▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

M性感風俗ってどんなお店?

M初心者向け

『エッチな言葉で責められたい』
『淫乱痴女に襲われたい』
『精液を搾り尽くされるまで犯されたい』

M男性なら誰もがこんな願望を秘めていると思います。

とはいえ、プライベートで痴女と知り合う機会はないし、ノーマルな彼女にお願いしてもドン引きされそうだし、という事で願望止まりになっている人は多いもの。

このようにM的欲求を燻らせている方々の願望を満たしてくれるのがM性感風俗。実際に利用した事がない人でも気になっている人は少なくないのではないでしょうか。

今回はそんなM性感風俗について、どのようなシステムなのか、どういったサービスがあるのかなど、気になるポイントや疑問について詳しく解説していきたいと思います。

M性感風俗ってどんなお店?

pn064_210604_001

自分はMだと自覚している男性であれば一度は“M性感”という言葉を見聞きした事があると思います。その言葉からエッチな女性からセクハラや性的イタズラを受けるイメージを思い浮かべる人も多いですよね。
M性感風俗はそのイメージ通り、女性からのセクハラや性的イタズラを受けられるお店です。

そんなM性感風俗の最大の特徴は男性が受け身になって女性主体で責められるといったところにあります。
基本的に風俗というと男性が責める側になる事が多く、女性を組み敷きたい男性の欲求を満たすサービスとなっているのがほとんど。
ですが女性に責められる事で興奮や歓びを覚えるM男性の場合、一般的な風俗では射精という形で性欲を解消する事は出来ても性癖を満たす事はできないですよね。
また、中にはMではないけれど自分で動くのは面倒だから女性に全て委ねて気持ちよさだけ味わいたいという男性もいるでしょう。
M性感風俗はまさにこういった受け身でありたい男性の欲求を満たすサービスを行ってくれるお店なのです。

M性感風俗で受けられるサービスは?

pn064_210604_002

M性感風俗について簡単に説明したところで、どんなサービスが受けられるのかも気になるポイントですよね。
続いてはM性感風俗で受けられるサービスについて、主なものをまとめてみました。

淫語責め

“もうオチンチンこんなに硬くなっちゃっていやらしいね”“ほら、たくさん我慢汁が溢れてきたよ?”“ココ、どうしてほしいの?”

こんな言葉を耳元で囁かれたら…M男性なら興奮しないはずがないですよね。
M性感にとって淫語責めはなくてはならないもの。淫語責めがなければM性感とは言えない、という人も少なくありません。
なので当然M性感風俗ではこのような淫語責めはほぼ確実に行ってもらえるサービスで、淫語責めが上手な痴女さんほど人気があるというお店も珍しくないようです。

全身リップ

全身リップとは言葉通り、男性の全身を唇や舌を使って舐めて愛撫を行う事です。

耳元や首筋、乳首に脇腹、内股など、敏感な箇所へ女性の舌や唇が這い、徐々に性感へと導かれていく…というのは男性が受け身だからこそ楽しめるプレイです。
経験豊富な痴女さんなら男性のちょっとした反応で特に敏感な場所を探って重点的に責めてくれるでしょう。

手コキ(焦らし責め)

同じ手でチンコを扱くにしても、自分でするのと女性にしてもらうのとでは精神的な快感は雲泥の差ですよね。特にM性感風俗の女性は手コキテクニックに長けているので、手の動きにバリエーションを持たせながら絶妙な刺激を与えてくれます。
しかもただ手コキで射精させるだけでなく、絶頂の手前で寸止めして焦らされたら…思わず情けない声で射精の懇願をしてしまうのではないでしょうか。
このように、射精直前のもどかしい快感を長く堪能できるのもM性感ならではのプレイと言えます。

くすぐり責め

くすぐったい刺激は最初こそ違和感を覚えますが慣れてくると快感に変わってくるもの。
指先で触れるか触れないかのフェザータッチで敏感な箇所を愛撫されて身悶えながら耐えるのもM男性にとっては歓びとなり得るでしょう。

また、くすぐるという行為には感度を高める効果があるので、くすぐり責めに耐えきった頃には全身性感帯のように敏感になってしまう、という人も少なくありません。

乳首責め

男性の性感帯というとチンコを第一に思い浮かべる人がほとんどですよね。乳首なんて女性しか気持ちよくないんじゃないの?と思っている人も少なくないと思います。

けれど、男性の乳首だって開発次第で充分に性感帯となり得ますし、一度乳首の快感に目覚めるとチンコより乳首を弄る方が気持ちいいと感じる人がいるほど。それだけ男性の乳首には未知なる可能性が秘められているのです。

