M男としてどう成長すればいいか?現役女王様からのアドバイスは必見です!

M初心者向け

M男を育てると一言で言ってもその方法は一つではありません。
特にSMでは様々な趣向が存在するため、M男の嗜好、あるいはS女性の理想とする嗜好によって育て方が違ってきます。
それだけにより確実に、そして効率よくM男を育てようと思うと、趣向に合った方法で調教するのが一番なのです。

という事で今回は、効率よく的確に躾けるためのM男の育て方を趣向別に紹介したいと思います。

アナル嗜好のM男を育てるには徹底的にアナル性感を引き出す

pn064_200918_001

アナル嗜好のM男を育てるなら、とにかくアナル性感に貶める事が一番のポイントです。
アナル嗜好のM男にとってはアナルの快感が全て。貴女のアナル責めナシではもう満足出来ない…!と思わせるところまでアナル性感を引き出す事で、その快感を味わいたいがために従順な真性M男へと育ってくれます。

アナル開発というと、とりあえず前立腺を刺激するものだと思われがちですが、これは間違い。
もちろん既にある程度自分で開発しているM男に対してであれば前立腺責めから始めるでも大丈夫ですが、全くの未経験な場合、異物を挿入されるという感覚に違和感を覚えるM男がほとんどです。
それだけにアナルに興味はあったけれど、実際にやってみるとなんか違う、とそのまま挫折してしまうM男も少なくありません。
そのため、前立腺開発の前にまずは異物を挿入されるという行為自体に気持ちよさを感じられるアナルに育てる事が大切なのです。

そこでアナル嗜好のM男を一から育てるならまず、肛門周りから責めるのが最も効果的。肛門周辺への刺激が快感だと思わせる事で、それ以降のアナル開発が格段にやりやすくなります。

その方法として最初に行うべきなのが、肛門マッサージ。アナル周辺の皮膚には性感に直結する感覚点も多く存在しています。まずはこの感覚点を刺激して快感を引き出しましょう。
まずローションをたっぷりとアナルに塗りつけ、指などで若干の圧を加えながら円を描くように穴周辺をマッサージしていきます。できればローターを使うとさらに効果的です。
アナル性感を得られるかどうかは精神的な要素も大きく関わってくるので、この時、M男の体が緊張などで強ばっていたら、ゆっくりと深呼吸を繰り返させて体の筋肉を緩めさせるのも大切なポイント。こうする事で全身がリラックスし、アナルの括約筋も弛緩しやすくなります。

マッサージを続けていると、徐々にアナルがひくついてくるはずなので、これが快感の目印。穴にも直接指や玩具を押し当てて刺激を与えましょう。この時、1~2cm程度中に挿入して出し入れしてみるのも快感に繋がります。
M男に声かけなどして、本格的に感じているようなら次はアナルビーズを使ってみましょう。
初心者M男だとまだ拡張も出来ていないはずなので、初心者用の小さいサイズのビーズを選ぶのがマスト。
v

アナル周辺が敏感になるとアナルビーズの抽送が快感になります。まずはこの状態になるまでアナル周りの性感を引き出してから、前立腺開発に臨みましょう。
この頃には異物挿入に対する違和感もなくなり、前立腺への刺激も素直に受け入れられる体となっているはずです。

ちなみにアナルプレイとなるとどうしても臭いや汚れも気になってしまうもの。周囲が汚れてしまわないか、便臭で性欲が削がれないか、といった心配も精神的にマイナスな作用をもたらすので、プレイの前には浣腸器などでの腸内洗浄をしておく事も重要なポイントです。

緊縛嗜好のM男を育てるなら目隠し放置が効果的

pn064_200918_002

緊縛嗜好のM男を育てるなら、縄の感触に快感を覚える体にする事がポイント。身動きできないように体を戒められる事に歓びを感じるようになると、精神的にも雁字搦めにされたいと、緊縛を与えてくれる相手に傾倒していくようになります。

