今日からでも実践できる!簡単お手軽!メスイキするための開発方法を教えます!

M初心者向け

“メスイキ”という言葉、ここ数年で見聞きするようになったという人も多いのではないでしょうか。
メスイキとは簡単に言うとドライオーガズムの事。「メス(=女性)のようにイク」という意味で、射精を伴わないで絶頂する事を言います。

一般的にはドライオーガズムとメスイキは同じ意味だとされていますが、真のメスイキニストに言わせると大きな違いがあるのだとか。
それは気持ちまで女性になるかどうかという点。
ドライオーガズムはあくまで男性として射精を伴わない絶頂を楽しみます。
その一方でメスイキは心まで女性になりきった上で女性らしい(=射精しない)絶頂を楽しみます。

同じ射精を伴わない絶頂でも、気持ちまで女性になりきるかどうかでその感じ方が違ってくるそうで、それまで男性としてドライオーガズムで満足していた人でも、一度メスイキを覚えると、

『もうメスイキでしかイキたくない…!』

とまで感情を高ぶらせてしまう程の快感に溺れてしまうなんて事もあり得るとの事。
そう言われると、性的好奇心旺盛なM男性なら一度メスイキを体感してみたくなりますよね。

とはいえ、メスイキどころかドライオーガズムすら経験した事がないという人にとってはハードルが高そうと感じてしまうかもしれません。
けれど実のところメスイキは、数あるSMプレイの中でもセルフで行いやすいプレイでもあるのです。
つまり、自分の好きな時にいつでもオナニー感覚で実行できるという事。そう考えると、少しはハードルも低くなるのではないでしょうか。

そこで今回は、一人でもできるメスイキするための体開発方法を紹介したいと思います。

メスイキは究極の女装プレイ

pn064_200909_001

真のメスイキニスト曰く、メスイキは究極の女装プレイとの事。
女性の格好をして化粧をする外面的な女装プレイに対して、精神から女性になりきって女性としての性的絶頂を味わう。心までも女性らしく装うわけですから、これ以上の女装プレイはないと言われたら確かにそんな気もします。

しかし、これでは女装願望のある人しか楽しめないのでは?と思われるかもしれないですが、決してそんな事はありません。
というのも男性の大多数が女性への変身願望があるからです。

想像してみてください。
もし、朝、目覚めて自分の体が女体化していたら…
どうでしょう?ビックリはするけれど、嫌悪感を感じる人はいないのではないでしょうか。むしろ興味津々でおっぱいや下半身を触ってみたくなるのではないでしょうか?

また、M男性の中には、男として不能な生き物に貶められて蔑まれたいという願望を抱くタイプの人もいます。そんなM男性なら“男としては出来損ないのド底辺のくせに、ドスケベ淫乱女みたいな振る舞いをする”というシチュエーションに限りなく興奮を覚えるはずです。

このように、女装してみたいと明確に考えた事はなくても、女体に対する憧れや好奇心は男性なら誰もが抱いている感情と言えます。

そして程度や理由の違いはあれどほんの少しでも、女体化願望を抱いていればメスイキは充分に楽しめるのです。

一人でメスイキするためのコツはイメージング

pn064_200909_002

女体への憧れや好奇心、変身願望がほんの少しでもあれば誰でもメスイキは楽しめるとお伝えしましたが、具体的にはどのように行えばいいのか。

真のメスイキニストによると、最も重要なのはイメージング、との事。

『私はスケベな事が大好きな女の子。性感帯を弄くり回されてイキ狂ってしまいたいの…』

こんな感じで、欲求不満な淫乱女性になりきって性感帯を開発していく事でメスイキしやすくなります。

といっても、イメージング自体が難しいという人も少なくないでしょう。そんな時はアダルト動画を見て女性へ感情移入する事で、イメージがしやすくなるはずです。
アダルト動画の中でもできればレズ動画がオススメ。
男性に犯される女性になりきって興奮できるなら男×女のアダルト動画でも構いませんが、男性が出てくると萎えてしまう人も多いと思うので、女性同士の絡み合いがメインとなるものの方が、抵抗なくイメージングが捗るでしょう。
その他にもお気に入りのレズ小説やレズ漫画を見つけてその主人公になった気分に浸るのもオススメです。

さらに、女性モノの下着を身につけてみたりメイクをしてみたりといった物理的な女装をして、女性らしい気分を高めるのもアリ。
ただし、自分の女装姿を見て逆に冷めてしまう人も少なくないので、気持ちが乗らない場合は上記で紹介したイメージングだけの精神的な女性化のみに留めておきましょう。

