▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

男性がMに目覚めるプレイはどんなプレイ?

M初心者向け

ごく普通の男性がMに目覚める…その事自体は決して珍しくないですよね。
でも、Mに目覚めるきっかけって本当に人によって様々。
些細なきっかけで目覚める人もいれば、予想だにしないプレイで目覚める人も。
M男の皆さんはどんな風にMに目覚めたのか、気になりませんか?
インタビューしてみたので、一緒に見て行きましょう!

①緊縛に目覚めた人の場合

いやぁ、縛られるって…緊縛って本当に良いですよね。
後ろ手に結われて身動きを取れなくされて、全身縄の痕が残る位ギッチギチに縛られたまま存分に嬲られる。
勿論、抵抗なんて許されるわけなくて。
万一ちょっとでも責めに抵抗を示す素振りを見せたらどうなるかって?
恐ろしくも甘美なお仕置きが待ってるんです。

僕に言わせれば、緊縛こそSMの象徴ですよ。
でも最初から緊縛に興味があったわけじゃないんです。
むしろSMという世界そのものから縁遠いところに居た人間だったんですよ。
とても清く正しく育てられてましたから。

両親は揃って教師、僕も敬愛する両親に倣い教師になるべく、将来生徒たちをしっかり導くために邁進していました。

そしていよいよ、教育実習の日がやって来ました。
初日、僕は生徒達の関心を惹くような喋り方で授業を展開し、生徒達から高評価を得る事が出来ました。
同じく教育実習に来ていた実習生(女性)が居たのですが、そちらは上手くいかなかったようで。
話を聞く限りでは、モゾモゾとした喋り方で生徒達が飽きてしまい、
先生の授業つまらないです、なんて堂々と宣言されてしまったとの事。
どうやったらそこまで生徒達に舐め切られてしまうのか?
半分見下しながら、首を垂れる彼女に「そんな事もありますって!」と笑顔で励ましの言葉を送りました。

ある日の夜、職員室に最後まで残り採点業務をこなし、帰路につこうと一歩外に出たら。
ゴンッ!という鈍い音と共に視界が暗転しました。

次に目が覚めた時…そこは資料室でした。
普段使われておらず、埃っぽさが鼻につきます。
気付けば僕は全裸で椅子に座らされ、後ろ手に縄で結われていました。

「先生、気付きました?」周りには僕の受け持つクラスの女生徒たち…。
「先生、こないだ春子の事振ったでしょ。しかもラブレター捨てましたよね?」
そうです、先日春子という女生徒に告白されたので、うっとおしいなと思いながらも優しく断ったつもりでした。
しかしなぜラブレターを捨てた事がバレてるんでしょうか。
「春子、先生のあとをつけてたんだよ。そしたら思いっきりラブレターをゴミ箱に捨てて…ウチら許せなかったよね、てかありえない。」

ありえないって言われても…「君たち、バカな真似はやめなさい。先生にこんな事をしたのも今なら不問にしてあげよう。誰にでも間違いはあるよな、さぁ、ひとまず冷静になろうじゃないか。」
が、嘆願むなしく、じりじりと寄ってくる女生徒たち。

「信用出来るわけないじゃん、先生の言う事なんて。春子を悲しませた分までヤキ入れてやるよ。」
そう言うと、女生徒の一人が上履きを脱ぐと、僕のチンポを思いっきり踏み付けてグリグリし始めました。

「あぁっ!痛い!やめるんだ!やめてくれ!!」
逃げようと身を捩ると、体に縄がきりきりと食い込み余計痛みました。
ですが、何故か下半身に痛みだけではなく甘い痺れが走っていて。

「あれ?先生、踏まれて感じてんじゃんwチンポめっちゃ勃ってるけどw」
「本当だーwウケるw写真撮ろっとwほら先生、笑って~w」
僕を囲んでピースサインをしながら、パシャパシャと写真を撮る女生徒たち。
代わる代わるにチンポを踏まれ、全身に食い込む縄の痛みと共に快感も増していき…。

「うっ!!!」そのまま射精してしまいました。

「うわぁ!先生出ちゃってるよ!きったなーい!写メ写メ!」
「先生、もうウチらに逆らえないねw」

それが僕の緊縛と、チンポ電気あんまの2つの性癖の目覚めになりました。
その後正式にその学校への採用が決まり、その子達が卒業するまで…いえ、卒業した後も彼女達のチンポ奴隷となっています。
今現在も、です。
最初は弱みを握られてイヤイヤながらでしたが、もう今では彼女達の調教なしでは生きていけません。
縄も有刺鉄線に代わる時があって、乳首もチンポもビンビンにしながら感触を楽しんでいます。

