アナル開発ってこんなにも奥深いの!?驚きのアナルプレイの詳細

M初心者向け

アナル開発ってこんなにも奥深いの!?驚きのアナルプレイの詳細

preface

アナル開発、どことなく魅惑的な響きを持つこの言葉。
もし電車内の他人の会話でこの言葉が聞こえてきたら思わず目を向けてしまいそうな、そんな謎の引力を持つワードです。

しかし、言葉自体は聞いたことがあってもアナル開発というものがどういうことか知らない!という人も多いはず。
アナル開発は男性でも女性でもできますが、簡単に一言などでは言い尽くせないとても奥深い世界。

この記事ではそんなアナル開発についての知識を皆さんにお届けしようと思います。

アナル開発前にしておくこと

before

アナル開発には様々な方法がありますが全てに共通して大事なことはプレイ前にアナルをしっかり洗浄しておくこととマッサージです。

洗浄は浣腸を使って行います。
事前に浣腸を使って腸内を綺麗にせずにプレイを始めてしまうと指を入れたり道具を入れたりした時に腸内に残っていた大便が出てしまうことがあります。
プレイ中に大便が出てしまってはせっかくのプレイが台無しになるので浣腸による腸内洗浄はとても大切です。

また、マッサージもアナルをほぐしてアナルに挿入しやすくするためにしっかり行ったほうが良いです。
肛門は割とデリケートな部分であるので、意外に出血しやすかったりもします。
事前にマッサージを行うことでアナルを柔らかくして各種道具や指がスムーズに入りやすくなります。

アナル開発の目的

purpose

アナル開発の目的はとにかくアナルでイケるようになることです。

アナルはペニスと違ってどれだけ刺激しても精液のようなものは何も出ません。
なので「アナルでイク」というのはアナル未開発の人にとってはかなりイメージしにくいと思います。

しかしアナルが開発されればイッた気分だけなどではなくて本当に普通の射精以上の快感を味わうことができるようになります。
普通のイキ方では射精をしてしまえばそこで終わりですが、アナルイキの決定的に違うポイントは「ドライオーガスム」という女性のように何度でも絶頂を味わえるイキ方ができるようになるところです。

普通の射精のようにクールタイムも必要なし。
これこそがアナル開発の最大の目的であり、全M男の目指すべき一つの到達点になります。

ドライオーガスムの魅力

dry

ドライオーガスムとは射精を伴うことなく絶頂を感じることで、またの呼び名を「メスイキ」ともいいます。

ドライオーガスムの大きなメリットとしては、次のような感じになります。

・普通の射精よりも何倍も気持ちいい
・快感を長時間に渡って何度でも味わえる
・射精後のクールタイムや虚無感がない

ドライオーガスムの最大の特徴としては普通の射精よりも強い快楽を何度も長い時間味わうことができるということで、これをマスターすれば男性でも女性のように一回のプレイで何回もイケるようになります。

このドライオーガスムを感じるためにはアナルの奥にある前立腺という部分を指や道具を使って性器のように感じるように開発する必要があります。

またこの前立腺を刺激してアナルでするオナニーはアナニーとも呼ばれます。

ドライオーガスムのデメリット

このようにいいことだらけのドライオーガスムですがいくつかのデメリットもあります。

まずはアナル開発には時間がかかるということ。
前立腺を刺激したからといってすぐに快楽が味わえるというわけではありません。
むしろ最初の頃は「これでいいの?」という違和感の方が強いかもしれません。

開発にかかる期間は人それぞれで何ともいえないところです。
早い人でも気持ち良さの感覚を掴むためには一か月ぐらいはかかることが多いようです。
そこからドライオーガスムを味わうにはまた時間がかかるので、早い人でも2~3か月程度はかかるのではないでしょうか。
人によっては「一年ほどかかった」というのも普通にある話なのでドライオーガスムを経験するにはある程度の根気が必要になります。
期間を開けずに定期的に開発することがアナル開発には大事です。

もう一つは前立腺はデリケートな器官であるということで、もしさらなる強い刺激を求めて傷つけてしまったりした場合は病院にいかなくてはならないケースもあり得ます。
身体の内部を傷付けるのが良くないことである上に、「なぜこうなったか?」という原因を聞かれた場合にかなり恥ずかしいので気を付けましょう。

