初心者M必見!初心者でも女王様に満足して貰えるとっておきの奉仕!

M初心者向け

女王様のご奉仕奴隷、というのはM男性にとって憧れのシチュエーションですよね。

『ほら、舐め犬。早く私のオマンコを舐めて奉仕なさい』
『お前のチンコは何のためにあるの?私を満足させるためでしょ?』

などと、言葉で罵られ蔑まれながらも女王様のご奉仕に徹するというのは、M男性にとって最高の歓びと言ってもいいでしょう。

けれど、女王様のご奉仕奴隷になんて、調教経験豊富なベテランのM男性でないとなれないのでは?初心者Mの自分では女王様を満足させられる自信がない、と考えるとなかなか女王様のご奉仕奴隷に立候補できずにいるM男性も少なくないと思います。

けれど、その考えはとても勿体ない!
実は、初心者M男性こそ、ご奉仕奴隷の素質が高く、初心者のM男性をご奉仕奴隷として迎え入れる女王様も多いのです。
とはいえ、初心者なら誰でもご奉仕奴隷になれるかというとそうではありません。やはり最も大切なのはテクニック。
女王様が求めている快感を引き出し、満足させられるかどうかが鍵となるのです。

そこで今回は初心者でも女王様に満足してもらえるとっておきのご奉仕テクニックを伝授したいと思います!

女王様がご奉仕奴隷に初心者M男性を選ぶ理由

pn064_200925_001

冒頭で初心者M男性こそご奉仕奴隷の素質が高く、初心者M男性をご奉仕奴隷として迎え入れる女王様も多いとお伝えしましたが、それは一体何故なのか。まずはその理由からお話したいと思います。

ご奉仕自体に快感を見出しやすいから

初心者のM男性の被虐欲は決して高くはありません。
真性のM男性だと痛めつけられたい、苦しみ抜きたいといった欲求を持つ人が多いですが、初心者M男性の場合は痛いのは苦手だけど辱められたい、自分も性的に気持ちよくなれたら嬉しい、といった願望が強く、苦痛に対する耐性は低い事がほとんどです。

だからこそ、苦痛が少ない上に自分も性的快感に浸れるご奉仕命令に快感を見出しやすいというのが、初心者M男性の特徴。
女王様としても、その行為に物足りなさを感じながら行う真性M男性にしてもらうより、自分自身も快感に浸りながら誰より熱心に奉仕行為に励む初心者M男性の方が魅力的に感じるというもの。

このように、ご奉仕自体に快感を見出しやすいという事は、女王様にご奉仕奴隷として重宝される一つの要因となるのです。

真性M男性には別の役割があるから

上にも挙げたように、真性M男性は被虐欲が高く、苦痛の中で歓びを感じたり、存在の意義を感じたりするという特徴があります。
それだけに、このようなタイプのM男性に対して女王様は、鞭打ち奴隷や緊縛奴隷、便器奴隷など自身の過激な嗜虐欲を受け止めさせるという役割を与えます。

このように、真性M男性は、真性Mだからこそ出来る役割を与えられるので、ご奉仕奴隷といった役割は初心者M男性が担う確率が高くなるのです。

ご奉仕のやり方で素質の有無を判断できるから

女王様の中には初心者M男性にご奉仕命令を出して、そのM男性の素質を判断する方もいます。
このようなタイプの女王様曰く、苦痛も少なく、自分自身も性的興奮や快感を得られるご奉仕命令だからこそ、そのM男性自身の本性が垣間見えてくるとの事。

例えば、言葉では「女王様に気持ちよくなっていただきたいです」と言っていても、実際に奉仕ををさせると自分勝手に舐め回すだけで、女王様が感じているかどうかを全く気にしていなかったり、舐め奉仕に疲れたからと女王様の許可なく休んだり。
このように、奉仕一つで、M男性の素質の有無がうかがい知れるのです。

でもこれは、逆に言えばチャンスでもあります。
女王様にこのM男性は素質があると思ってもらえるようなポイントを押さえた上でご奉仕を行う事で、女王様のお気に入りになる事が可能ですし、上手くいけば専属のご奉仕奴隷に任命してもらえる場合もあるからです。

女王様に満足してもらえるご奉仕テクニック

pn064_200925_002

女王様がご奉仕奴隷に初心者M男性を選ぶ理由、そしてポイントを押さえた上でご奉仕をする事は、女王様のお気に入りとなり専属ご奉仕奴隷に任命してもらえるチャンスだとお伝えしました。

では実際、どのようにご奉仕をすれば女王様のお気に召してもらえるのか。
いよいよそのテクニックとポイントについて詳しく解説していきたいと思います!

