れをしました。
そしてすぐさまアプローチしたのですが、冴えないおじさんのアプローチなんてたかが知れています。
最初は全く相手にされませんでしたが、四度目のアプローチでやっと返事がもらえました。

「奴隷募集って見たからには、私の奴隷に志願って事よね?何ができるの?」

最初のメッセージはこんな感じです。僕は無い頭を振り絞って、自分のアピールポイントや奴隷としてできる事を、書き連ねました。

お返事ありがとうございます。
自分はSMという経験は初心者でございますが、優しさなら自信があります。
そして、奴隷としてお傍に置いていただいた時には奉仕を一生懸命行ないます。
できる限り女王様の期待に応えられるように頑張りますので、よろしくお願いします。

確か、こんなメッセージをリツコ女王様に送りましたが、その返事は散々なものでした。

「その自慢の優しさは具体的に何ができるの?私の役に立つもの?奉仕っていうのは私が満足できて初めて奉仕と言えるのだけど、私を満たせられる自信はあるの?自己満足の優しさだとか、意気込みはどうでもいいから、具体的に何ができるか教えなさい」

このような返答が届いて僕は悩みました。
正直、優しいといっても何が出来るかと言われたら答える事ができません。優しさなら自信があると言いましたが、それは裏を返せば、それ以外に何の取り柄もないという事です。それをごまかすために優しさという言葉が出てきたといっても間違いではありません。でも女王様にはそこを見抜かれた気がしました。
そして、奉仕の件についても女王様の言葉は正論でした。女王様に満足いただけなければただの自己満足でしかありません。

自分の浅ましさや未熟さをまざまざと実感させられた瞬間でした。
僕はこの女王様には相応しくない、と諦めるべきかとも思いましたが、折角お返事をいただけたからにはもう少し食い下がってみようと思いました。

そして、この時感じたような自分の至らなさを吐露し、それでも奴隷にしていただけるならどんな事でも頑張りたいと伝えました。

自分の未熟さを包み隠さず伝えた事、それが良かったのかもしれません。
女王様からの次の返事にはこう書かれていました。

「本当にどんな事でも頑張れると誓えるなら、まずは会うところから始めてみてもいいわよ」

僕が思わずガッツポーズをした瞬間でした。

そして僕は、リツコ女王様との初対面を果たす事となります。

「貴方がフミヤね。初めまして」
ここで名乗るのが今になりましたが、僕の名前はフミヤと言います。
「初めまして、リツコ女王様」
僕も女王様に挨拶をしました。

リツコ女王様の第一印象は、思っていた通りの美しい女性でした。
少しキツめの目元に筋の通った鼻。口角の上がる唇には妖艶なものを感じました。
スタイルも良く、タイトスカートから伸びる美脚が僕の脚フェチな性癖をくすぐります。

初対面のこの日は、とりあえず食事に行く約束をしていたので、予約しておいた個室の居酒屋へ向かいます。

居酒屋で食事をしながら、女王様のこれまでの経歴などを教えていただきました。SM経験は10年以上。もう、何十人ものM男性を調教されていて、今も数名のM男性を奴隷として支配されているようです。
それゆえに、僕との関係性は他の奴隷の後輩奴隷という位置づけでの関わりになるけれど、それでも私の奴隷となる意思はあるか、という話もされました。
本当の事を言うと、やっぱり僕だけの女王様となってほしいという気持ちはありました。でも、経験の浅い僕がそんな偉そうな事を言えるわけもなく、また、この機会を逃してしまうともうこれほどの理想的な女王様と出会う事はできない気がしたので、了承しました。

リツコ女王様がその時点で即決する事はありませんでした。
気が変わるかもしれないからと、この日は一度保留とし、次に会った時にそれでも気持ちに変わりはないなら主従契約を結びましょうと、言われました。

そしてその数週間後。僕はリツコ女王様との二度目の顔合わせをします。その間、僕の気持ちに変わりはありませんでした。その事を伝えると、リツコ女王様は契約書を取り出し、サインするように言われました。

