メスイキを知ることで広がる快楽の世界!

M初心者向け

preface

こんにちは、M男の皆さん。
そんな僕もM男ですがみなさんは「メスイキ」というものを知ってますか?

何となく聞いたことがあるワードかもしれません。
しかしM男関連でネット検索すると必ずと言っていいほどお目にかかるこのメスイキ。
M男としては是非知っておいて頂きたい知識です。

ということで今回は、

このメスイキとは何か?
メスイキはどうやってやるのか?
メスイキをするとどうなるのか?
メスイキをするとどういう快感を味わえるのか?

を掘り下げていってみたいと思います!

メスイキ講座① メスイキとは何か?

what

まずはメスイキとは何か?を知っておきましょう!
とりあえずこの頻発ワードを知っておけばM男関連の記事を読むのがもっと楽しくなること間違いなし。

メスイキとは男性が女性のように射精を伴わずにイクことです。

「え!?そんなことってできるの??」という声が聞こえてきそうですが、できるんです。
チンポであればイク時に射精を止めることはできません。
なので使うのはアナルまたは乳首になり、特にアナルでのメスイキは大きな快感を得ることができます。

射精せずにイクことができるこのメスイキ。
最大のメリットは女性のように一度のプレイで何度も絶頂を味わえること。
一度射精してしまうと基本的に終わりな男性にとってはまさに夢のようなイキ方です。

このメスイキをマスターするべくアナル開発を始めるM男が世の中には数多くいます。

メスイキ講座② メスイキの快楽とは

ecstasy

セックス中の女性が大きな声を上げたりすることを不思議に思ったりしたことはありませんか?
それに対して男性はいくら気持ち良くても「ああ…」「あっ…!」とかそのぐらいの声が漏れる程度です。

これは女性だから、というのではなくそもそも快楽の種類というか度合いが男性のものとは完全に別物なんです。
言葉で説明するのはなかなか難しいのですが頑張ってすると、もっと深くてうっとりしてフワフワして自分が自分でなくなるような突き抜けるような快楽。
それがしばらくの間続きます。
メスイキはこれとほぼ同じような快楽状態を作り出すことができます。

男性だとイク瞬間の気持ち良さって一瞬ですよね。
女性って同じイッてるように見えて実はこんなに気持ちよくなってたんだ!と思うと悔しくありません?(笑)
実際にメスイキを習得して味わってみると、わざわざ開発とかしなくても普通にメスイキ状態になれる女性が羨まして仕方がありません。

「射精で味わえる何倍もの快感が連続的に長時間味わえる」

メスイキの快感を一度知ってしまうともう普通の射精じゃ物足りなく感じてしまうという弊害も一応あります(笑)

メスイキ講座③ メスイキには開発が必要

prostate

乳首で行うにしてもアナルで行うにしても、メスイキをできるようにするためには開発が必須です。
開発期間は個人差や開発方法がかなり人によるので「何ヶ月!」とはなかなか言えませんが最低でも半年ぐらいは必要な場合が多いようです。
イケるようになった後も開発を続ければ続けるほど深い快楽を得ることができます。

特にアナルの場合は穴そのものではなく、肛門を少し入った所にある「前立腺」と呼ばれる器官を性感帯に仕立てあげなければならないのである程度の気合いが必要かもしれませんがメスイキできるようになった時の快楽も半端ありません。

乳首の場合も乳首で感じるという人は割と多いかもしれませんが、それをさらにチンポには手を触れず「乳首だけでイク」というレベルにまで引き上げないとダメです。
乳首でのオナニー、通称「チクニー」を極めた人は乳首だけで絶頂を味わうことができます。

一説によるとメスイキには女性ホルモンの分泌が関係しているとも言われています。
男性でも乳首や前立腺を定期的に刺激することで女性ホルモンの分泌量が増えて女性的なイキ方、つまりメスイキへの扉が開くということになるそうです。

メスイキ講座④ メスイキとドライオーガズム

orgasm

ドライオーガズムはドライなオーガズムのこと。
射精を伴うオーガズムがウェットなオーガズムなのに対して、射精を伴わないオーガズムがドライなオーガズムになります。

メスイキも射精を伴わないオーガズムなので基本的に意味はそこまで違わず、同じ意味で言われることもあります。
それでも一応2種類の言い方があるということで、一応それぞれを定義しておきましょう。