M性感ではそんな乳首の快感を引き出す乳首責めも行ってもらえます。最初は違和感がつきまとうかもしれませんが、未知なる性感に興味のある人はお願いしてみるといいでしょう。

玩具責め

指や唇、舌を使った愛撫も嫌いじゃないけれど、もっと強い刺激が欲しいという男性も多いと思います。
そんな人には玩具責めがおすすめ。M性感では玩具を使った責めもよく行われるプレイの一つです。

玩具責めのメリットはとにかく強烈な刺激をノンストップで体感できるという点。指や唇、舌での愛撫で得られる性感には限界があると感じる方はアダルト玩具という文明の利器を使ってとことん責め抜いてもらいましょう。

拘束・目隠しプレイ

女性から無理矢理犯される気分を味わいたいという人もM男性の中にはたくさんいますよね。また、自由を封じられた上で強制的に責められる事で開花しやすくなる性感もあります。
さらに目隠しをされる事で、皮膚の感度が高くなり体が敏感になりやすいという効果も。

M性感風俗では拘束や目隠しも基本のプレイとして取り入れられている事がほとんどなので、無理矢理感を味わいたい人や感度を高めたい人、強制的に責められて新たな性感に目覚めたい人はお願いしてみましょう。

顔面騎乗

顔の上に女性が跨がり座る顔面騎乗はご褒美だと感じるM男性も少なくないはずです。
文字通り女性の尻に敷かれる屈辱が歓びになるのはもちろんですが、それ以外にも息苦しさが快感になったり、呼吸をするたびに女性器周辺の群れた香りを鼻腔で味わえるというッ魅力があります。

M性感風俗では基本的に下着越しの顔面騎乗となる場合が一般的ですが、オプションなど特別料金を払う事で直の顔面騎乗をしてくれるお店もあるので直に拘る方は調べたり問い合わせてみるといいでしょう。

前立腺マッサージ

アナル性感に興味のあるM男性は多いですよね。とはいえ自分でアナル性感を開花させるのは至難の業。できれば知識やテクニックのある女性に開発してもらえるのが一番ではないでしょうか。

M性感風俗では前立腺マッサージによるアナル性感をサービスとして取り入れているところも多く、M性感のお店でドライオーガズムやトコロテンを覚えたという人も珍しくありません。

ただし、いくら知識やテクニックのある女性がいるからといって一度のプレイで開花できるとは言えません。何度か通いながらアナル性感を引き出してもらいましょう。
また、本格的に開発されたい場合はアナル性感コースを取り入れているお店もたくさんあるので、そういったサービスを提供しているお店を探すといいですね。

その他

上で紹介した内容以外にもM性感風俗で可能なプレイはたくさんあります。
例えば、

・女装
・3P
・男の潮吹き
・聖水
・フェチプレイ

など。
もしお店のホームページなどを見ても自分の性癖に合うプレイが載っていないという場合でも、その内容によっては対応してくれるお店も少なくありません。

・肉体的にも精神的にも女性の負担が少ない
・プレイで使ってほしい物が必須な場合、自分で用意できる

こういった条件がクリア出来るなら多少マニアックなプレイ内容でも応えてもらえる可能性は高いので、諦めずに問い合わせてみるといいでしょう。

知っておきたいM性感風俗のシステム

pn064_210604_003

M性感風俗で受けられるサービスを紹介したところで、そもそもどうやって利用すればいいのかがよく分からないという人もいると思います。

続いてはM性感風俗のシステムについて解説したいと思います。

M性感風俗には店舗型・ホテヘル型・出張型がある

まず知っておきたいのはM性感風俗には店舗型・ホテヘル型・出張型の3つに大きく分けられるという事です。

店舗型はそのお店自体にプレイルームがあり、フロントで受付を済ませたらそのまま店内のプレイルームに案内されるというシステムです。
ホテヘル型はマンションやビルなどの一室に設けられた事務所で受付だけを済ませ、その後指名した女性と一緒にホテルへ行きサービスを受けるというものになります。
出張型はお客さんの自宅や宿泊しているホテルへ女性が来てくれるというもので、基本的には電話で派遣のお願いをするという形です。