僕は、契約書にサインをして――
この瞬間、僕はリツコ女王様の奴隷となったのです。

「ほら、まず挨拶からでしょ?」
「リツコ女王様の奴隷にしていただきありがとうございます。これから女王様の命令に素直に従いますので調教をよろしくお願いします」

全裸の僕が床にひれ伏し奴隷の挨拶をするところを、リツコ女王様は椅子に腰掛け、足を組んで見下ろします。
女王様は僕の顔の前におもむろに足を差し出しました。そして早速僕に命令を下さいます。

「私の足を貴方の舌でマッサージするように舐めなさい」
手は後ろに回して口と舌だけで行なうのよ、と言われ、僕は素直に手を後ろに回し、女王様の足へと舌を伸ばします。
まずは親指から口に含み、舌全体を使ってレロレロと舐めました。
リツコ女王様のおみ足は少ししょっぱくて、鼻腔をくすぐるような酸味を感じます。それが生々しくて、僕は早速勃起してしまいました。

「舌遣いがヘタクソ。もっと優しく包み込むようにゆっくり舐めなさい!」
「うぐっ!」
早速だめ出しを食らい喉の奥へと足を突っ込まれます。
「歯を立てるな!!」
急に口内へ突っ込まれた弾みで女王様の足に歯を立ててしまった僕の頭をもう片方の足で蹴り上げるリツコ女王様。

そんな女王様の厳しい指導の下で、何とか全ての足の指をマッサージし終えた僕でしたが、その頃には僕の舌も顎も限界でした。
その上、後ろ手という体勢だったので、体力も消耗し、その場に倒れ込んでしまいました。

「まだマッサージしかさせてないのに情けないわね」
そう言うと、リツコ女王様は立ち上がり、倒れ込む私のすぐ傍までやってきました。

「この根性ナシが!」

という激しい罵りの言葉と共に顔面を踏みつけられる僕。素足とはいえ、頬骨をグリグリと踏みつけられるのはかなりの苦痛でした。でも、それ以上にリツコ女王様のおみ足を直に顔面に感じられる事に悦びを覚えたのも事実です。

そんな僕への罵倒はさらに続きます。

「根性ナシのくせに一人前にチンコは立つのね」

ご奉仕の最中から勃起しっぱなしの僕のチンコを見つけたリツコ女王様は新しい玩具が見つかったような表情をされて、今度は僕のチンコを踏みつけます。

「あはっあぁぁん…!」
これ以上ないくらいみっともない声が漏れてしまいました。その声が女王様のサディスティックなスイッチを入れてしまったのか、チンコを踏みつける力はますます強まります。

痛いのに、女王様の足の感触が快感で僕のチンコは女王様の足の下でますます大きく硬くなりました。

するとチンコから足が離れて、今度は乳首を踏みつけられます。

「あぅっ…ん」

足の親指の腹で乳首を押しつぶしながら指の爪でひっかくような動きに堪らず身悶えながらいやらしい声を漏らしてしまう僕に、女王様が言い放った言葉が、

「踏みつけられて悶えるなんて、どうやって生きてきたらそんな変態になれるの?」

でした。

本当にリツコ女王様の言う通りです。こんなに恥ずかしくみっともない体で生きてきて申し訳ありません…!
という思いになりながらも、乳首を踏みつけられてさらに欲情し、チンコからもガマン汁が溢れます。
そんな僕を面白がって、リツコ女王様は言います。

「乳首だけでイケたら、射精を許してあげるわよ」

と、執拗に乳首だけを足指で弄ぶリツコ女王様。本来なら乳首だけでイクなんて事はありえないのですが、今、憧れの女王様が僕の体を足で嬲って楽しんでくださってらっしゃると思うと、気持ちが高ぶります。そしてとうとうその感情の高ぶりは、股間に響くまでになりました。

「あっ、あっ…リツコ女王様ぁぁ…僕、出そうです…あっ、もう、もう…出る!出る!出るぅぅぅ!!」

僕は腰をガクガク震わせながら射精してしまったのです。

「ホントにイッちゃったの?」
リツコ女王様は呆れながらも楽しそうに笑ってくださいました。

それからの僕はリツコ女王様の踏みつけ玩具奴隷です。

Posted by mazotown