【ドライオーガズム】

広い意味での射精を伴わない絶頂。
脳内や身体が女性のような感じでイッたかどうかは問わず、とにかく射精せずに絶頂することを指す。
ちなみに射精しすぎてもう精子が出ないというのはドライオーガズムではない。

【メスイキ】

射精を伴わない絶頂であるということは変わらないが、女性のような感じでイッた場合はメスイキとされる。
女性のような感じというのは喘ぎ声や恍惚感、身体がフワフワしたりガクガクしたりなど男性が絶頂する時にはあまり見られない反応。
ドライオーガズムの一歩先にあるイキ方。

メスイキ講座⑤ 開発のすすめ

develop

メスイキには開発が必要であるということは先に書きました。
では、開発とは具体的にどのように行うのでしょうか?

【乳首の場合】

乳首の開発は前立腺に比べて比較的トライしやすいです。
日常的に摘まんだり擦ったり、突っついたりを行うことで性感帯としての感度が上がっていきます。
パートナーがいる方は乳首を吸ってもらったり甘噛みしてもらうことでさらに良い開発ができます。
他にもUFOと呼ばれる乳首刺激用のエログッズも販売されているので、こちらも乳首開発に役に立ちます。

【前立腺の場合】

前立腺は肛門に少し指を入れてペニス側にあるコリコリした器官です。
指で刺激する場合は位置を掴むまでに少し慣れが必要かもしれません。
前立腺開発には「エネマグラ」という器具を使うととても便利。
この器具をアナルに挿入するだけでその形状から前立腺を勝手に刺激してくれます。
アナルに指や器具を挿入する場合は衛生面を考慮して必ず事前に浣腸をしたり、指に指サックをはめるなどの準備を行うようにしましょう。

メスイキ講座⑥ メスイキができるようになると

mesu

メスイキができるようになるとプレイの幅が広がるなどメリットがたくさんあります。
代表的なメリットをいくつか見ていきましょう。

【何回もイケる】

これがやっぱり最大のメリットですね。
一回のプレイ中に女性のように何回も絶頂することができます。
と、言っても際限なく永遠に絶頂できるわけではなく多くて7~8回ぐらいではないでしょうか。
それでも十分すぎるんですが(笑)

【快楽が長く続く】

メスイキが起こると射精では味わえない陶酔的な快感を人やその時の体調などで一定ではありませんが、だいたい10分前後味わうことができます。
「何回もイケる」「長時間の快楽」この2つがメスイキの最大のメリットです。

【オナニーのバリエーションが増える】

メスイキを習得すればその日の気分に合わせて普通のオナニーかメスイキか選ぶことができます。
メスイキ一つ取っても色々なイキ方があるので、オナニーの楽しみ方が無限大に広がります。

【調教プレイで何度もイキ狂える】

女王様の前で恥ずかしい声や姿を何度も晒しながら何回もイキまくることができます。
一回のプレイを長い時間楽しめるようになり、女王様をもっと楽しませてあげられるようになります。

【アナルの世界を知ることができる】

前立腺を刺激するためにはエネマグラなど各種アダルトグッズが非常に役に立ちます。
それらアナル系アダルトグッズの知識も身に付き、さらに深いアナル開発やアナル責め、アナルプレイの世界があなたを待っています。

【女性の感じ方への理解が深まる】

メスイキを覚えると女性の快感を知ることができます。
そうするとクンニや手マンなど女性を気持ち良くさせてあげる際にいつも以上に気持ちがこもり、テクニックの上達にも繋がります。
SMプレイでの女王様へのご奉仕の際にも非常に有効です。

まとめ

conclusion

以上メスイキの素晴らしさを語る記事でした!

メスイキは感じることができるようになるまで多少の時間がかかりますがそれ以上の見返りが間違いなくあります。
しかも一度マスターしてしまえばあとは一生もの。
メスイキのできる人生とできない人生では僕はできる人生を選びます!

めんどくさくなって途中で挫折する人も多いですが、マスターするとプレイの楽しみが何倍にもなるので皆さんも一度トライしてみてはいかがですか!?

Posted by mazotown