アナル開発前の必須アイテム

finger

アナル開発は少しづつ無理なく進めていくことが重要です。
なぜならばアナルにいきなり大きな物や太い物を入れようとしても、開発されていない状態ではただ痛いだけで快感どころか苦痛しかないためです。
そうなると気持ち良くなる前に嫌になってしまいます。

アナル開発では開発前に準備する必須アイテムがあります。

・指サック(またはコンドーム)
・ローション

アナルは雑菌的にあまり清潔な部分とは言えません。
なので、指を入れる場合は素手ではなく指サックを付けるようにします。
指サックはアナル用の物が売られているのでそちらを使うのがベストです。
また、指サックでなくてもコンドームを指にはめることで代用することもできます。
ローションは指や色々な道具を挿入する時に滑りを良くして挿入しやすくするために使います。

アナル開発のやり方

howto

指や道具を挿入前には浣腸による腸内の洗浄とマッサージを行います。
その後はゆっくりほぐすようにして指や道具を挿入します。
指はとりあえず第一関節ぐらいまでを目安に、最初はあまり奥まで入れすぎないようにしてその動作を繰り返します。

そうやって痛くないレベルでの挿入を繰り返して徐々にアナルを開発していき、指を入れても痛くないような段階になればアナル内部で前立腺を探します。
場所はアナルから約4~5センチぐらいの腹部側でコリコリした感じの所です。
最初はあまりわかりませんが、開発を続けているとある時気持ち良さに気付く瞬間が訪れるのでそれまで諦めずに続けることが大切です。
また、エネマグラという道具を使えば前立腺をピンポイントで刺激することもできます。

アナル開発に使う道具

①アナルプラグ

anal-plug

アナルプラグとはアナルに挿しこむためのプラグ。

アナル開発に使う道具としてはいちばん基本的なものになります。

長さはは長い物から短い物、材質もシリコンやゴムやステンレスガラスなど様々な物があり、アナルの開発具合や好みに合わせて選択することができます。
形状も単なる棒状の物だけではなく、バイブが付いているタイプや空気を入れて膨らませることができるタイプなど、ちょっと変わったものもあります。

アナルプラグの使い方

アナルプラグの使い方はアナルに挿しこむだけ。
入れたり出したりするのではなく、基本的には一定時間挿しっぱなしにしておくという使い方をします。
アナルプラグは快感を味わうだけであれば短時間で出し入れする場合もありますが、アナルを拡張させるという目的ではある程度の時間入れたまま放置します。

②アナルビーズ

anal-beads

アナルビーズとはヒモに丸いビーズがいくつも通してあるアダルトグッズ。

こちらもアナルプラグと同じくプラスチックやゴムやシリコンなど様々な材質やバイブ機能が付いた物など色々なタイプがあり、見た目も可愛らしい物からハードな物、ビーズに尻尾のアクセサリーが付いたような物まであります。

アナルビーズの使い方

アナルビーズはアナルに出したり入れたりして快感を味わうための道具です。
ビーズの大きさは大小色々ありますが初心者のうちは小さい物を選びましょう。
大きすぎると痛いくて入らないので、まずは小さい物でアナルビーズの快感を知るところから始めた方がいいと思います。

③エネマグラ

enemagra

エネマグラは少し変わった形の道具で前立腺をピンポイントで刺激するために使われます。

このエネマグラ、今ではアナル開発道具としての方が有名ですがそもそもはアダルトグッズではなく前立腺治療に使われる医療用器具。

前立腺の位置は最初はなかなか指ではわかりにくいもの。
前立腺の刺激によって得ることのできるドライオーガスムをマスターするためには非常に効果的な道具です。

エネマグラの使い方

エネマグラは持ち方がパッと見ではわかりにくいのですが、波打っている部分が上向き(ペニス側)になるようにしてそちら側を手に持ってアナルに挿入します。
T字型のもう一方の端はアナルとペニスの間に当たるような形になります。

最初はエネマグラを使っても前立腺の気持ち良さはわからないことが多いですが、ある程度の期間続けることで快感がわかってくるようになります。

まとめ

conclusion

アナル開発情報いかがだったでしょうか。

ドライオーガスムでイケるようになれば今までとは全然違う快感を知ることができます。
開発にはそれなりの期間が必要ですが、これで何回もイケるようになれるともう病みつきで戻れない!という人も多いです笑

ハードルは多少ありますが見返りは十分あると思うので興味がある人は是非やってみたりされてみたりしてはどうですか!?

SM 出会い, アナル, 調教

Posted by mazotown