始めは羞恥プレイから?SM初心者にオススメのSMプレイ内容解説!

M初心者向け

マゾカスタム

はじめてSMに興味を持った場合とか、パートナーとの刺激が欲しいと思ってSMプレイをしてみる場合にはいきなり道具を持ち出したり
本格的な所からはいるなんて形からと言っても難しいですよね。そんな、SM初心者でこれからイジメたい/イジメられたいと考えてる方のために初心者向けに
どういうプレイをすればいいのか、羞恥プレイでどんな感じに刺激を得ることができるのかを解説したいと思います!

SM初心者でも楽しめるSMプレイの第一歩、はじめは羞恥プレイからがおススメです!

はじめは羞恥プレイから

SMプレイの入門として、はじめは羞恥プレイから入るのをお勧めしたいです!
なんでかと言えば羞恥プレイだと余り大仰な道具を買う必要もなく、気軽にちょっとやってみようか?と行った所から入れるからです!
普段のプレイに飽きた気まぐれからその日のプレイに取り込んでみたり、家にあるもので準備していけば簡単に楽しむことができます。

エスカレートもしやすいし方向性が広いのもおすすめです!
なんというか、羞恥プレイという基本を押さえてしまえば無限にSMの世界を楽しむことができるようになると思います!
羞恥プレイから初めて、自分の好きなように激しい遊びにのめりこんでいく…良いと思いませんか?

初心者向け羞恥プレイ①:目隠し・腕拘束

1番手っ取り早くできる羞恥プレイとして簡単な拘束プレイ、腕拘束とか目隠しプレイが手ごろでおススメです!
今どうなっているのか?これから何をされるのか?といったドキドキ感を味わえるし、相手によっては言葉攻めと組み合わせてより一層の羞恥感を与えてくれます。
ただ、次の候で説明しますが言葉攻めの方がちょっと大変なので最初は目隠しと焦らしとかそういった責め方を楽しんでいくのが良いでしょう。

パートナー信頼の第一歩として、自由を軽く奪われてしまい身を委ねる。これが出来るようになれば二人はパートナーとしてこの先のプレイにも進んでいけるでしょう。
目隠しも腕だけ拘束も簡単に特別な道具も必要なく、ネクタイとかタオルなんかで簡単にプレイすることができます!
仕事帰りとかでも、思いついたら100均でタオルを買っていくのでも、ラブホならバスルームのタオルを使ってもいいので
手っ取り早くSMプレイをしてみたいならまずは目隠し・腕拘束プレイがおススメです!

もちろん気軽なプレイなので、そこまで動けないほどぎちぎちに強く縛ってはいけません。
初めての時は優しく、ただ取れなくて自由はしっかり奪ってる程度の拘束を心掛けてください。
ほどけない程度に少し緩めに縛るようにしましょう。

そして、このプレイに慣れたら下の言葉攻めと複合したり、今度はボールギャグ・よだれ玉での口拘束や緊縛プレイ、本格的な拘束や縛りに入っていくと良いと思います。

初心者向け羞恥プレイ②:言葉攻め

相手の状況などをエッチに実況したり、わざと淫語を言わせるようにしむけたり、焦らしや逆にこの後どうするか予め伝えて期待させたりと
やり方次第で幅広く相手を攻めて喜ばせることのできる言葉攻め。
道具も必要ないですし手っ取り早くはできるんですが、最初はそこまで簡単ではないかもしれません。

というのも、あんまりわざとらしくやってしまうと白けてしまうしどうやって責めるか演技とボキャブラリーが求められるからです。
責められる側としてもワンパターンではつまらないですし、まじめにやってるのに棒読みで(迫真)なんて感じだったらついつい笑ってしまうでしょう。
一番最初なんてテレビで素人さんが演技をしているようなものなのでパートナーとしても失笑とか爆笑とかになってしまうかも…。

言葉攻めはそういった意味で初心者向けなんですが結構難しい部分もあるというプレイなんです。
逆に下手に頑張って攻めようとせずに自然にできるタイプには向いているかもしれませんね。
意識しすぎて不自然になるよりも、天然Sでそういった相手を追い込んでくのが上手い人が自然に言葉攻めをするほうがプレイとしては楽しみやすいものかもしれません。

もちろん、自然に普通に言葉攻めが出来れば簡単で手軽で楽しめる初心者向けSMプレイとなるので一度まずは肩の力を抜いて試してみるのが良いでしょう。
あとあんまりエッチな表現を狙わずにありのまま伝えてあげる方がいいかもしれません。
相手にとっても想像しやすいような、わかりやすいような言葉選びを心掛けましょう。

そして、このプレイに慣れたら放置プレイや露出との組み合わせ、次に紹介するスパンキングなどの軽い打撃系と組み合わせてよりプレイをマニアックにすると良いと思います。

初心者向け羞恥プレイ③:スパンキング

スパンキング、お尻叩きもまたSMプレイ初心者にとっては入りやすいやりやすいプレイではないでしょうか。
もちろん専門になってくると道具があるのですが、まず最初は手のひらで叩く事でプレイに入れるというのがおススメの理由です!
もちろん真っ赤になるまでたたく必要もなく、スパンキングの入りとしては悼みよりもスラップ時の音が大きくなるよう聞こえやすいようにに叩くほうが良いでしょう。
上の言葉攻めと一緒で、音によって羞恥心をあおっていく感じです。

ちなみに叩いた時に音が大きく出るコツとして手のひらでしっかりと肉付きのいい部分を腕の力ではなくて首のスナップで叩く。

これを基本に考えてください。おなかとかちょっと出てる人は自分のおなかで試してみるとどんな感じだと音が出やすいか確かめられると思います。

そしてスパンキングはお尻叩きのお仕置きみたいな、ちょっと恥ずかしい状況という効果を狙っていますが実際のお仕置きとはやり方が違うというのを忘れないでください。
普通に尻叩きをしてしまうと叩く側も叩かれる側も結構いたいものです。叩く側が付かれたり痛いのでは、お仕置きになりませんし長時間のプレイには不向きです。

なので、先ほどの音が大きく出るような叩き方であんまり力を入れすぎずに叩いて、何度もたたいたり休んだりと不規則にプレイ中は叩くのが良いでしょう。
リズミカルに叩くのもいいとは思うんですがあんまりにもリズミカルだと相手にもいつ叩かれるかがわかってしまって面白くありません。
あえていつ来るかわからないようにして、急に来る衝撃と音と、それから振動でより一層気分を盛り上げるのがスパンキングプレイのいい所でしょう。

スパンキングプレイを楽しむことができるなら、この先にはもう少し激しい打撃とかバラ鞭などで叩くプレイに入ってそこからエスカレートしていく事が出来ると思います。
もしくは性感開発系のクリップだの大人のおもちゃだのを使ったプレイもいいですね。刺激のあるプレイ、普段とは違う刺激を受けるプレイに合っていると思います。

また、多少の刺激が平気だったり羞恥をあおる言葉攻めなども楽しめるならアナル拡張なども良いでしょう。
このように、初心者向けのプレイをしてみると自分がこの先どんなプレイが合いそうか、順当に楽しんでいったらどんなプレイになるかもわかるのでお勧めなんですが
最終的には実際に今回の話通りになんてしなくても自分が興味のあるプレイをパートナーと一緒にしていけばいいのではないでしょうか。

せっかく興味があるなら何事もチャレンジしていったほうが楽しいと思いますし、案外自分の受け幅が広い事がわかるかもしれません。
そうしたらもっといろいろなプレイにチャレンジしてみたくなりますよきっと!