一概にどれがいいとは言えませんが、店内にプレイルームがある店舗型はしっかりと看板も出しているので何となく安心感があるのではないでしょうか。ただ、他のお客さんに声が聞こえてしまいそうという心配がないわけではありません。
一方ホテヘル型や出張型は女性と完全に二人きりになれるシステムなのでプレイに没頭出来るというメリットがあります。

M性感風俗を利用するまでの一連の流れ

M性感風俗の営業形態について詳しく説明したところで、続いては実際に利用するまでの流れを解説させていただきます。

まずはネットなどでお目当てのお店を探すところから始めましょう。基準は自分好みの女性がいるところでも、希望のプレイを叶えてくれそうなところでも構いません。貴方の好みにピッタリ合うお店や女性を探すといいでしょう。

お店が見つかったらまずはお店へ予約の連絡をします。電話での予約が一般的ですが、店舗型やホテヘル型ではホームページ内に予約フォームが設定されているお店もあるのでそれを利用してみてもいいでしょう。
予約の際には希望の日時と指名したい女性がいる場合、その名前も伝えましょう。
ただし女性を指名する場合は女性のスケジュールもあるので希望通りに予約が取れない可能性もあります。どうしても女性を妥協したくない場合は日時を変える他ありませんが、他の女性でも構わないなら自分の都合を優先しても構わないでしょう。
女性のスケジュールが空いていれば即日の予約でも問題なく受け付けてもらえるので、思い立ったら吉日で問い合わせしてみるのもアリですね。

出張型の場合は直前に折り返し確認の連絡が入るので、その電話を受けた時点で女性が派遣される流れとなります。女性がやってくるまで指定した自宅やホテルで待っていましょう。
女性がやってきたら料金を支払ってプレイのスタートです。

店舗型やデリヘル型の場合は、予約をした日時にお店や受付事務所へ行きます。
特にデリヘル型では事務所の場所が明記されていない事も多いですがスタッフが説明してくれるので指示通りに向かいましょう。もし途中で分からなくなっても親切なお店だと迎えに来てくれる事もあるので、再度電話で問い合わせるといいでしょう。

お店や事務所に着いたらコースや女の子を決めて料金を支払います。店舗型ならそのままプレイルームに案内されますし、デリヘル型の場合はスタッフに指示された場所で待ち合わせて近くのホテルへ行くという流れになります。

ちなみに料金形態は60分15,000~18,000円辺りが相場。アナル開発など専門的な分野に長けているお店では20,000円を超えるところもあるので、自身の性癖や懐事情と相談しながらお店選びの参考にしてもいいですね。

M性感風俗とSM倶楽部の違い

pn064_210604_004

ところでM男性をターゲットにした風俗にはM性感風俗の他にもSM倶楽部があります。
女性から責められるという点でも類似する部分はありますが、具体的にどういった違いがあるか分からないという人も多いのではないでしょうか。

M性感風俗とSM倶楽部において、大きな違いは以下の2点です。

・苦痛を伴うプレイの有無
・女性の服装

SM倶楽部というと鞭やロウソクなどを使って苦痛を味わわされたり、乱暴な口調で罵倒されて蹴られたりといったプレイをイメージする人も多いですよね。
実際にSM倶楽部ではたとえ初心者であっても苦痛を伴うプレイが組み込まれる場合がほとんどです。もちろん初心者相手に流血するほど痛めつけたりする事はありませんが、何かしらの苦痛責めが行われるのが一般的です。

一方、M性感風は痛い事ナシで気持ちイイ事だけ楽しむのがM性感風俗のコンセプトなので苦痛を伴うプレイは一切ありません。
くすぐり責めのような刺激が強すぎてちょっと辛い、といったプレイは存在しますが、これはその先にある性的快感に導くためのものであり苦痛とは別物です。

“痛い事は絶対に嫌だけど、Mっぽくエッチに責められたい”

M性感風俗はまさにこういったタイプのM男性に相応しいお店と言えるでしょう。

また、もう一つの大きな違いとして女性の服装があります。

男性からの希望でコスプレを選んだ場合はその限りではありませんが、SM倶楽部では女性はボンデージを着ている場合がほとんどです。それに対しM性感風俗では基本的に下着姿でプレイをします。
そして、SM倶楽部ではその衣装を脱ぐ事はありませんが、M性感ではオプションで半裸、もしくは全裸でプレイを行ってくれるお店もあります。

SM倶楽部では女性の立場が圧倒的に上、M性感では女性の役割がSだなけで立場は同等といった事が言えるかもしれませんね。

ただし、最近はSM倶楽部とM性感が一体化しているお店も少なくありません。M性感とうたっていてもSM倶楽部同様のサービスが用意されている事もあるので、その場合は事前に痛い事は一切ナシのM性感のみをお願いしておけば苦痛プレイを味わわされる事はないはずです。

M性感風俗で気をつけるべき事は?

