チクニーやアナニーの方法は?初心者でも出来る女王様に喜んで貰えるオナニー方法!

M初心者向け

皆さんは女王様に喜んで貰うためには何をすればいいか、と考えた時にどんな事を思い浮かべますか?

女王様に満足して貰えるご奉仕をする、女王様の命令に誠心誠意応える、大抵の人はこういった内容が頭に浮かんだのではないでしょうか。

もちろんいずれも間違いではありませんが、これらは他のM男性も思いつく事であり、女王様によっては出来て当然、され尽くしてつまらない、と感じる場合もあります。

SM上級者のM男性であれば「血が滲むような手加減ナシの鞭打ちもご褒美です!」「チンコや金玉もお好みのまま改造してください!」なんてハードな要求に応えて、他のM男性と差をつける、といった事もできるかもしれないですが、あまりSM経験のないM男性にとってはハードルの高い事。女王様に喜んで貰えるような奴隷になるのは諦めるしかないのか、とお手上げ状態になってしまうM男性も多いと思います。

そこで、そんなM男性達にアドバイスしたいのが、チクニー・アナニーを極める、という事です。

チクニーやアナニーというと乳首やアナルを使ってオナニーをする事。自慰行為の一つであり、自己満足にしかならないはずなのに、なぜ女王様を喜ばせる事に繋がるのか。この時点ではピンと来ない人がほとんどだと思いますが、それは後で説明するとして、チクニーやアナニーならSM初心者のM男性でも挑戦できそうですよね。

というか、未知の性感を開発できる上に女王様にも喜んで貰える、さらに今現在お目当ての女王様がいなくても、事前に極めておく事で未来の女王様へのアピールポイントとなるだけに、挑戦する以外の選択肢はありません!

今回は、チクニーやアナニーが女王様に喜んで貰える理由と、極める方法について詳しくレクチャーしていきたいと思います!

チクニーやアナニーが女王様に喜んで貰える理由

pn064_201002_001

冒頭でもお話しましたが、チクニーやアナニーを極めると女王様にも喜んで貰えます。
チクニーやアナニーなんてただの自慰行為で自己満足でしかないのになぜ?と思った人も多いと思いますが、理由は以下の通りです。

見ているだけなので手を煩わせる事がない

調教する側の女王様は苦痛を伴うわけではないし、命令を出すだけだから楽だと考えられがちですが、決してそんな事はありません。
状況に応じて言葉責めをするとなると、頭の回転が必要ですし、苦痛を伴うわけではないと言っても何かしらの道具を使ってM男性の体を責めるとなると体力、気力が必要なのです。

お気に入りのM男性相手ならともかく、知り合ったばかりのM男性相手に調教へのモチベーションを上げるのはとても面倒な事。今後私のお気に入りになってくれるという期待値だけで調教の気力を高めているといっても過言ではありません。
もし相手がSM倶楽部の女王様なら金銭的なメリットがあるから調教するという事に他ならないでしょう。

これはつまり、貴方が女王様の期待に応えられなければ、一瞬にして気持ちが冷めてしまう、貴方が倶楽部女王様のお客さんならお金の切れ目が縁の切れ目になってしまうという事を意味します。

でも少し違った考え方をすると、女王様に調教へのモチベーションを上げるという面倒をかけさせる必要がなければ期待外れだと感じる事もありません。
相手が倶楽部の女王様なら、自分にとって都合のいい魅力的なお客さんだと思ってもらえて、もしかしたらプライベート奴隷へ昇格できるチャンスとなる可能性だってあるのです。

前置きが長くなりましたが、そこで活躍するのがチクニーやアナニーです。
M男性の自慰行為を見るだけなら、女王様は言葉責めを考えるのに頭を働かせたり、肉体的に責めるのに体力を使う事もないので、手を煩わせる事はありません。
これは、極力面倒な事はせずに嗜虐心を満たしたい、あるいはM男性の被虐心を満たしたいと考えている女王様にとっては喜ばしい事。

『ただ、僕のチクニーやアナニーを見て貰えるだけでいいので、もしその上で苛めたくなったら調教していただけますか?』

とお願いすれば、女王様は調教へのモチベーションを上げる必要もないので、期待外れだったとガッカリされる事もなく、長く関係を続けて貰える可能性が高くなるのです。
もし相手が倶楽部の女王様だった場合でも、魅力的なお客さんだと好意的な意味で印象に残りやすくなるでしょう。

