▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

M男向けの貞操帯

M初心者向け

女王様による貞操管理や射精管理というのはM男性にとって憧れのプレイではないでしょうか。
セックスはもちろんの事オナニーさえも許されず、一切の射精を女王様に委ねるというのは服従支配を望むM男性にとってありがたいシチュエーションですよね。

そんな貞操管理に欠かせないものと言えば貞操帯。アダルト玩具やSMグッズを取り扱うサイトを覗けば数多くのラインナップが取り揃えられています。
それだけに使ってみたいけれどどういったものを選ぶのがベストなのか迷ってしまう、という人も多いでしょう。

今回は貞操管理のマストアイテムである貞操帯について、その種類や選び方などをまとめてみました。

貞操管理に憧れているM男性や女王様は必見です!

貞操帯は目に見える主従関係の証

貞操帯を紹介するにあたり、まずは射精管理において貞操帯の必要性から考えてみたいと思います。

結論から言うと貞操帯がなくても射精管理や貞操管理は可能。貞操帯は必ずしも必要というわけではありません。

というのも、射精は自分の意志で我慢する事が出来ます。オナニーやセックスはしない、という強い気持ちさえあれば射精する事はありませんよね。
もちろん夢精のように不可抗力な射精はありますが、これに関しては貞操帯を装着していても起きる事なので、貞操帯はあくまで自発的な射精を封じるものなのです。

それだけに中にはあえて貞操帯は装着させずに貞操管理を行う女王様も少なくありません。
やろうと思えばいつでもセックスやオナニーが出来る状況なのに女王様の命令だから触れられないというのはヘビの生殺しのようでとても辛い状況です。ある意味貞操帯を装着されて強制的に触れられないようにされた方がマシだと思うM男性も多いでしょう。

こういった事から射精管理において貞操帯を装着させてもらえるという事はある意味女王様の優しさと言えるかもしれません。

また、貞操帯を装着していると一目で貞操管理されていると分かります。
トイレで用を足す時やお風呂に入る時など、自身の股間を見るたびに貞操帯の存在を実感する事で女王様に管理していただいているという歓びを得られるというM男性もたくさんいるはずです。

このように、女王様との主従関係が目に見える形で分かるところに貞操帯を装着する、させる醍醐味があるとも言えるのです。

以上を踏まえ、

・自力で禁欲出来る自信がない
・貞操管理の証が目に見える形で欲しい

こんなタイプのM男性は貞操帯を用いた射精管理をオススメします。

貞操帯の種類とその使い方

貞操帯の必要性を簡単に説明したところでいよいよ貞操帯の種類とその使い方についてまとめてみました。

鍵をかけられ管理されるのが基本

貞操帯の基本的な使い方はただ装着するだけではなく、鍵をかけられ管理される事が基本となります。

どれくらいの期間施錠するかなどは女王様との取り決めによって違ってきますが、貞操帯の鍵は女王様に管理を委ねるのが一般的です。
女王様による貞操管理なのに自分で自由に装着出来るでは管理の意味をなさないだけに当然と言えば当然と言えるでしょう。

もしセルフで貞操管理を行う場合は簡単に取り出せないように大型家具と壁の隙間に入れてしまうなど工夫をするといいでしょう。
便利アイテムとして、タイマーでロックされるコンテナがあるのでそういったものを活用するのも一つの方法です。

貞操帯の種類は主に3つに分けられる

また、貞操帯はその素材によって大きく3つの種類に分けられます。一つ目は革製、二つ目はプラスチック製、そして三つ目が金属製です。
それぞれ、素材が異なるという点以外にどのような違いがあるのか、どのようなシーンでどういったM男性に向いているのかなどを具体的に解説していきたいと思います。

革製

pn064_210820_001

SMというとボンデージファッションを思い浮かべる人も多いと思います。そんなボンデージファッションで主に使われている素材の一つが革。
肌へ吸い付くようにフィットする感触が好き、見た目がエロティック、匂いに興奮するなど革製の衣服に魅力を感じるM男性は少なくありません。
勃起した時にチンコにまとわりつく革の感触が堪らないという男性も多く、革フェチなM男性のマストアイテムにもなっています。

また、ボンデージには行動の自由を奪う“拘束”という意味があるので、射精の自由を奪う革の貞操帯というのはまさにボンデージという言葉がピッタリとも言えそうですね。

革製の貞操帯のデメリットとしては衛生管理が難しいという点。というのも革は水分を吸収してしまいます。つまり革製の貞操帯を着けたままオシッコをすると水分を吸収し、蒸れやすく雑菌の温床となりやすいのです。
さらに革自体水に弱く、オシッコで濡れると劣化の原因にも繋がるでしょう。
実際、革の貞操帯はオシッコが出来るように作られていない事がほとんど。それゆえに長期の装着には向いていません。