Exclamation Mark Speech Bubble Isolated On Yellow

M性感風俗とSM倶楽部との違いが分かったところで、苦痛を伴うプレイがないならますます行ってみたいと興味を持たれた人も多いのではないでしょうか。

そこで続いては、実際にM性感風俗へ行く際に気をつけておきたい事をお伝えしたいと思います。

男性からのタッチやキスはNG

M性感風俗は苦痛的なプレイはありませんが、基本的に女性から責めるスタンスには違いありません。なので多くのお店では男性からのタッチやキスはNGとされています。

どうしても興奮してくると男性からも触ってみたくなるかもしれませんが、あくまでも男性側は受け身であるという事を忘れず、女性から与えられる快感だけを享受しましょう。

信頼できるお店を選ぶ

M性感風俗のみならず性風俗全般に言える事ですが、風俗って何となく怖い人が出てきそう、ぼったくられそうなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。それがネックで利用出来ないという人もいると思います。

こういったお店の大多数は安心安全に利用できますが、やっぱり一度も利用した事がなければ心配になるのは当然ですよね。そこで大切なのが確実に信頼できるお店を選ぶ事です。

信頼できるお店選びのポイントは長年営業しているかどうか。
やはり今はネットの時代なので悪い噂はすぐに広まります。評判の悪いお店は簡単に経営が立ちゆかなくなりすぐに消えてしまうでしょう。
逆に言えば長年営業しているお店はそれだけ評価が高く、たくさんの人々に支持されているという事。
こういった理由から老舗店を選ぶのが得策と言えるでしょう。
その他にも風俗のポータルサイトや雑誌などに載っているお店もある程度信頼できます。

逆に注意すべきなのが女性の客引きやSNSでの個人的な勧誘。一見魅力的ですが怪しいお店に連れ込まれる可能性も高いので基本的に話に乗らないのが賢明です。

M性感風俗を最大限に楽しむコツ

Our bed is short

せっかくM性感風俗を利用するからにはより気持ちよくなりたいものですよね。
最後はM性感風俗を最大限に楽しむコツを紹介したいと思います。

感じるままに声を出す

気持ちイイと思わず声が出てしまいそうになるけれど恥ずかしいから我慢する、という人は結構多いと思います。けれどこれはM性感の良さを半減させてしまう行為でもあるのです。
というのも、声を我慢してしまうと自然と体に力が入ってしまいます。身構えた状態になるので感度が低下して感じづらくなってしまうのです。

逆に感じるままに声を出す事で自然と体の力が抜けてリラックスした状態になるので、与えられる性感も素直に受け入れる事ができるようになります。

また、声を出すと淫乱になった気分になれるという男性も少なくありません。

“僕は性に貪欲で夢中で喘ぎながら快楽を欲しがる淫乱野郎”

といった感じで声を出す事により自己暗示がかかり、自ら積極的に快楽を求めていくようになるという心理的効果もあります。

こういった事から、M性感風俗では恥ずかしがらずに感じるままに声を出す事をおすすめします。

希望を具体的に伝える

先で紹介したようにM性感風俗では様々なサービスがあります。
どれも魅力的ですが個人的に好みの有無はありますし、やはり関心の薄いものは快感にも結びつきづらいものです。

そこで、自分の希望を具体的に伝えておく事で、より理想に近い性感サービスを受けられるようになります。

M性感風俗ではプレイの前に問診票を書いたり、カウンセリングを受けたりする時間を設けてくれているお店もあるので、具体的な希望はその時に伝えるようにしましょう。

その場で考えをまとめる自信がない人は、事前に理想的なプレイを紙に書いておいて、持参するのもアリですね。

M性感風俗で究極の快楽を堪能しよう!

M性感風俗について詳しく紹介させていただきました。前々から興味はあった方はますます利用してみたくなったのではないでしょうか。

M性感風俗にはM男性の理想が詰まっています。エッチなお姉さんにその身を委ねて快楽の境地を味わってみてはいかがでしょうか。
新たな性感の開花にも繋がるかもしれません!


アロマな快楽天国

→[PR]次へ:プライベートでM性感を受ける

Posted by mazotown