見た目で分かる「あの人はS女性だ!」と見抜ける特徴

M初心者向け

マゾカスタム

年齢、職業、性格など女性は見た目では判断できない部分が多いと思いませんか?特に年齢の部分では美魔女という言葉があるぐらい見た目を自分の望む容姿にするためにわかりにくかったりしますね。

見た目で感じることとはその人の感覚であり、見た目のみの印象はその人を知らない・話したことがない時の感じる印象で、接していくうちに中身と見た目でその女性というものが分かってくるものだと思います。

知っている人ならばその人の見た目と人柄を含めて○○っぽいと判断できますが、そうじゃない場合見た目で分かるSっぽい女性とはどんなものがあるのか知ってみたくありませんか?
ざっくりとまとめたS女性の特徴をご覧ください。

S女に見えてしまう女性の特徴

S女の特徴は?と聞くと気が強くて、少しわがままで、美人で、男を下僕にして快楽を得るのが好きな女性。ざっくり言うとそんなイメージを持たれがちです。
そんな女性もいますが、全てのS女がそれに当てはまるわけではなく、S=責め=快楽主義者と表現がしやすくわかりやすいのでそんな印象が強く残っています。S女性がみんながみんな気が強いわけではありません。気が強いというより自分をしっかり持っている人に多いと思います。自分をしっかり持っている人は、人に流されないのでそれが気が強くてわがままに映るのかもしれません。

Sっぽく見える他の特徴として、バリバリ働いて男性にも負けないくらいのし上がっている女性はSっぽく見られます。実際気が強い人が多いし(そうじゃないと上へは上がれないので)バシッと物事を言うのできつく見られます。しかし、それは仕事上の時だけでプライベートでは優しいという人も多いです。変わらない人もいます。

性格的にサバサバしている女性はSっぽく見られます。これは単純な見た目や行動が男っぽい、あっさりしているというだけで実際はS女とは全く関係ないこともあります。しかし雰囲気と中身がかけ離れているというのはあまり起こらないので、SもMも両方いける、もしくは両方いけないというような感じでしょうか。

いつでもバッチリメイクをしている女性はその印象からSっぽいと思われます。バッチリメイクが単純に厚化粧ではないということに注目。ただの厚化粧は自分を隠したがる仮面にすぎません。SやMとは全く関係ないです。バッチリメイクとは自分を最大限に美しく見せるための“まさに化粧”です。どんな時もその状態を保っている女性は美意識の塊。自分を引き立たせるしっかりした眉・目力を生むアイメイク、性の印象を高めるリップなどただ乗せるだけの仮面ではなく、化けるメイクがしっかりしている人。美しいというのはそれだけで惹かれるので強い象徴としてのS女性のイメージにピッタリです。

これらの特徴はS女というより、S女に見えてしまう特徴で、内面は確認してみなければS女なのか違うのかはわかりません。

話しの印象と見た目の雰囲気で判別していくもの

上記でも少し述べましたが、S女というのはその人の性格の部分と見た目の部分で判断するものです。
話せる相手なら話してみましょう。見た目もSっぽい、会話もSっぽいなら、その女性はS女です。(当然と言えば当然ですが…)
会話を見るのは話している内容ではなく、口調や決断に優柔不断さはないかどうか、好き嫌いがはっきりしているかどうかなどです。そして無意味な優しさはありません。同情だとか心配しているふり、嘘っぽい優しさや人をダメにする甘やかしなどが無い人はS女性だと思います。

見た目は心の表れでもあります。心もいろんな面が重なっていますが一番素の自分が見た目に影響を与え、言葉で性格を表します。よく観察して見てみましょう。

見た目で分かりやすいのは30代後半から

20代はまだ心も身体も若いので若さ独特の輝きと美しさがあります。30代前半でようやく落ち着いた雰囲気を出すようになり、30代後半でその人の人生や環境、性格がにじみ出てくるようになります。
特にそれが分かるのが顔ですね。顔の作り、目の印象、頬や口の角度などひとつひとつの表情がその人の人生を語るようになってきます。
目力がある人、眉が太くしっかりしている人、口角が上がっている人は自分をしっかり持っているS女性。

姿勢にもその人を表すポイントがあります。胸を張って姿勢が良い人。身体に傾きがなく歩き方がキレイな人。こういった人は自分に自信を持っている人、健康や美を意識した生活をしている人です。心が外向きで表を見ているので積極性があり、男性に守ってもらいたい、受け視線よりも、自分がリードして引っ張っていきたいタイプです。
SMと関係していない女性であっても女王様として目覚めれば男をうまくリードしてくれる素敵な女王様になれる素質があります。

男に甘えたそうな雰囲気はない

女性としての可愛さがないということではなく、例えば、食事に行けばお会計は男が払うもの、私は女性だから男に守ってもらって当たり前、か弱いふりをするのが板についている、結婚後は専業主婦希望でぶら下がる気満々な雰囲気を感じる女性は、まずS女性になりえません。男性に甘える気満々、というかそれが当たり前だと思っているからです。
甘えたいのに性的嗜好だけがS女として男を支配したいとはなりません。

S女性も男性に甘えたい、頼りたい可愛さも持っていますが、べっとりよりかかるようなタイプの人はいません。

私はS女といってM男を良いように利用する女性には注意

実はSでもMでもどちらでもないS女かぶりの嘘つきもいます。それはただ単に男性に貢がせたいだけ、サンドバックフレンドにしたいだけというような、男を道具としか見ていない不届きな女たちのことです。
男性の大事な時間とお金とマゾ心をぶんどって自分が満足したいだけの女性。若くて美しく言葉巧みな女性だとつい引っかかってしまいそうになります。
しかし、自分(エセS女)だけが得をする関係に自分は満足でしょうか?幸せでしょうか?虜になってしまう前に、ちょっとおかしいかもと気付けるように目を養っていきましょう。

S女性特徴, S女特徴

Posted by mazotown