こういった理由から、

・革フェチである
・プレイ中のみの貞操管理で充分
・視覚的にボンデージファッションを楽しみたい

といったM男性向けの貞操帯と言えるでしょう。

プラスチック製

pn064_210820_002

プラスチック製の貞操帯は価格も手頃で軽量という点から初めての貞操帯としてお試しで利用するM男性が多いようです。

革製品のように水分を吸収する事はないのでオシッコをした後も清潔を保ちやすく、装着したままお風呂に入る事も可能というのが嬉しいポイントですね。

ただし、良くも悪くも壊れやすいという特徴があります。これは長く使いたいという人にとってはデメリットとなりますが、逆に緊急事態の際に自力で壊せる選択肢があるのは安心できるという人にとってはメリットになると言えるでしょう。

また、素材が硬いので自分に合ったサイズやデザインを選ばないと擦れて痛みが生じてしまうという欠点もあるだけに注意が必要です。
最近ではプラスチックよりも柔らかい素材のシリコン製貞操帯も出始めているので、擦過の痛みが気になる人はソフトな素材のシリコン製を求めてもいいでしょう。

・貞操帯初心者
・長期的な貞操管理希望

このようなタイプのM男性はプラスチック、もしくはシリコン製の貞操帯がオススメです。

金属製

pn064_210820_003

ずっしりとした重みのある金属製の貞操帯は装着しているだけで存在感があります。
プラスチック製の貞操帯と同じく、装着したままオシッコをしてもシャワーなどで洗い流す事が出来るので衛生面では優秀、長期の装着が可能です。

金属製なので壊れにくさは全ての素材の中で一番。何があっても女王様に鍵を外してもらわない限りチンコに触れる事はできません。これは逆に言えば緊急事態の時でも外せない可能性があるという事でもあります。
それだけに、こういったリスクも楽しめる人向けの貞操帯とも言えるでしょう。

・貞操帯を着けている実感を常に味わっていたい
・より本格的な貞操管理を受けたい

金属製の貞操帯はこんなM男性にこそ相応しいアイテムと言えます。

普通の貞操帯では物足りない人へ

一般的な貞操帯の種類とその使い方を紹介しましたが、普通の貞操帯では物足りないというM男性も少なからずいるのではないでしょうか。
続いてはそんな貞操管理好きのM男性へ向けて、少しマニアックな貞操帯をいくつか紹介したいと思います。

鋲付き貞操帯

貞操帯装着で長期間過ごしていると思わぬ拍子に勃起してしまう事もありますよね。
窮屈な貞操帯の中で勃起させるだけでも辛いのに、もしその貞操帯内部に無数の鋲が付いていたら…想像しただけでチンコもすくみ上がるのではないでしょうか。

“アンタには射精どころか勃起も許さないから”

と、女王様にプレゼントされるシチュエーションを想像して勃起してしまうようなM男性にはオススメのアイテムと言えそうです。

バイブアタッチメント付き貞操帯

射精もできないのに性感帯は刺激され続ける。そんな地獄のもどかしさを味わいたいM男性にオススメなのが、バイブアタッチメント付き貞操帯です。

貞操帯にアナルバイブの装着固定が出来るアタッチメントが付いているので、貞操管理されながらアナル責めを受けるというプレイが楽しめます。
チンコは封印してアナル性感だけで生きていきます、という調教にもピッタリの貞操帯ですね。

尿道プラグ付き貞操帯

貞操管理と同時に尿道プレイも行えると一部のマニアの間で人気なのが尿道プラグ付き貞操帯です。

普通の人は尿道に異物を挿入されるなんて考えただけでチンコが萎えそうですが、一度尿道を開発するとクセになるという人も少なくありません。

射精管理だけでなく尿道プレイに興味のあるM男性には是非とも使ってみて欲しいアイテムです。

自分好みの貞操帯を見つけて装着してみよう!

M男性向けの貞操帯について詳しく紹介させていただきました。気になるものはあったでしょうか。

貞操帯と言ってもその種類は様々。自分好みの貞操帯を見つけたらまずはセルフでも装着してみてはいかがでしょうか。
貞操管理の願望が高まったら実際に管理してくれる女王様を見つけるというのもアリですね!

実際に貞操帯を体験してみる

Posted by mazotown