男しか味わえない悶絶するほど気持ちいいメスイキの魅力

M初心者向け

マゾカスタム

メスイキは男が女のようなオーガズムを得ることです。
射精をともなわないドライオーガズムです。

普通の精液が出るオーガズムよりも何倍も気持ちが良く、何度も快感が訪れると言われています。
賢者タイムもないので、気持ちの良い時間が長続きします。

しかしメリットだけでなく、デメリットもあります。

メスイキできるようになるまでがとても大変です。
とにかく時間がかかります。
早い人でも1年はかかり、通常は数年かかるそうです。
しかも、全員が必ずメスイキできるようになるかというとそうでもありません。

その苦労を乗り越えてもメスイキを経験してみたいという人は一に努力、二に努力、三四が無くて五に努力でひたすら努力してください。
努力が必ず報われるわけではありませんが、できるようになる可能性は高まるでしょう。
メスイキできない人の中には途中でやめてしまうという人が多いのです。
続けていたら、そのうちメスイキできたかもしれません。

ただ、本当にどんなことをしてもメスイキできない人もいるようです。
何が原因かはわかりません。
できない人もいるということを忘れないようにしておくと、自分がもしもできなくてもそういう体質なんだと受け入れやすいでしょう。

メスイキのやり方

アナル開発、前立腺開発

アナルに指を入れて第二関節くらいの場所にコリッとした硬い部分が前立腺です。
そこを刺激していると気持ち良くなり、メスイキできるようになります。

といっても、とても簡単にできるわけではありません。
数年単位で時間がかかります。
飽きずに毎日やり続けられるかがキモです。

乳首開発

乳首にスポバンを貼り、乳首開発をするとメスイキしやすくなります。
女の乳首は男の乳首よりも敏感なので、男の乳首も開発をすると女の乳首レベルに感じやすくなります。
乳首の刺激だけでオーガズムに達することもあります。

スポバンを2~3日貼って、2~3日休ませて、またスポバンを2~3日貼って、というサイクルを繰り返すと簡単に乳首開発ができます。

アナル開発よりも手軽ですが、アナル開発と併用した方がいいでしょう。

やってはいけないこと

ペニスへの刺激は極力しないようにしましょう。
ごく一般的なオナニー程度ならいいですが、過度な力を込めたり、道具を使ったりするとメスイキしにくくなります。

メスイキの道は継続なり

女王様に調教されている場合は、メスイキがしたいことを伝えて、メスイキできるように協力してもらえるようにしましょう。
ペニスへの刺激よりも乳首やアナルを刺激してもらいましょう。
一人でやり続けるよりも、女王様に手伝ってもらった方が長続きします。