▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

ボンデージやレザーマニアのM男は何を求める?初心者でもわかるMの性癖説明

M初心者向け

ボンデージやレザーに身を包んだ女王様って格好良いですよね。
テカテカと光沢のある衣装に身を包み、毅然とM男性の前に佇むその姿はまさにミストレスそのもの。
近年では様々なデザインが出ていて、ボンデージ、レザーフェチの皆さまにとっては嬉しい限りではないでしょうか。
ところでこのボンデージやレザー、国内に普及し始めたのは1990年代前半なんです。
それまで国内では、こっそり密かにカストリ雑誌で特集が組まれる程度だったのですが…
1990年代以降のボンデージブームを契機に、ラバーを使用した様々なデザインの衣服が販売されるようになり、それを機にラバー、ボンデージ、レザーフェチの存在がより広く認められるようになり、それに伴って息をひそめるように過ごしていたボンデージ、レザーフェチのM男性達にとって過ごしやすい時代になって来ました。

そんな国内では歴史の浅いボンデージ、レザーですが、イギリス・ドイツ・アメリカでは60年代からフェティシズムとして認められて来ていました。
つまり世界では、それだけの根強い人気がある、魅力的な存在として認められて来たのです。
では、ボンデージ、レザーマニアであるM男性達はこれらのどういうところに魅力を感じているのでしょう?
また、どういうプレイに興奮するのでしょうか?
当事者でないと中々分からない未知の領域ですが、今回ボンデージ、レザーフェチのM男性達にインタビューを行い、その魅力をまとめてみました。
果たしてどんな魅力があるのでしょう、気になるところですよね。
それでは早速、一緒に見て行きましょう。

①ボンデージ、レザーフェチのM男性達。その生態

ではそもそも、ボンデージやレザーのどの部分に魅力を感じるのか?
あるM男性の目覚めについて聞いてみました。

「幼少期、近所のお姉さんから雨合羽を着せてもらった事がある。顔がすっぽり覆われるタイプだったんだ。被ってみると彼女の着た後のぬくもりが残っていてね、しかも顔にビニールの部分が当たってるから、お姉さんとの間接キスのようで…空気もこもるからね、あれで密閉されることと、ゴム製の雨合羽の感触のフェチに目覚めたんじゃないかな。というか、そうとしか思えないな。」

彼は、自分自身がラバースーツに身を包むことも好きだったのですが、SMクラブに通い詰める内に、ボンデージ(ラバー製)に身を包んだ女王様や、レザージャケットに身を包んでいる女王様に虐げられることに悦びを感じ始めました。
また、別の男性はボンデージやレザーの魅力についてこう語ります。

「ボディラインが強調されているところが魅力的なのは言うまでもないとして、あの素材がピッチリと身体に密着している感じがたまらない。締め付けているのではないかと思う程。
普通の服と違ってアリ一匹入る隙すらない。」
「ボンデージスーツを着ている時、支配的な雰囲気でまさに女王様!という雰囲気だが、特に良いと思うのは同一素材のブーツを履いている時。蒸れた体臭も、ブーツの中の蒸れた空気も非常にかぐわしい。」
「レザーはレザーで、あのなめした独特の光沢が無機質でとても魅力を感じる。体温の伝わり方も普通の服とは違うし唯一無二だ。」

熱く語って頂きましたが、ではそんなボンデージやレザーフェチのM男性の方々は、女王様とどんなプレイをなさってるんでしょうか?

②どんなプレイが好きなの?

