S女性が抱いているM男性像!リアルと理想!

M初心者向け

S女性が抱いているM男性像!リアルと理想!

preface

まだSMプレイが未経験だったり経験が少ないといったS女性の方は「M男ってこういう感じの男」や「M男はこうであってほしい」というイメージがあるのではないでしょうか。

しかし実際のところはそういった脳内のイメージとのギャップがある場合も少なくありません。
特にSM調教未経験の女性はプレイになった時に「思ってたのと違う…」となってテンションが下がってしまわないためにも知っておいた方がいいかと思います。
ただ虐げたり罵ったりするだけがSMではありません。
相手の心理を知っておけばその心理さえもコントロールすることができるようになります。

ということでこの記事ではM男というのは実際にはどんな生き物かということを掘り下げていきたいと思います。

①M男は痛いのが好き

ouch

SMというと叩いたり鞭で打ったりロウソクを垂らしたりなどのイメージがあるS女性の方も多いのではないでしょうか。
確かにSMの一般的なイメージというのは黒のエナメルを着た女王様がいて…といったそういった感じですね。
SM好き=痛いのが好きというのは本当なのでしょうか。

【実際のところは】

しかし全てのM男がそういうわけではありません。
実際は痛いの嫌いだというM男もいます。
縛られるのはいいけど痛いのは嫌という人や痛い系以外であればOKという人などSMの中でも好みや棲み分けが存在します

【そんな相手におすすめなプレイ】

痛い系がNGなM男にもできるプレイはたくさんあります。
一例を挙げると

・拘束や目隠し
・射精管理
・オナニー観察
・首輪
・言葉責め
・乳首責め

といった感じでしょうか。
肉体的に痛いのがダメならば精神的に痛めつけてやりましょう。
肉体的にも精神的にもダメな場合はそもそもSMプレイにならないのでM男ではないと言えるでしょう。

②M男はなんでも命令を聞いてくれる

order

M男はなんでも命令を聞いてくれるとか命令されると喜ぶと思ってしまうかもしれません。
SMという主従関係の中では命令に逆らうなんてありえない!と思うかもしれません。
確かにAVなどではM男が要求を拒否するといったシーンはありません。
本当のところはどうなんでしょうか。

【実際のところは】

事前にやりたいプレイなどをじっくりすり合わせているのであればM男は基本的には命令には従ってくれます。
しかしそこまで詳しくやり取りしていない場合などはM男でもやりたくないプレイがあったりします。
例えば剃毛プレイをいきなりやろうとしても心の準備が出来ていなかったりとか、スパンキングは痕が残るから嫌とか必ずしも命令に従ってくれるというわけではありません。
強く拒否されるわけではありませんが「それはちょっと…」となりプレイのテンションが微妙になってしまったりもします。

【そんな相手におすすめなプレイ】

おすすめのプレイというよりは事前にどんなプレイがやりたいか、どんなプレイがやりたくないかをしっかりと把握しておきましょう。
何もかもダメではSMにならないので初心者M男であれば目隠しや拘束あたりがおすすめといえばおすすめです。

③M男はとにかく虐げれば喜ぶ

oppress

M男は虐げれば虐げるほど喜ぶと思いがちです。
痛みからの痛み、痛みからの苦しみなどとにかく肉体的にも精神的にも痛めつけて上げれば興奮して命令に従ってくれるというイメージを持っているS女性の方もいるかもしれません。
とにかくM男の苦しい顔が見たい女王様にとっては最高かもしれませんが実際はどうでしょうか。

【実際のところは】

痛みや苦しみの一辺倒ではなかなかM男の心を掴んで従順なペットに育て上げることは難しいです。
命令を聞いて苦しみに耐えてくれた後はしっかり褒めてあげることが大切
アメとムチの関係ですね。
ちゃんと褒めてあげることでM男側にも女性に喜んでもらえているという快感が生まれ「もっともっとこの人を喜ばせたい」と思ってくれるようになります。

【そんな相手におすすめなプレイ】

アメとムチということでは

・焦らしプレイ
・射精管理
・スパンキング
・鞭打ち
・豚鼻責め
・ロウソク責め

こういったちょっとした苦しみを伴うプレイの後は特にしっかり褒めてあげることが大事です。

④M男はとにか拘束してやればいい

cuffs

M男はSMだしとりあえず拘束してやればいいと思っているS女性の方もいるかもしれません。
確かにSMというと拘束は付き物でAVとかでも両手両足を拘束されて転がっている光景をよく見かけます。
掲示板の募集でも「拘束されたいです」とかの書き込みはよく目にします。
本当のところはどうなのでしょうか。