中には彼氏が出来たり結婚した女生徒もいますが、彼氏や旦那に試せないようなプレイを僕に試して来たりします。
勿論、縛られたまま。縛られた時点で僕の興奮はMAX、鼻息は荒くなり涎が上からも下からも垂れ流しになります。
僕は抵抗一つ出来ず、為すがままになって彼女達の肉人形となるのみ。
ですがその不自由な状況にどうしようもなく感じてしまっているのです。
ですので、もう僕にとってはSM=緊縛ですね、本当に。

②唾液に目覚めた人の場合

俺、元々強めな女性が大好きなんですよ。

もっと詳しく言うと、気の強い、なんなら男より強そうな感じの美女の尻に敷かれるのが大好きなんですけど。
社会人になってからそういった女性との出会いが激減&地方に飛ばされたから、大学時代のセフレにも中々会えず…。

男として難ありだから出会いがないって訳じゃなくて、俺自身の見た目がSなせいか寄ってくるのは田舎臭いM女ばかり。
大学時代はたまたま恵まれてただけなんだな~って骨身に沁みましたよ。
仕方ないから、適当に目についた出会い系サイトで漁ってみる事にしました。
そしたら俺好みのS女を見つけちゃったんですよ。
しかも俺の住んでる地方まで遊びに来てくれるって。(彼女は隣の地方住み)
こんな上手い話ある?と思いながら会ってみたら写真通りの、いや写真以上のSっ気オーラプンプンの美人!

ノリノリで一緒にホテル行って、安易に肩なんて抱いちゃったりして…
そのまま部屋に入ったら、入ると同時にビンタ喰らわされました。
「?!」ってなってたら、「アンタ、気安く肩なんて抱いてんじゃないわよ。ほら、分かったら早く服脱いでベッドに正座しな?」
と命令が。
予想以上のSっぷりに痺れながら正座したら、もうチンポはフル勃起状態。

「へ~、ビンタされて服剥がされただけでこうなってるの?変態。」
顔にペッ、と唾を吐きかけられたんです。
そんな事されたの初めてで、この俺が安易に唾を吐きかけられている…男としてのプライドをズタズタにされている、もう昇天寸前。
「ほら、ボーッとしてんじゃないわよ。」
ペニバンを装着した彼女が、俺の口元にペニスを持って来て…
気付いてたら無我夢中でしゃぶってましたね。

その後は初のロストアナルバージン。
痛みにひぃひぃ喚いてんじゃないわよ!って罵倒されながら、また唾を吐きかけられて。
全身唾でヌルヌルになりながら彼女の顔騎を受け入れて。
最後は口を開けて、彼女の痰壺になりました。

それ以来、会うと出先だろうが何だろうが、彼女の吸ったタバコの灰皿(舌を出すと、彼女がタバコを押し付ける)になったり、「ちょっとハナかみたいんだけど。おい、紙」と言われれば、彼女に紙を渡してハナをかんでもらい、その紙についたハナをレロレロと舐めとったりと充実したMライフを過ごしてます。
でも、やっぱり一番のご褒美は唾です。
唾を頭から足先までペッペッと浴びせられている時こそ、得も言われぬ快感に支配されるんです。

③スカトロに目覚めた人の場合

えっ、僕がスカトロに目覚めたきっかけですか?
うーん、難しいですね…どこから話したら良いですかね?

他の人達に比べたら大したことないかもしれないんですけど…
本当、きっかけはささいな事だったんですよ。
好奇心から、当時付き合ってた彼女の足の爪を食べさせて貰った事がきっかけですかね?
嚙み砕くのに一苦労でしたけど、すえた足の爪の匂いと嚙み心地が絶妙にマッチしてて美味だなって思ったんです。
そこから耳垢とかヘソのゴマとか食べさせて貰って、もっと彼女から出る物を食べたい!と思って。
最終的に辿り着いたのが黄金でした。

とは言ってもいきなり希釈なしってのはハードルが高かったので、聖水と割って液状にして飲んでみました。
恥ずかしながら、最初はえづいちゃいましたね(笑)
でも、彼女にチンポをしごかれながら飲んでると…最終的には飲むだけで、いや、黄金の匂いを嗅ぐだけでチンポがビンビンになるようになりました。