一人でメスイキするための部位別開発方法

pn064_200909_003

メスイキで大事なのはイメージングだとお伝えしました。精神的に女性となりきる事でメスイキに至るだけに、イメージングは必須の行程だと言えるでしょう。
イメージングのみならいつでも出来るので、できれば日頃から自分が女性になってレズのお姉様に性感責めされるような妄想を膨らませておきましょう。
その際、もしオナニーしたくなってもしばらくは我慢。悶々とした状態でメスイキ開発するのが成功の秘訣です。

それでは、ここからは代表的なメスイキの開発方法を部位別にレクチャーしていきたいと思います。

アナルマンコでメスイキ

性感帯の中でも最もメスイキさせやすいのがアナルです。

まずは浣腸などで腸内を洗浄したらリラックスしやすい場所と体勢でアナルの中にある前立腺を刺激しましょう。
前立腺は肛門から5cm程度の深さ、お腹側にあります。個人差はありますが、中指や薬指を根元まで挿入した状態で第二関節をお腹側に曲げた辺りです。
呼吸を整え、アナルの中へ神経を集中させながらその箇所を刺激すると奥からこみ上げてくるような疼きが感じられるようになります。

ポイントはアナルを女性のマンコ、前立腺をGスポットだと思い込む事。
妄想ネタは女性化した体でオナニーしているシチュエーションや、レズのお姉様にGスポット責めをされているシチュエーションなど何でも構わないので、最も気分が乗るものをイメージしましょう。

『あぁ…Gスポット気持ちイイ…気持ちイイよぉ…』

と声に出して喘いでみてもいいでしょう。

初心者だとメスイキするまでに時間がかかるので、指だけでは途中で疲れてしまう事も。なので、もちろん前立腺責め専用の器具を使うのもOK。指や器具を挿入する際にローションを使えば、より違和感なく刺激を受け入れやすくなります。

ペニクリでメスイキ

女体で最も開発しやすい性感帯といえばクリトリス。それに相当するのが男性のペニス、それも亀頭の部分です。それゆえにペニスでメスイキする事も可能。

ポイントは亀頭にだけ重点的に刺激を与え続ける事。先端部を手のひらで撫で回したり亀頭だけを扱いてみたりなどしてみましょう。
ローションを使うと気持ちよさ倍増です。

射精するようにはイケないだけにもどかしい状態が続きますが、ここで我慢出来ずにペニス全体を扱くなどすると射精を伴ってしまうので、メスイキにはなりません。

『ペニクリがおかしくなっちゃう…早くイキたい…イカせて…!』

といった感じで、もどかしい時間すら楽しみながら内からこみ上げてくる疼くような快感に集中してみましょう。
上手くいけば潮吹きしながらメスイキする事も可能です。

乳首でメスイキ

男性に限らず、女性でも乳首だけでイクのは難しいもの。それだけに、乳首でのメスイキは上級者向けになりますが、一度乳首でのメスイキを覚えると心身共に女体化がグンと進むと言われています。

その方法は女性の乳首を愛撫する時と同じ。指先で優しく撫でたり、摘まんでこね回したり。もちろんローターや乳首専用の玩具を使ってもOKです。

コツはとにかく期間をかけて気長に続ける事。一度でメスイキする事は滅多にないので、「メスイキしよう」と意気込まず、気持ちよさだけでも感じられたらいいかな程度で臨みましょう。できればある程度オナ禁をして、悶々とした状態で臨むのがベストです。
もちろん同時にイメージングも必須。

『そんなにおっぱいを弄られたら感じちゃう…!』

と、完全に女性になった気分になって乳首弄りをしてみましょう。

メスイキを覚えて新たな性感の扉を開けよう!

一人でも出来るメスイキ開発の方法を紹介しました。
メスイキにはとにかく、自分が女体化したイメージを膨らませる事が大切。
お気に入りのエロ動画やエロ漫画の主人公になりきるなど、自身が最もしっくりくる方法で精神的な女体化を手に入れましょう。
また、ある程度のオナ禁をしておく事もメスイキの近道。普段のオナニーを1,2回我慢した状態で行うのがベストでしょう。

メスイキは男性でありながら、女性のような快感を得られる極上の性感。今回紹介した方法を参考にしながら是非、メスイキを覚えて新たな性感の扉を開けてみてください!

メスイキ, 乳首責め

Posted by mazotown