▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

リモート射精管理ってどういうプレイ?

M初心者向け

“リモート○○”と聞くと、リモートワークやリモート飲み会を思い浮かべる人は多いですよね。いずれも新型コロナをきっかけに昨年から一気に普及し始めたものですが、実はそのずっと前からリモートで行われるのが当たり前だったものがあります。

それが今回紹介する“リモート射精管理”です。

射精管理と言えば、女王様やS女性がM男性のオナニーやセックスを制限するなどして管理し、性活動を支配するというもの。M男性からすると性欲を自由に発散できないもどかしさや、射精管理=チンコ支配をされているという被虐的状況に心がくすぐられるようで、SM調教の中でも人気の高いプレイとなっています。

この射精管理は他のSM調教とは違い、女性側が自ら手を下さずに行える上、あえて直に接しない事でM男性のもどかしさを助長させられる事から、“遠隔調教”という言葉で当然のようにリモートで行われていました。
ある意味“リモート○○”の先駆けと言えるかもしれませんね。

そんなリモート射精管理がコロナ禍により今まで以上に注目を浴び、SM界ではかつてないほどのブームとなっているのです。

射精管理はリモートと親和性バツグン!

リモート射精管理がかつてない程のブームになっている背景にはやはり、射精管理とリモートは親和性がバツグンというところにあると言えるでしょう。

冒頭でも少し触れましたが、射精管理はM男へオナニーやセックスの制限に関する命令を与えるだけで直接顔を合わせなくても行う事ができます。また、会わないという事でM男に対して寂しさやもどかしさという精神的被虐を味わわせる事も可能なので、リモートで行うには最適なのです。

さらに射精管理は出来れば毎日行いたいもの。けれど女王様やS女性にとってM男と毎日会うだけの時間を割くのは大変な事。
リモートであれば自宅に限らずどこででも数分から数十分対応するだけで行えるので、毎日でも無理なく管理できるのです。

リモート射精管理の方法

リモートで行うのに最適な射精管理ですが、その方法はいくつかあります。
続いてはリモート射精管理の方法について、実際にリモート射精管理の経験があるM男性の体験談と共に紹介したいと思います。

メッセージでリモート射精管理

pn064_210122_001

『僕は今、SNSで気になった女性にアプローチしてリモート射精管理をして貰っています。その内容は“今日は亀頭だけを10分間しごいてオナニーする事。それでイケたらOK、イケなかったら射精はおあずけ”“今日は竿を5回しごくだけ、イクのは禁止”など、一日一回、オナニーの方法について命令されるというものです。射精禁止されるだけでなく時には“今日は3回イクまでオナニーし続ける事”といった命令を出される事もあります。毎日命令をいただくだけで、僕のチンコの事を考えてもらえているのだなと嬉しくなりますし、女性の命令に従ってオナニーする事でチンコを支配管理されている気分になってとても興奮します。女性とはメッセージのみのやりとりなので命令に背いてもバレないと思いますが、それだと射精管理を受ける意味がありません。会ってももらえずメッセージのみで命令される惨めさ、という事も含めてM男の僕にとっては歓びとなるのです』

『コロナでSM倶楽部にも通いづらくなりました。そういった事もあって懇意にしている倶楽部の女王様からメッセージで射精管理の命令を頂いています。まずは全裸で土下座をしている画像を送り、射精管理調教の懇願を。それを見た女王様が“紐でチンコの根元を縛った状態でしごきなさい”“イキそうになったら止めて氷で締めなさい”といった具合に命令をくださるので、その指示に従いオナニーをします。3回に1回は寸止めのままイカせてもらえず我慢させられる事もあり、次の射精管理懇願までは触れる事も許されないので辛い思いをしますが、これも女王様の愛情だと感じています。コロナ前は月に2,3回は倶楽部に足を運んでいましたが、今は専らメッセージで射精管理。もちろん射精管理も嬉しいですが早くコロナが落ち着いて直に調教を受けたいです』

