オナ禁や射精管理が辛い!そう思ったときに気を紛らわせるのに便利な方法ベスト5を教えちゃいます!

M初心者向け

マゾカスタム

オナ禁や射精管理をしていてされていて、ついムラムラっと来てしまうとそこからムラムラが気になって収まるまでもの凄い時間もかかるし苦しい思いをしますよね…。
オナ禁だったら諦め寝ぬいちゃうのも一つの手段ですが、射精管理の場合貞操帯を付けられてると気になって大きくなってしまう事ですらヤバい!
ヤバいというか苦しい思いに重ねてさらに苦しい思いをしないといけません…M男性としては本望ととられるかもしれませんが実際には痛み系や苦痛系に慣れていないと
本当にただただつらいだけなんですよね…まあそっちの方がその結果収まるというか落ち着けるのでましかもしれませんけど。

普通だったら辛い思いをしたくないですし、つらい思いが好きな人にとってはつらくて余計に興奮しちゃう、そんな射精管理時やオナ禁時に使える
辛いと思ったとき、ついエッチな事考えて膨らみ始めちゃったとき、何とか気持ちを鎮めたい時に使える便利な情報ベスト5を本日はお伝えしたいと思います!

オナ禁の辛さは意識した時の妄想

射精管理やオナ禁で自分の好きな時に発射できない、本当の辛さというのはやはりついムラムラしてしまう、例えばだいぶ我慢しててテレビでちょっとセクシーなグラビア女優とか
胸元とか見えちゃうと正直反応してしまいますよね。それ以外にも、普通に電車に乗ってるだけでちょっと興奮してしまう時ってあります。普段だったら理性で抑えがきくので多少そういうシーンがあっても
ニヤニヤする程度で済むのですが、なんせ最近ずっと出してない!となった時にはその小さなきっかけから思考がそっちの方向に持ってかれてしまい、意識をしてしまうともう大変!
なかなかそこから鎮めるのに苦労するんです…。意識した時って、忘れようとした結果結局そのことに関連する妄想をしちゃって、むしろ藪蛇になったりしますよね。

きっと射精管理したことある人ならわかってくれると思うんですけど、普段だったら最悪ムラムラしたら公衆トイレの個室辺りで一発抜いちゃえば済むことができない!
この苦しみと、辛さと、そして自分が管理されてるという感覚が射精管理にはまっちゃう魅力なんですが慣れるまではやはりその苦しみを引きずりたくないので
妄想に勝てる、気持ちを持っていかれる事をするのが一番いいですね。

煩悩を振り払う射精管理のピンチに便利な方法ベスト5

便利な方法① 代替で紛らわせる方法

煩悩を振り払うのに便利な方法①は、性欲とか煩悩の代替品で紛らわせる方法です!
無理矢理押さえつけようとするから余計に気にしてしまうのもありますし、まず代わりになるものを満たして、それで満足して忘れてしまう事です!
代わりになるものというのは何かといえば…食欲です!性欲と食欲は、結構関係が深くて食欲を満たされると性欲がある程度収まっていたり
逆に性欲を満たすことをしながらだと食欲的にあまり多く食べられず満足してしまうという事があります!

つまり、辛くなったら食欲を刺激してあげればいいのです!
食欲を刺激して、モノを食べてある程度お腹を満たすことが出来れば煩悩は振り払う事が出来ます。その場合にはできれば臭い的に強く感じられる、美味しそうと感じられるもので
湯気が上がるとより一層食欲が刺激されるので暖かいものを選ぶと良いでしょう!立ち上る湯気に乗って美味しそうな匂いで食欲を刺激してしまえばその時点で性欲という煩悩は振り払われます!
そしてそのまま食欲を満たせば…その美味しそうなものを食せば、満足して煩悩も振り払う事が出来るでしょう!

便利な方法② 息切れするほど運動だ!