その彼女とは別れちゃったんですけど、今の彼女は当時の彼女よりもずっとSで。
彼女の黄金と僕の黄金をブレンドさせて、「愛の結晶よ、さぁ食べてね」と、バニラアイスの上に乗せて特製デザートを作ってくれるんです。
器まで舐め尽くして綺麗にたいらげるのがルールです。

それから、彼女が「あ~ウンコしたいな~トイレどこ~?」と言い出したら、10秒以内に彼女のアナルに口をつけるのがルールです。
口をつけると、彼女の「ブッ!」というおならと共に、黄金をひねり出して貰えます。
あの瞬間がたまんないんですよぉ…子供の頃、初めてサンタさんからプレゼントを貰った時とても嬉しかったんですけどあんな感じです。
ひねり出して貰う度にあの時の喜びを味わえるって想像して貰えたら、僕がどれだけ幸せか分かって頂けるかと。

ああ、もし良かったら貴方も今度彼女の黄金食べてみます?
最初は聖水と割ればそんなにキツくないと思いますよ。
これも何かのご縁ですから…いつでも連絡下さいね。

④愛玩奴隷犬として目覚めた人の場合

初めに、私は他の人達とは違います。
他の人達は言うなれば、自分の嗜好の為に女性と関係を持ってるだけですよね?
私は違うんです。
仮に一生ご褒美を与えて貰わずとも、女王様にご奉仕させて頂くつもりです。ご奉仕する事が最大のご褒美。
他の男性達とは一緒にしないで頂きたいですね…。

昔の自分が恥ずかしいです。
当時の私は男尊女卑家庭に育ち、女は男より下と見下していました。
でも、その考えは、突如現れた自分より遥かに仕事の出来る女性の登場によって粉々に打ち砕かれ。
いつか、逆立ちしても勝てない彼女に憧れと…屈服したいという気持ちを抱くようになって行ったのです。

その思いは彼女に見透かされていたようで。
飲み会の時にお持ち帰りされ、徹底的にアナルを犯されました。
「痛いです!許して下さい!」と言おうものなら「いつ口答えして良いって言った?」と、容赦なくケンカキックが飛んできて。
乳首を、うっ血する位つねられて…心身共にコテンパンにされました。
気付いたら、一晩にして彼女が私の肌に触れるたびに「あふぅん…」と喘ぐほど敏感な体になってしまいました。
気付いた彼女に「天性の淫乱ね。」と言われ、頬を赤らめたのが懐かしいです。

その後、彼女の生い立ちを聞きました。
英才教育を受けていた事、両親が資産家なので本来働く必要などない事。そして、ひそかにずっと奴隷が欲しかった事…。
でも、家柄が家柄なのである程度信頼出来る奴隷が欲しかったとの事。
そんな時に私と出会い、目をつけたそうです。
「私専用の奴隷になるわよね?」そう言われ、即、首を縦に振りました。

それ以降は会社を辞め、彼女の家で奴隷として暮らしています。
便器になるのなんて当たり前。彼女…女王様へ誠意を示す為、鼻フックを通しやすいよう豚鼻に整形しました。
「わぁ~、情けない顔!」と喜んで頂けましたよ。
ここまでしてやっとSM関係のスタートラインに立てるのではって思ってますけど、貴方はどう思います?

⑤まとめ

どの方も濃いエピソードをお持ちで面白かったですね~!
特に最後の方はその後、両足を切除して自ら自由を奪ってました。
捨てられたらどうするんですかね?(汗)
でも、人生をかけてご主人様に仕える事が出来るのは素敵な事ですよね!

皆さん最初は普通の男性だったようですけど、本当に偶然の出会いやキッカケでMっ気が覚醒し、S女性がそこに手を入れて開花させて行ったっていうパターンが多かったですね。

そういう女性と出会えたっていうのも羨ましいですけど、女性にそこまでして貰える程の魅力があったんだろうなとも思いますよね!
きっと、どう振舞ったら自分を魅力的に思って貰えるかとか、そういうところを一生懸命考えてS女性を振り向かせたんでしょう。
何でも受け身な男性なんて、魅力ないですもんね。笑

インタビューを通じて感じた事なんですが。
どの男性にも共通してたのは、自分からこうしたいああしたいっていうのを積極的に女性に伝えて、プレイの幅を拡げる手伝いをしてたというところですね。
つまり、男性としてのプライドを捨てて、女性を敬うかたちで色々提案をしていたという事です。

是非彼らから得られた教訓を、意中のS女性、もしくはこれから出会う女性に生かしてみて下さいね。

Posted by mazotown