リモート射精管理の方法としてオーソドックスなのが、メールやLINE、SNSのDMなどの文字メッセージを通じて行うものです。

女王様やS女性はM男性にオナニー方法の指定など、射精管理に関する何かしらの命令を与えるのが一般的。基本的に命令する側は一方的に指示を出すだけなので、手間なく出来る点がメリット。
最近ではコロナで倶楽部通いがしづらくなったMのお客さんと女王様との間で行われる事も多いようです。

命令を遂行している証拠として写真も添付させる女王様やS女性も少なくないので、実践するM男性側は文字だけの命令だからと嘘の命令遂行申告はしないようにしましょう。
たとえ嘘やごまかしがバレない状況でも素直に従うところから信頼関係が築けるはずです。

動画でリモート射精管理

pn064_210122_002

『リモートと言えるか分かりませんが、射精管理ものの動画を見てその動画の中の女性の指示に従って寸止めオナニーなどをするのが好きです。画面に集中してその世界観にのめり込むと本当に射精管理を受けているような気分になって、普通に動画を見てオナニーするよりも何倍も興奮します。僕は今、リアルに調教や管理をしてくれる女性がいないのでそんな僕でも射精管理を受けている気分になれるのがいいなって思います。そういう相手を見つけるのは大変だけど、動画ならパソコンやスマホを見て再生するだけでいいですからね』

『射精管理っていうと普通は何日間オナニーしてはいけないって言われる事が多いと思うけれど、自分の場合は反対で必ず毎日2回、オナニーで射精を命じられる。仕事などの関係でどうしても無理な日があると、その翌日に4回、もしくは翌日と翌々日に3回ずつさせられる事になる。そのオナニーも自己申告ではなく、動画を撮って送信させられるのでごまかしようがない。正直1日1回でも辛い時があるのに2回となると本当にキツくて、“女王様見て…この恥ずかしいドスケベチンポを見て…!”など、自分自身を何とか興奮させて射精をしている』

動画でのリモート射精管理には二通りの方法があるようです。

一つ目は射精管理ものの動画を見て行うセルフ射精管理。動画の女優さんの指示に従いながら自分で射精管理を行うというものです。
この方法は付き合いのある特定の女王様やS女性がいなくても射精管理気分が味わえるというのが最大の魅力と言えそうですね。

そしてもう一つは女王様やS女性からいただいた射精管理指示を動画で撮って報告するというもの。
文字だけの報告に比べてごまかしが利かないので確実に命令を遂行しなければなりません。
また、自分の痴態を動画で撮影するという行為自体で羞恥心や屈辱感を味わえるので、より被虐的な行為に歓ぶM男にとってはやりがいのあるリモート射精管理となりそうですね。

ビデオ通話・ライブチャットでリモート射精管理

pn064_210122_003

『数ヶ月前、SM系のマッチングアプリで知り合ったS女性に主にビデオ通話で射精管理されています。彼女とは1,2回会ったのですが、住まいが少し離れていて頻繁には会えない事もあり、その間は射精管理をして頂く事で少しずつでも主従関係を築き上げていけたらという感じです。基本的に射精は彼女の許可がないと出来ません。僕は毎日その日その日のチンポの状況と射精管理下の感想や思いを電話して伝えるのが日課です。それを聞いて彼女が射精してもいいかどうかの判断をして許可が出ればオナニーさせてもらえるのですが、当然ほぼ許可は下りません。2週間以上射精させてもらえない日が続くと四六時中チンポへ意識がいき、早く射精命令が欲しい、と彼女の事ばかり考えてしまいます。射精したくても許可が出ないと射精できない状況は辛いけれど、チンポと彼女の事で頭の中が支配されている事を実感すると何だか嬉しくなってしまいます。そしてようやく射精を許してもらえて夢中になってチンポを擦る時の快感が溜まりません。数週間も我慢しているので結局すぐに発射してしまうのですが、しばらく射精の余韻で頭も体もボーッとしてしまいます』

『ライブチャットのアプリで射精管理プレイをしてもらっているM男です。素人女性との出会い系みたいなのじゃなくて、チャットパフォーマーの女性とチャットする系のところなので費用はかかるけれど、プロのS女っぽい人も多いので、射精管理プレイでもすごく興奮させてもらえます。リモートのSM倶楽部だと思えば安いかなと思うので、射精管理好きな僕はライブチャットアプリをよく利用しています』