【実際のところは】

実際は拘束を嫌がるM男も少なからずいます。
完全に拒否!という人は少ないかもしれませんが、手はいいけど足はちょっと…や目隠しはいいけど拘束はNGといったM男もいます
M男を自称するんだったらそのぐらいわがまま言うなって感じかもしれませんが仕方ありません。
無理やり拘束して相手が恐怖を感じてしまっては興奮どころかプレイにならないので注意しましょう。

【そんな相手におすすめなプレイ】

もし拘束が自体が完全にNGだったとしても様々なプレイをすることができます。
逆に拘束を絶対に必要とするプレイというのは少ないので拘束さえしなければ全てのプレイが可能ということになります。

・踏み付け
・足舐め
・スパンキング
・顔面騎乗
・豚鼻責め

などでM男を醜く這いつくばらせてあげましょう。

⑤M男はみんなガチでM男

m

「僕はM男です」って言われると普通は疑いもなく「そうなんだ」と思ってしまいます。
例えば掲示板サイトでわざわざそんな風に投稿しているのであればやっぱり信じてしまいますよね。
しかし実際はそんな自称M男はみんながみんな本当にM男だとは限らないんです。

【実際のところは】

セックスしたいという考えだけでM男性のフリをしているという男性もいます。
通称「エゴマゾ」
SMというのはM男とS女性の主従関係によって成り立っています。
S女性はM男に対して自分のS願望を叶え、M男はS女性相手に自分のM願望を叶えるという関係です。
ところがこうしたエゴマゾにはこういった考えはなく、ただ自分が気持ちよくなりたいだけの男です。
「こういうキャラをやっていればセックスができる」と思っているだけで調教を受けるという気はほとんどありません。

掲示板で募集しているM男の中にはこういった勘違いM男も紛れているので注意しましょう。

【そんな相手におすすめなプレイ】

そういうM男はもはやM男ではないのでSM調教プレイをしたいのであれば相手にしないというのがベストです!

⑥M男は普段からおとなしい

shy

ちょっとプレイからは外れますが、M男というと物静かであまり物言わないと思いがちの女性もいるかもしれません。
確かにM男というとオドオドしていて弱気で自己主張があまり感じられないといったイメージ通りの人も多いです。
しかしそうでない場合も意外に結構あるんです。

【実際のところは】

実際はM男のイメージと程遠く「え?この人Mなの?」って人もいます。
よく喋ったり自己顕示欲も強かったりノリが良かったりなど全然M男っぽくないですよね。
しかしそういった人がプレイになると実はドMということもよくあります。
ということから、性癖はあくまでも性癖であり性格とは別ということになります。

逆にすごく大人しくて優しくて物静かな人がプレイではドSというケースもよくあります。
性格は性癖を見極める一つの指針にはなりますが絶対にそうというわけではありません。

【そんな相手におすすめなプレイ】

そういった隠れM男はハードなプレイを求める傾向がある気がします(独断)
もっとハードなのもあるとは思いますがざっとこんな感じでしょうか。

・緊縛
・鞭打ち
・ボールギャグ
・剃毛
・針責め
・浣腸
・金蹴り
・スカトロ

などのプレイを提案してみるのも面白いかもしれません。
安全性だけは十分考慮してSMとはいってもケガがないように気を付けましょう。

まとめ

conclusion

ということでS女性に贈るM男の理想と現実でした。

M男といっても色々なタイプのM男がいるのでそれぞれに合わせたプレイが必要だということですね。
SMは痛みや苦しみを伴うプレイもあるのでコミュニケーションは普通のプレイ以上に大切です。
自分ではM男と言ってるくせにわがままなM男もいるので気を付けましょう!

同じ趣向のユーザーが利用しているサイト


shinamon

忠実なM男がみつけやすいSM初心者のためのマッチングサイト。
ポイント制であるため、冷やかし半分の男性がいないので安心!
S女として経験を積むならここでパートナー探しがオススメです。

⇒【のぞいて見る】

Posted by mazotown