ボンデージスーツを身に纏った女王様は、先の男性も言っていたように、いかにも女王様!という支配的な雰囲気を漂わせています。
SMと縁のない方々も、女王様といえばボンデージを着て鞭を振るうというイメージが浮かびがちです。
そしてそのイメージは正しく、ボンデージスーツを着た女王様に鞭うたれるのが好きなボンデージフェチのM男性は後を絶ちません。

ボンデージスーツにこだわるM男性は、普通のM男性よりもより支配的に扱われることを望みます。
その為、より痛めつけられることに抵抗のないM男性が多いのです。
鞭で背中が裂けるまで鞭打たれたり、画びょうをプス、プス、とゆっくり刺されたり。結構過激です。

無論それだけではなく、ボンデージやレザーそのものに対するフェチもありますので、女王様がボンデージ姿のままM男性の顔面に馬乗りになったりします。
M男性は、息苦しいながらも必死で呼吸をしようとして、女王様のボンデージやレザーから微かに香る淫臭を一生懸命吸い取って興奮するのですが、女王様がそうして興奮しているM男性を見逃すはずもなく、「ちょっと、何興奮してるのよ。この変態!」とお仕置きをするんです。

また、蒸れたレザーブーツやラバーブーツの匂いを嗅ぐのが大好きというM男性も居ます。
そういった男性達は、女王様の要望を聞いてその見返りとしてブーツの香りを味わいます。
要望としては、鞭打ちに堪えることや、洗っていない足の指を丁寧に一本ずつ舐めるなどです。
ご褒美としてブーツを与えられたら思いっきり胸中に吸い込んで味わって、その後は女王様のブーツに香りを嗅ぎながらオナニーします。
勿論、勝手にイク事は許されません。
女王様が「仕方ないわね、このオス豚。イッても良いわよ」と言うまでイケないのです。

射精管理と併せてラバープレイをする女王様も居ます、その場合は限界まで蒸らしたブーツをM男性に与えてとことんM男性を興奮させてから、射精させます。

③多種多様なボンデージ

安物のボンデージって縫製が甘くて光り方が安っぽかったり、そもそも匂いがどうにも臭かったりするのですが、きちんとしたラバーやレザーを使ったボンデージならばその心配はありません。
高級感のある光り方をしていますし、耐久性も安物とは比較にならないので長く使う事が出来ます。

ボンデージのデザインについては様々で、レザーで圧迫した乳房をわざと露出させるもの、腰の部分で搾り上げてコルセットのようにして着用するものなど様々です。
背後がランジェリーのようにレース状になっているものや、スカートタイプ、ミニスカツーピースタイプ、ビスチェスカート付きコルセットタイプのボンデージも販売されています。
変わり種としては、レザーの紐を2本首に結い、乳首を通るようにして股のあたりで結ぶボンデージ。(ここまで行くと、ボンデージと言っていいのか怪しいですが、分類的にはボンデージになるとのこと。)
キャットスーツも販売されていますが、海外製のものが多く、購入する際は1サイズ下のものを選ぶと良いでしょう。

一番重要なのは、女王様の好みも勿論大事なのですが、M男性がどういうデザインのボンデージを望んでいるのかきちんとヒアリングしてから購入すること。
ボンデージ・レザーファンのM男性は非常に強いこだわりを持っている人たちが多いので、期待外れのボンデージを準備してしまうと一瞬で熱が冷めてしまう事があります。
その反面、きちんと要望をヒアリングして応えればM性を発揮しますし、二人とも楽しむことが出来ます。

④おわりに

いかがでしたでしょうか?
ボンデージやレザーフェチのM男性が何を求めているか、またどんなボンデージがあるのかさらっと紹介しました。
これらのM男性達は、女王様とのセックスをご褒美と思う人は少なく、むしろ不要とすら思う人もいる位なんです。
その分レザーやラバーへの情熱は半端ではなく、それだけにきちんと自分の欲求を満たしてくれる女王様には深い忠誠心を以て従います。
こだわる余りSMクラブを転々とするM男性も居る位ですが、そういうM男性の心を掌握出来たなら、それこそ一生をかけて女王様の奴隷となるでしょう。
ですので、こういうフェチのM男性達のニーズを正しく把握して、きちんと調教してあげるのが女王様達の役目と言えましょう。

Posted by mazotown