今やリモート作業に欠かせないのがビデオ通話。ビデオで相手の様子を見ながら会話も出来るので、リモート会議や飲み会でも必須のツールとして活用されています。
LINEやSkype、Zoomなどビデオ通話が出来る機能が搭載されているアプリが数多く存在する事からもその重要性が窺われますね。
そしてそれらは当然リモート射精管理にも活用されています。

互いの声と同時に表情が見れる事で実際に会っているのと近い感覚が味わえ興奮度もアップするだけにM男性としてはこの方法での射精管理が最も嬉しいと感じるかもしれません。
ただ、女王様やS女側からすると、こののために化粧をしたり部屋を片付けたりしなければならないのは少し面倒なので、親密なM彼氏やプライベート奴隷として認めている相手となら、と考える女性が多いようです。

しかしながらライブチャットのパフォーマーのように職業としてビデオ通話サービスを提供している人も。
懇意にしている女王様やS女性はいないけれどと表情を見ながらリモート射精管理されたいというM男性はこういったサービスを利用してみてもいいかもしれないですね。

ASMRボイスでリモート射精管理

pn064_210122_004

『ASMRで射精管理を楽しんでいます。射精管理系のお気に入りの作品を見つけてはオナニーの要領で行います。耳から直接頭の奥へとダイレクトに響くような声が堪りません。ASMRなので臨場感があり、本当に耳元で囁かれているような気持ちになります。それだけに実質はただのオナニーでもリアルな射精管理体験が味わえます』

『ASMRをオカズにオナニーするのが好きで、射精管理されるタイプのものをよく聴いていた。でも自分好みじゃないものも少なくないし、お気に入りのものばかり聴いているのも飽きてくる。そこで見つけたのがオリジナルのエロボイスをリクエストできるサイト。自分の好きなシチュエーションを伝えて世界で一つだけの射精管理ASMRボイスを作ってもらい、今はそれで射精管理オナニーに興じている。俺の場合は何人かに依頼して、一番自分の理想に近いシナリオやセリフを作ってくれた人に定期的に作ってもらっている。依頼する相手によってはシナリオやセリフにセンスのない人もいるので、もし依頼相手で失敗したくない場合は、それを専門に作ってくれる人を探してシナリオやセリフを作ってもらった上で好みの声の人に依頼するとほぼ理想通りのものが出来上がると思う』

数年前から人気が出始めたASMRボイスを活用してリモート射精管理を楽しむというM男性も少なくありません。

ASMRとは人が聴覚への刺激で感じる脳がゾワゾワする感覚の事をいいます。ASMRという言葉が話題になり始めた頃は咀嚼音の動画が人気でしたが、今ではASMRで淫語責めや言葉責めを楽しむというM男性が後を絶ちません。

特に耳元で直接囁かれているような感覚になれるのが魅力という事で、ASMRのエロサイトでは射精管理のシチュエーションが人気。ASMRマニアなM男性は射精管理のシチュエーションで実際管理されているような気分に耽りながらオナニーをします。

厳密に言えば動画を見ながらのセルフ射精管理と同様、リモート射精管理を模したオナニーとなるかもしれませねんが、中には公開されている射精管理のASMRボイスでは物足りず、好みの声でセリフを喋ってくれる相手を探すサイトで気になる女性を見つけて射精管理のシチュエーションでオリジナルのASMR作品を作ってもらうというM男性もいるようなので、ここまでいけばニュータイプのリモート射精管理と言えそうです。

リモート射精管理でSMプレイの可能性を広げよう!

リモート射精管理について、その方法などを詳しく解説させていただきました。

去年に引き続き今年もまだ自粛ムードやステイホーム生活が続く事が予想されるだけに、なかなかお慕いしている女王様に会えない、S女のパートナー探しも難航しているという人も少なくないかもしれません。

それでもやっぱり少しでも女王様やS女性の存在を感じたい、というM男性はリモート射精管理をリクエストしてみてはいかがでしょうか。
今まで経験がなかった人は新たな世界が広がるかもしれません!

Posted by mazotown