ご奉仕テクニック①:舐める箇所をブロック分けする

初心者M男性が舐め奉仕をするのにまず注意してほしい事が「むやみやたらに舐め回さない」という事です。
とりあえずオマンコを舐めておけばいいんでしょ、とばかりに無秩序に舐めるでは、女王様のテンションも一気に下がってしまうでしょう。

まず最初に押さえておきたいポイントは舐める箇所をブロック分けするという事。

・ワレメ
・クリトリス
・小陰唇
・大陰唇

大きくこの4つに分けて舐め奉仕をしましょう。
舐め奉仕していく順番に決まりはないですが、刺激が最も強いクリトリスへの奉仕は中盤~終盤に行うのがおすすめ。

流れや手順としては、一つの箇所を入念に奉仕してから次の箇所に移る、という方法や、まずは全ての箇所を一通り軽く奉仕してから重点的に2周目の奉仕を行うという方法、合間合間に一番刺激の強いクリトリスへの軽い奉仕を挟みつつ、その他の箇所を満遍なく奉仕し、最後に重点的なクリ舐めでイカせるという方法などがあります。

ご奉仕テクニック②:舐め方を使い分ける

舐め奉仕と言ってもただペロペロと単調に舐めるだけでは、それこそ文字通り『犬』と同じです。
一言で舐めると言ってもその方法は多様にあるので、使い分けて女王様に満足してもらいましょう。

初心者として覚えておきたい舐め方は以下の3つ。

・舌全体を使って舐める
・舌先でくすぐるように舐める
・舌先を左右に高速で動かして舐める

舌全体を使って舐めるという行為は性的刺激は少ないものの、相手をリラックスさせるという効果があります。
「今からここを舌で愛撫しますよ」という合図を兼ねて、大きく舌を出しその箇所に密着させながら2,3回舐めましょう。

また、舌先でくすぐるように舐める行為には焦らして性的快感を高めていく効果があります。
女王様を焦らすなんて失礼では?と思うかもしれませんが、より感度を高めるための儀式だと考えましょう。
舌先が触れるか触れないかくらいのソフトタッチで舐めるのがポイント。特に小陰唇や大陰唇を舐め奉仕する時に効果的です。

さらに、舌先を左右に高速で動かして舐めるのにはダイレクトな性的刺激を与える効果があります。女王様の性感が高まってきたところで使う事でより快感を引き出す事ができるので、舌先で焦らすようにくすぐり舐めしてから行うのが最も効果的。
特に刺激の強いクリトリスをこの方法で舐める事によって、クリイキしていただく引き金となるでしょう。

この3つを使い分ける事で、女王様に、このM男は素質があるなと感じてもらえるはずです。

ご奉仕テクニック③:優しくゆっくり舐めるのが基本

初心者M男性の中には、激しく舐める=気持ちイイと思っている人も多いのではないでしょうか。
ですがこれは大間違い!いきなり激しく舐められて快感を覚える女王様は皆無だと考えていいでしょう。

舐め奉仕では優しくゆっくり舐める事、これが基本です。
上記で紹介した、舌先を左右に高速で動かして舐める方法をとる時以外は舌でマッサージをするようなイメージで、優しく触れましょう。

どうしても舐め奉仕をしているうちに自分自身が興奮してしまい、夢中になり過ぎて舐めるスピードが速くなってしまうという事もよくありますが、これも注意。自分が興奮する事よりも女王様に気持ちよくなってもらう事を重視して奉仕をする事で、女王様に一目置いてもらえるような奉仕ができるはずです。

ご奉仕テクニック④:舐めるのに疲れたら唇を使う

ご奉仕命令はSMプレイの中でも比較的苦痛の少ないものではありますが、あえて苦痛的なポイントを挙げるとすると、舐め奉仕をしているうちに舌が疲れてくる事です。
舐め奉仕は何十分にも及ぶ事は当たり前。女王様によっては一時間以上も奉仕させ続ける方もいます。
それだけに舌は疲れ、時には攣りそうになってしまう事もあるでしょう。
だからといって女王様の命令なので奉仕を中断させるわけにはいきません。勝手に奉仕をやめて休憩などしてしまったり、休憩の許しを乞うてしまった場合には使えない奴隷として、そのまま見限られてしまうという事も大いにあり得ます。

