気になるSMコミュニティに参加してみましょう!(2つ以上利用するのがオススメです)

女王様に求める事は?M男が抱く、自分の憧れの女王様像

M初心者向け

M男が希望する射精管理の方法

「頻繁に抜くより、我慢してザーメンを発射した方が気持ち良い。」

これは男性ならば誰もが悟った事のある当たり前の事実です。

が、「自分の性欲を好みの女性に管理して貰って、限界まで焦らされてからザーメンを放出する気持ち良さ」―すなわち射精管理による射精の快楽を知っている男性は果たしてどのくらい居るんでしょうか?

一度射精管理の気持ち良さを味わいヤミツキになったM男達って、頻繁に射精管理を希望するようになるんですよ。

そして一口に射精管理と言っても、ただ我慢させるだけじゃなくて気を付けるべきポイントがあるんです。

単に我慢させるだけでは、M男にとっては快楽というよりは性欲を抑えるイライラの方が勝ってしまいますからね。

飴と鞭の使い分けが大事なのです。

ここまで読んで、ちょっと難しそう…と思いましたか?

大丈夫ですよ、ポイントさえ押さえておけば楽しく射精管理を行う事が出来ますので。ご安心下さい。

M男がどんな射精管理を望んでいるのか、そして適切なのかを知って、バンバン射精管理してやりましょう♪

目次

①期限を決める

②貞操帯を選ぶ

③焦らし方

④拘束(完全室内飼いの場合)

⑤SNSを利用する(推奨:外飼いの場合)

⑥射精管理を最後まで楽しむために

①期限を決める

射精管理を行うのであれば、最低でも4日は確保しましょう。

あまりにも短期間だと射精管理の醍醐味である我慢の末の気持ち良さを充分に味わえないので。

長ければ長い程良いですが、あまりにも長期(一か月以上とか)だと体調やペニスに悪影響を与えてしまうのと、何よりM男によってはこっそりオナニーしてしまう可能性があります。

日ごろ放置していると自分でオナニーした事実を隠されてしまいがちなので、毎日M男から状況を報告させるようにする事が肝心です。

その際、M男がどのように一日を過ごしたのか…何を食べたか、ムラムラしたか等どんな事でもつぶさに報告させましょう。

一見SMとは関係ないように思えるような出来事、例えば「何を食べたか」ですが、あえてムラムラするような精力のつく食べ物を提案してやる等すると良いですね。

どこどこに出かけました、という報告ならば次に出かける際はこんな事(例:露出)をしなさいとか煽ってみたり。

ともかく性欲を刺激し、焦らす事が大事なんです。

自分で抜けない分、いつも以上に女王様との電話やラインでムラムラする事間違いなしなので。

注意点としては、ペニスを床や物に擦りつける行為も基本NGとしましょう。どうしてもの場合は必ず女王様から許可を貰うようきつく言い聞かせましょう。

勝手にオナニーするのを防止する方法としては、後程挙げる貞操帯を付ける、もしくはこっそりオナニーした際のペナルティを決めておくと良いですね。

ペナルティは例えば、期日到来の際にペニスを手コキしてあげるけど寸止めするとか。ぺ二バンで犯し尽くすけど、ペニスの先端にリングをはめながらなので延々イケない地獄を味わせるとか。

それか、あらかじめそのM男の嫌う調教をペナルティとして宣言しておく事を推奨します。

M男といえども人によっては水責め、火責め等過激な調教を極端に嫌いますので。勿論我慢出来ずこっそりオナニーしたら容赦なく調教を実施しましょう。絶対に情けをかけてはいけません。

②貞操帯を選ぶ

並々ならぬ自制心を持つM男とて所詮はオス。射精管理期間が長引くにつれてつい股間に手が伸びそうになってしまう事もあるでしょう。

そんな衝動を物理的に阻止する手助けをするのが貞操帯です。

ずっと貞操帯を装着していたらムレそう、と思われるかもしれませんが心配ご無用。

敏感肌向けの素材を使用した貞操帯も販売されていますし、通気性に配慮されて作られている物が多いんです。デザインも豊富。

ですが注意点としては、ペニスの形に合わないものを無理やり装着し続けているとペニスが変形したり、堪えがたい痛みに襲われてしまい我慢云々以前の事態になってしまいます。

我慢するじれったさよりも痛みが勝ってしまうのであれば、それは射精管理というよりは…ただの苦痛拷問になってしまいます。笑

その為、無理に形の合わないものを装着し続ける事は避けましょう。

③焦らし方

単に射精を我慢させるだけではつまらないですし、そのデメリットについては冒頭に書いた通りなのですが、では具体的にどのように焦らせば良いのかを説明しましょう。

女王様はM男にAVを見る事を命じたり、性欲を掻き立てるようなムービーやメールの送信、電話をかけてやるのが良い(ここは①でも説明しましたが、大事な事なのでもう一度言いました)です。

Posted by mazotown

この記事を読んだ人にオススメ!