男がメス化する様は見ていて楽しい

当然ですが、女王様は本能的に男性に屈辱を味わわせる事に喜びを感じます。
では男性にとっての屈辱とは一体どのようなものがあるでしょうか。
もちろん人によってその価値観は様々ですが、男性としての尊厳や役割を剥奪する事だと答える人は多いと思います。
そしてその究極の形が男性のメス化です。
男性としての役割を放棄させられ、メスとしての歓びを見出すM男性というのはそれだけで興味深いもの。
大の男が乳首やアナルを弄りながら女性のように喘ぐ姿というのはまさに男性が男性である事を放棄したゆえの行為であり、その様を見るだけでも楽しんで貰えるはずです。

エロければエロいほど女王様も興奮できる

チクニーやアナニーを極めると、そのエロさは半端なものではありません。
恍惚の表情で乳首はビンビン、アナルは物欲しそうにひくついて口からは自然と卑猥な声が漏れ出てしまいます。それだけに、まるで全身から淫乱フェロモンが出ているようだと例えられる事も。
そんな姿を見せられたら女王様も興奮しないわけがありません。
もっと卑猥な姿を引き出してやりたいと、嗜虐欲がくすぐられるなんて事も大いにあり得るでしょう。

最初はM男の自慰行為を見ているだけのつもりが、自ら進んで乳首責め、アナル責めに参加してしまった、というところまで女王様の感情を揺さぶる事が出来れば、心から喜んで貰える事間違いナシ。
たとえ、知り合ったばかりの女王様でも貴方の魅力にハマり、お気に入りの専属奴隷にしてもらえる可能性はグッと高くなりますし、もし相手がSM倶楽部の女王様だったとしても個人的に調教してもらえるような関係性にランクアップできるチャンスに繋がるかもしれません。

完全メス化!チクニー・アナニーを極める方法

pn064_201002_002

チクニーやアナニーを極める事で女王様に喜んで貰える、さらに密接な関係を築けるチャンスにも繋がる。という理由は上記を読んで分かって貰えたでしょうか。

では、肝心のチクニー・アナニーを極めるにはどうしたらいいか。いよいよここで詳しく解説させていただきます!

ステップ①:必要なものを準備する

まずはチクニー・アナニーに必要なものを揃えるところから始めます。

・ローション
・コンドーム
・エネマグラ
・ローター
・アナル洗浄器具
・衛生用品

事前に上記のものを準備しておきましょう。衛生用品はシーツを汚さないためのバスタオル、アナルマッサージ時に使用する指サック(コンドームでも代用化)、気になった汚れを拭くためのウェットティッシュなどがあると便利です。
また、アナル洗浄器具は様々な種類がありますが、セルフで使いやすいのはポンプ式のエネマシリンジでしょう。洗浄前に便が気になる時のためにイチジク浣腸もあるとベストです。

ステップ②:アナル洗浄を行う

必要な物の準備が整ったら、アナル洗浄を行います。直腸に便意があるようならあらかじめトイレで出してしまいましょう。イチジク浣腸で出すのでもOKです。
直腸の便を出したら、エネマシリンジなどのアナル洗浄器具で腸内洗浄をします。浴室で行うといいでしょう。

ステップ③:アナルマッサージは入念に

洗浄を済ませたらいよいよアナニーから始めます。ベッドなどリラックス出来る場所で行うのがベスト。万が一汚れてもいいようにバスタオルを下に敷いて行うといいでしょう。
無理のない体勢になって、指を使いアナルマッサージ。指サックやコンドームをはめた指とアナルにたっぷりとローションを付けて、まずはアナル周辺を優しく撫で回します。
最初から気持ちいいとはあまり感じないかもしれないですが、ゆっくりと深呼吸をしながら続けるとアナルがヒクヒクし始めるはずです。そうしたら、指を一本、息を吐きながらゆっくりと挿入してみましょう。
腸壁をなぞるように円を描きながら一周したら指を抜き、また息を吐きながらゆっくりと挿入。これを何度か繰り返します。
慣れてきたら指を二本に増やし同じような指の動きで抜き差しを続けましょう。

ステップ④:エネマグラで前立腺刺激

入念にアナルマッサージが出来たらエネマグラを挿入しましょう。
エネマグラは挿入するだけで自動的に前立腺を刺激してくれるアイテムです。変に力を入れたりする事なく、下半身はリラックスした状態を保ちましょう。

ステップ⑤:乳首を優しく愛撫する

アナルにエネマグラを挿入したら後はアナルでイクのを待つだけですが、それだけでイクのはなかなか難しいもの。そこで、その間にチクニーを取り入れるとメスイキしやすくなると言われています。

