メスイキ・女装子・SM出会い体験専門

初心者M男性には是非見て欲しい!経験する前にASMRで楽しめる女王様の言葉責めの快楽!

M初心者向け

ライター名:山下貴史
SM歴/経験:5年 経験内容アナル攻め、性感帯開発、奉仕調教
馴初:3年前に知り合った女性と性行為の最中に乳首攻めで快楽に目覚めた
現在はライター業をしつつ、AV現場でのアブノーマル行為のアドバイスや指導も行っている

僕がASMRの言葉責めと出会ったのは暇つぶしにネットで様々なASMRを探していた時の事です。

ちょうどyoutubeで食べ物の咀嚼音を楽しむASMR動画が流行り始めた頃で、友達がハマってるから僕も見てみよう、と思ったのがきっかけでした。
最初は流行りに乗っかってポテトチップスや唐揚げを食べる動画何かを見ていたのですが、何本か見進めているうちにちょっとエッチなタイプのASMR動画にたどり着きました。

僕はそれなりに健全な男なので咀嚼音よりエッチな方に好奇心を覚えるのは摂理。興味本位で見てみたところ、耳を伝って脳がゾクゾクゾクッと疼くような感覚と共に言葉に犯されているような、エロいマッサージを受けているような気持ちに陥りました。
普通のASMR動画を見ていても脳のゾクゾクとした感覚は感じていたのですが、言葉で犯される感覚は初めてで思わず勃起してしまいました。

pn065_210122_001
この時から僕はエロ系のASMR動画ばかり見るようになりました。youtubeではあまり過激なものはないので、自然とエロ系ASMR動画専門のサイト中心にお気に入りのASMR動画を探すようになりました。

“ねぇ、まだ何もしてないのにオチンポ硬くなってるわよ?”
“チンポの先から涎垂れてるじゃない、ホント卑しいチンポね”
“早くイキたい?まだダメよ。まずは亀頭だけシコるのよ”
“もう我慢できないの?どうしようもないエロチンポね。そんなにイキたいなら一滴残さず絞り出すのよ!”

エロ系にも色々なジャンルがありましたが、僕はこんな感じで言葉責めされるASMR動画が一番興奮しました。動画というよりは静止画でボイスのみが再生されるものがほとんどでしたが、ASMRにおいて重要なのは動画ではなく音声なのでこれについては全く問題ありませんでした。

言葉責めに合わせてオナニーするだけで普通のオナニーの何倍も興奮するし、実際に耳元で囁かれ見られているような気分になるのです。

ただASMR動画を再生してオナニーをする。というだけでは物足りなくなってしまった僕はまずヘッドフォンを新調しました。
ASMR動画を楽しむにはイヤホンやヘッドフォンは必須です。スピーカーで垂れ流しは万が一誰かに聞かれると恥ずかしい、という理由もありますが、音や声が直に耳に届くイヤホンやヘッドフォンを使う事が最大限にASMRの効果を感じられるからです。

特に外部の音や声が入ってきづらいカナル型のイヤホンや、密閉型のヘッドホンがASMRを楽しむには最適です。
それでも安価なイヤホンやヘッドフォンだと密閉性が低いのである程度高価なものを買った方がいいと思います。

イヤホンやヘッドフォンに数万円も出せないという人でも最低限数千円程度のものを購入すべきかなと。
ちなみに僕が新調したのは7000円ほどのヘッドフォンでした。

ヘッドフォンを新調してから僕はますますASMRの世界にのめり込むようになりました。普通のオナニーでは飽き足らず、ASMRの声に促されるまま乳首オナニーをするまでに…

“あら、スケベな変態くん。いらっしゃい”
“早くエロい事がしたいって顔してるわね。そんな変態くんの期待に応えて今日はとびきりエッチな命令をしてあげる”

耳元で囁かれる女性のエロティックな声に早くもチンポは頭をもたげます。

“いつもならすぐにチンコをしごいて射精しちゃうんでしょ?でも今日はしばらくおあずけよ”
“まずは乳首から弄ってみなさい”

僕は促されるまま、準備していたローションを乳首に塗って撫で回します。

“優しく乳輪に沿って円を描くように撫でるのよ”
“乳首の先も爪先で引っ掻くように弄ってみて”
“声が出そうなら出していいのよ。むしろ思いっきりエロい声を出して感じなさい”
“ほら、胸を突き出して。今度は両乳首を摘まみながらこねくり回してみなさい”

言葉責めの指示に従いながら乳首を弄るだけで、僕の乳首はビンビンで言われなくても自然と声が出てしまいます。

“私も舐めちゃおうかなー”
“レロレロチュパチュパ…”

言葉責めに加えて巧みな舌遣いを思わせるような効果音に脳は蕩けそうで、乳首は痺れるように疼きます。

“チンコももうビンビンじゃない。乳首だけでこんなに感じちゃうなんていやらしいカラダ”
“乳首弄りながらチンコしごいて思いっきりイキ狂っちゃいなさい!!”

散々乳首弄りで焦らされてようやくチンポをしごく許可が出た僕は一心不乱にチンポを擦りました。そして深い乳首の疼きと共に盛大にザーメンを撒き散らしてしまったのでした。

僕はこのASMRにハマってしまったせいでオナニーの時は乳首を弄らないと物足りない体となりました。けれど、僕の体は貪欲にさらなる性感を欲します。
2,3ヶ月経った頃には乳首弄りだけでは物足りなくなった僕はとうとう、アナルオナニーにまで手を染めてしまったのです。

“今日はチンポを触れるなんて思わないでね。アナルでイクまでやめさせないんだから”
“早速アナルを犯すわよ。まずは指から、準備はいい?”
“息を吸って…吐いて…吐くと同時に指を入れていくわよ”

Posted by mazotown

この記事を読んだ人にオススメ!