意識をよそにやって煩悩を振り払うためにいい方法として、多少息切れするぐらいに激しい運動をするのもいい手段です。
普段そこまで運動しないのでしたら100mぐらいの全力奪取をするだけで、結構息が上がって息を整えるころには割と性欲が収まります。
広い場所では無く走る事が出来ないなら懸垂やスクワットなどが良いかもしれません。とにかく体を動かして、血流をよくして、落ち着かせる…この過程で十分な気の紛らわしが出来るものです。
というより、一旦色々な事を忘れられるから良いのでしょう。

軽く息切れする程度の運動をするのは特に普段あまり進んで運動をしていない人におススメです。
直ぐに割と息切れし始めるので、短時間で効果を得やすいですからね。身体を動かすと興奮しそうって思うかもしれませんが、激し目に運動するとそっちに意識が行くのでお勧めです。

便利な方法③ ○○でスッキリしよう!

オナ禁や射精管理時に性欲を覚えてしまったときの対処法の一つとして、これは家にいないとなかなかできないですが集めのお湯に入ってすっきりするというのがあります。
この抑え方には二つの効果があり、まずオナニーの事を忘れてスッキリできること、そしてお風呂から上がって寝るまでの間の性欲の再発を防ぎやすい事です。

というのも、きちんと湯船に入って温まる事で頭の中で性欲を出させようとしているのを抑えてくれる副交感神経のが活発になる事で、性欲を取り払うことが可能になります。
シャワーだけですとそこまでのリラックス効果が無いので、できるだけきちんと湯船に入る。それも出来ればですが少し集めのお湯に入ってしっかりリラックスして体の芯まで温めましょう!

そうしてお風呂から上がって、翌日の準備をしてそのまま寝てしまうのが一番いいです。
温まったからだから熱が出ていくときが一番よく寝れるので、その間に眠りについてしまいましょう。
もしやらないといけない事があるなら、早めに起きてこなせばいいのです。無理に遅くまで起きてやってたら、体も冷えちゃってリラックスして眠る効果も無くなって
また性欲も戻ってきちゃって無駄足って事になりかねません。そんなときは早寝早起きの気持ちでいるのが良いでしょう。

便利な方法④ 今だけ使える便利で確実な方法!

射精管理時についつい煩悩が酷くなって、大きくなってしまいそうで貞操帯の中で苦しい思いをしているとき、今の時期だからおすすめのいい方法があります。
それは、体を思い切り冷やす事です!出来れば下半身丸ごとですが、難しいなら身体と股間ぐらいは冷やしてください。

やっぱり寒いろ縮こまりますし、何より冬のうちはそれどころじゃない、痛みすら感じる寒さなので普通に忘れる事が出来ます。
相手が居なければ露出的な面白さも半減なので安心して体を冷やしましょう。周りに人がいるなら代わりにコートやジャケットを脱いで上半身を冷やす事でも同じように落ち着くというか寒さに
無理矢理体の感情を変えてまず温まって生きなければ!みたいな感じに映る事が出来ます。

冬場しか使えないのが残念ですが、急に体を冷やすって言うのはかなり有効です!上だけ軽く脱げば十分寒いのでリスクも少ないのがいいですね。
寒さには玉もちぢこみますし効果のほどはご理解いただけると思います。

便利な方法④ ある意味究極?最後の手段!

最後にご紹介する、煩悩を振り払う最後の手段は【痛み】です。玉を蹴ってもらったり、手のひらをぶつけたりとそこそこ痛い目に合うとかなりの確率で意識はそっちに持っていかれます。
ただし、すでによく訓練されちゃった方には効果が薄いかもしれません。まあ、そんな方は射精管理されるのも慣れてるから大丈夫だとは思いますが…。
自分でやると手加減しがちですが、あんまり思い切りやり過ぎて大けがするのもよくないので出来れば手の平で何処かを叩くとかあまり多毎になりづらい場所で
痛みを得るようにしたほうが良いと思います。

仮にこんな事で手の骨を折ってしまったとかになったら目も当てられないですからね…。
貞操帯付けたまま入院だなんて、そんな状況だけは避けたいものです。
この方法は効果てきめんだと思うのですが最終手段、先ほども言った通り怪我をするなどのリスクもあるしどのあたりまで痛ければ気がまぎれるかというか
忘れられるかという所も個人の裁量なので究極の手段だと思って、安易にこの方法には知らないようにしてください。

どうせ慣れちゃったらどんどんエスカレートしてきてしまうんですから。