チクニーはまず、乳首を優しく愛撫するところから始めましょう。滑りをよくした方が感じやすくなるのでローションを塗って、指の腹で優しく撫で転がします。
時折乳輪をなぞったり、乳首を指で弾いたりしながら刺激を与えましょう。
指が疲れてくると性感に集中できなくなってしまうので、ローターを使ってもOK。
最初はくすぐったさや違和感が強いかもしれないですが、続けているうちに快感に変わってくるでしょう。

ステップ⑥:メスイキに溺れる

アナルの中が疼き、チクニーで乳首が感じやすくなったらメスイキも間近。
この時焦って力んだり、痛くなる程乳首を弄ったりしないように呼吸を整えながらアナルの中の疼きに神経を集中させましょう。
すると次第に内部の筋肉が痙攣するような感覚に襲われます。後はその感覚に身を委ねればメスイキです。
今まで味わった事のない性感に思う存分溺れましょう。

チクニーもアナニーも一度覚えれば、二回目以降は比較的簡単にメスイキしやすくなります。
なので、一度メスイキを体感できたら次は女王様に見ていただいて喜んで貰えるように、よりエロティックなチクニー・アナニーに挑戦してみましょう。
目の前にいる女王様を誘惑するように胸を突き出して乳首を弄る、空いた手で尻肉を割り開いて肛門丸見せ状態で誘うようにアナルを弄るなど、魅せるチクニー・アナニーを意識できれば完璧です。
鏡を見ながらベストなポーズを研究してみてもいいですね。

チクニー・アナニーを極めるコツ!

pn064_201002_003

上記の手順で実践してみたけれど、上手くいかなかったという人ももしかしたらいるかもしれません。
自分のアナルや乳首は不感症なのかも、触り方が下手なのかも、と考えてしまいがちですが、実はチクニーもアナニーも精神的な要素が大きく左右するので、たとえ絶妙な愛撫やマッサージをしたとしてもメスイキできるとは限らないのです。

そこで、ここでは精神的なアプローチからチクニー・アナニーを極めるコツも併せて紹介します!

女性になりきる

チクニー・アナニーを極めるには精神的な要素が大きく関わってきます。その上で必要不可欠なポイントはイメージング。体よりも心で感じる事を重視する事が成功の秘訣です。そして、その具体的な方法が女性になりきるというもの。

『淫乱メスのように乳首と穴で感じ狂う卑猥な生き物が私です…!』

こんなイメージをしながら乳首やアナルを弄る事で、メスイキしやすくなるはずです。

チンコは触らない

チクニーやアナニーをしているともどかしくなってきてついついチンコを触ってしまいたくなると思います。でもそれは厳禁。
というのもチンコで感じる性感の方が強烈なので、乳首やアナルの性感が薄れてしまうのです。

それでもチンコが勃起して仕方ない、どうしてもチンコも触ってしまいたい、という場合は亀頭だけに留めておきましょう。
亀頭への刺激だけなら射精に至る事はないので、メスイキにプラスに働く場合もあります。

上で書いた通り、イメージングが重要なので亀頭を刺激する際も、

『私のクリトリス、こんなにパンパンに腫れちゃった…』

なんて想像をするとより効果的かもしれないですね。

メスイキ出来なくても気持ちよければそれでよしとする

メスイキするのに最も厄介な感情が“焦り”です。
どうしてもなかなかイケないと、早くイキたい、何が何でもメスイキしたい、という感情を高ぶらせてしまうもの。
ですが、この焦りこそがメスイキを遠ざけてしまうのです。
折角気持ちよくなっていても焦ってしまったゆえにメスイキ出来ないのはもったいない事。
なので、今日はメスイキ出来なくても構わない、気持ちよさを感じられればそれで充分くらいの気持ちで臨むと、焦りを感じず、性感に集中しやすくなるでしょう。

また、限られた時間で行うとそれも焦りに繋がってしまいます。チクニーやアナニーをする時は充分に時間がある時に行いましょう。最低でも3時間くらいある時に行うのがベストでしょう。

魅せるチクニー・アナニーで女王様のお気に入り奴隷に!

女王様に喜んで貰うためのチクニー・アナニーの方法とそのコツを紹介させていただきました。

チクニー・アナニーを極めると、Mとしての自身のスキルアップにも繋がりますし、女王様に喜んでいただく事にも繋がります。
魅せるチクニー・アナニーで女王様のお気に入り奴隷となれるチャンスだって大いにあるのです。

女王様に気に入って貰えるスキルが欲しいというM男性は今回紹介した方法を参考に、チクニー・アナニーに挑戦してみてはいかがでしょうか!

Posted by mazotown