このようなM男に育てるのに効果的なのが目隠し放置。
腕や足、胴体など、縄で縛る部分は基本的に性感帯とはならない箇所なだけに、緊縛という縄の刺激を与えただけで快感に直結させるのは困難でしょう。けれど、目隠しという方法で視覚を奪うと体は残された器官で知覚しようと働くので皮膚感覚がより敏感になり、結果的に縄の刺激が性感に繋がりやすくなるのです。

そしてこの時、ただ床やベッドに転がして放置する事も重要。
視覚を奪われて周囲を確認する事ができない上に、触れられる事もない、話しかけられる事もないといった状況下に置かれると人はより神経を研ぎ澄ませて得られる感覚のみで状況を把握しようとします。
そんな中で唯一感じられるのは縄の感触だけ、というのは緊縛嗜好のM男にとって最も縄の魅力を感じられる瞬間となるのです。

とはいえ、完全放置となると今度はその状況が当たり前になってしまい感度が下がってしまうので時折、乳首やペニスなど、感じやすいところを弄って感度が高まるように仕向けてあげましょう。

露出嗜好のM男に育てるならオナニー実況をさせるべき

pn064_200918_003

露出嗜好のM男に育てるにはとにかく見られる快感を覚えさせる事が大切です。
こんな惨めで恥ずかしい姿を見られている…!と思うと、そんな命令を与えてくれる相手に対する服従心は自然と高まるというもの。M男をそこまでの心情へ達するように育てるには、オナニー実況をさせる事をおすすめします。

露出の基本は他者に自分の性器やオナニーを見せる事ですが、ただ見せつけるだけでなく自分の言葉で実況させる事によって、自分が今、どれだけ恥ずかしく惨めな事をしているのかと、より実感させられます。
また、自ら実況する事で自己暗示にかかりやすくなるのもポイント。“僕は今人前でオナニーをしているみっともない生き物だ”と自己暗示にかかる事で、さらに恥ずかしく惨めな自分を演出したくなるのです。

経験者なら露出命令らしく屋外でさせてもいいですが、未経験者だともし第三者に見られて通報されたら…という不安からなかなか一歩踏み出せないもの。
そこでまずは二人きりとなる密室でのオナニー実況をさせてみましょう。
その時、“今チンコをしごいてます”といったただの実況ではなくより卑猥な言葉を用いて、なおかつ大きな声で具体的に実況をさせる事がポイント。

“僕は今、自分のスケベチンポを右手でシコシコしています”
“貴女に見られると気持ちよくてヌルヌルのオス汁が溢れてきました”

こんな感じで、実況させてみましょう。大事なのはM男がチンコで気持ちよくなる事ではなく、恥ずかしい姿を見せつけながら恥ずかしい言葉を発して興奮する事です。

もし二人きりとなる密室で行う機会が少ないようであれば、テレビ電話などを使ってオナニー実況をさせるのもあり。
この二人だけの空間でのオナニー実況に慣れてきたようなら、屋外での命令を出すなどして徐々にレベルアップさせていきましょう。
素質があれば、野外で全裸散歩、犬のように放尿や脱糞といった破廉恥行為も歓んで行う変態露出M男となる事もあります。

M男自身が女王様へ自ら調教方法を提案するのもアリ!

効率よく的確に躾けるためのM男の育て方を趣向別に紹介しました。

ここでは女王様目線でのM男の育て方というテーマでお伝えしましたが、今回紹介した方法をM男性から女王様へ提案するのもアリです。

もちろん百戦錬磨のプロ女王様に対して提案するのは生意気だと叱られる可能性はありますが、まだ調教経験の浅い素人女王様に対してであれば、自分の趣向も詳しく伝えられるきっかけとなるはずですし、女王様自身がどのような流れで調教すればいいか模索しているようなら嬉しいアドバイスとなるはずです。

経験豊富なプロ女王様と経験の浅い素人女王様。どちらに育てられたいかというと、前者だと答える人は多いと思いますが、一度そういった拘りを捨てて、選択肢を広げてみる事で、思わぬ出会いや関係性に繋がる事も大いにあり得ます。

今回紹介した趣向のように育ててみたいという女王様はもちろんの事、希望の趣向で育ててほしいというM男性も参考にして、経験の少ない女王様に提案してみてはいかがでしょうか。

Posted by mazotown