そこで活用すべきテクニックが唇を使う事。舌の代わりに唇で愛撫を行う事で、その間舌を休ませる事が出来るので、休む事なく延々と奉仕を続ける事が可能になります。

そんな唇での奉仕の方法は以下の2つ。

・湿らせた唇を這わせて愛撫
・吸い付く

感度が高まっていると、湿らせた唇を優しく這わせるだけでも快感を得られます。決してダイレクトな刺激ではないですが、舌での刺激とはまた違った感覚が味わえるので、舌を休憩させている間の奉仕に活用しましょう。
この応用として、口づけるように何度も啄んだり、上唇と舌唇で奉仕したい箇所を優しく挟みながら、ハーモニカを吹くように唇をスライドさせるという愛撫の方法もあります。

また、奉仕したい場所に吸い付くと唇を這わせるよりも強い刺激を与える事が可能。
特にクリイキさせるには必須の方法と言えるので、ラストスパートはクリトリスに吸い付きながら、舌先を左右に高速で動かすという合わせ技で女王様に絶頂を迎えてもらいましょう。

ちなみに唇で吸い付くという奉仕は性器だけでなく、鼠蹊部(足の付け根辺り)周辺の愛撫にも効果的。
ただし、あまり強く吸い付き過ぎると痕が残ったり刺激が強すぎてしまう場合があるので、手加減は必要です。

唇での奉仕を行う上での注意点としては歯を立てない事。歯が当たった感覚で興ざめしてしまう女王様も少なくないので、歯が当たらないように注意しながら行いましょう。

ご奉仕テクニック⑤:セックスは強弱をつけた腰遣いを意識する

舐め奉仕に満足してもらえたら、セックス奉仕を命令してもらえる場合もあるかもしれません。
憧れの女王様とセックスさせてもらえるなんて、M冥利に尽きますよね。
けれど、そんなセックスも女王様にとってはご奉仕の一環。

『舐め奉仕は上手だったのにセックスは下手ね』

なんてガッカリされないためにも、セックスでのご奉仕テクニックも頭に入れておきましょう。
ポイントは強弱をつけた腰遣いを意識する事。

とにかく最初から最後まで激しく腰を振って奥まで突けば気持ちイイというのは下手なセックスの代表例です。
まずはゆっくりと腰を振って女王様の膣穴の角度に合う位置を探りましょう。チンコの先が膣壁に当たる事なくスムーズに入る角度がベストな位置です。

適切な位置を見つけたら、徐々に腰を振るスピードを速めていきます。一番激しいところまで行ったらまたスピードを緩めてゆっくりと。そしてまたスピードを上げていって…を何度か繰り返す事で、女王様に満足してもらえるような緩急のある極上セックスとなるでしょう。

クリイキさせられるかどうかが及第点の基準

以上が初心者M男性が押さえておくべきご奉仕テクニックとなります。

とはいえ、女王様はどういった状況で満足してもらえているのか、イマイチよく分からないと感じるM男性も少なくないと思います。
もちろん個人差はありますが概ね言えるのが、

『クリイキさせられるかどうかが及第点の基準』

という事。
舐め奉仕で女王様にクリイキしていただく事が出来れば、2回目以降も奉仕奴隷として使ってもらえる可能性は高くなるでしょう。
それだけに専属の奉仕奴隷を目指すなら、最低限クリトリスで絶頂を迎えてもらえるだけの奉仕テクニックを磨く事が大切です。

ご奉仕テクニックは女王様だけでなく女性全般に使える!

初心者でも女王様に満足してもらえるご奉仕テクニックを紹介しました。
今回紹介した方法やコツをマスターし、意識する事で女王様お気に入りの奴隷となれる事間違いナシ!

また、ご奉仕テクニックを身につけるという事は、Mとしての自信を高めるだけでなく、男性としての魅力も高めます。
早速気になる女王様のご奉仕奴隷に立候補してみましょう!

ちなみにここでは女王様に満足してもらう事をテーマとしてお伝えしましたが、このテクニックは女性全般に使えるものです。
自分はMだという自覚はあるけれど、いきなり女王様にアプローチするのはちょっと勇気がいる、という人はまず、セフレや彼女を見つけて挑戦してみるのもアリです!

Posted by mazotown