「アナルからゆで卵!」産卵プレイについての検証結果

M奴隷調教

マゾカスタム

産卵プレイと聞くとM女がアナルから鶏やウズラの卵を産み落としている光景が目に浮かびます。男がするってあまり聞かないかもしれませんが、男だって産卵プレイがしたいと思うM男もいるんです。とってもフェティシズムなプレイです。
好きだとアンアン言いながら産卵しますが、何気に地味~なプレイなので好きじゃないとあまり楽しめないかもしれません。

“M男の気持ちを乗せて”産卵プレイがどんな感じかお届けします

卵1~2個

>ウズラや鶏卵を1、2個入れた場合そこまでお腹に圧迫を感じられないので程よい快感と気持ちよさを感じることができます。
>初心者向き
>お腹は便秘気味のような感覚の張り具合

『ツルッ、ポンッッッ!!』と生まれ落ちる卵。
「あぁ、なんか気持ちィィィ(/ω\)」そんな気持ちを感じるようです。

アナルに物を入れるのは穴を広げるよりも違和感を感じます。慣れるのに時間がかかる人もいます。その気持ち悪さは排出した瞬間になくなりスッキリ爽快な気分にさせてくれるので初心者におすすめです。

ウズラ10個

>中級者向き
ウズラの卵1個は鶏卵の約5、6個分。鶏卵が2個入るならウズラの卵が10個はいけることになります。まぁ、これは数字上なので実際は鶏卵2個を入れるよりウズラの卵を10個入れる方がキツイと感じます。面積的にはウズラの方が場所を取るためです。
それでもウズラの卵を10個入れられたら産卵を楽しめるのも10回、卵が小さいからアナルの痛さは少ないこともあり、産卵プレイが楽しくなり始めたころのM男がよくお試しで遊びます。

『軽く力んで~、スポッ。軽く力んで~、スポッ』とテンポよくポコポコ出てきます。
丁度アナルパールを引っ張り出すときのような感じです。アナルパールを引っ張り出すときは同感覚でスポ、スポ入り抜きしますが、卵は自分の力加減なのでジワジワと気持ちよさを味わうことができます。

鶏卵5個

>上級者向き
鶏卵5個は結構キツイです。お腹パンパンになります。そして一人で入れるなら3、4個が出来る限界だと思うので多くの卵を入れたいM男は一緒に楽しんでくれる相手を探すことをおススメします。
鶏卵5個はお腹が張って見た目にもパンパンぽいのが何となくわかります。息を吸ってお腹をへこませることができません。腹筋に押されて卵が出そうになるので我慢することも体験したい人はやってみて。パンパンのお腹では浣腸をした時のように早く出したい気持ちになります。
相手がいる場合、ここで焦らされるかもしれません。出せない苦しみを味わい、出す快楽を得るのは入れた数が多ければ多い程実感できます。頑張っただけ達成感や気持ちよさも強いということです。

鶏卵5個以上

射精管理をされている時のようにさっさと出してしまいたい!と感じる人が多いです。しかし、この膨張感は1個、2個と出していくたびに解消され気持ちよく感じます。それがたまりません。
また、卵を続けて産むというのは見ていて、何となく不思議な感じで面白いです。アナルから出る瞬間を観察したいなら床に鏡を置き出る瞬間をじっくり観察してみましょう。排泄物とは違い汚いものではないのでスカトロが苦手な人でもアナルの様子を見ることが苦になりません。

更なる挑戦者は限界まで入れて新記録を作って記録するのも楽しみですね。

変わりダネ:イクラを入れてみた

これは粒が小さく指で摘まんで入れるというのが難しいためチングリ替えしをしてスプーンなどを使って入れてもらうのが“入れる”に関しては失敗しません。味付きイクラはお腹を壊す恐れがあるのでやめます。
また産卵も出来たのかどうかが分かりにくく、鮭のようにはいかないのであまりオススメはしませんが、浣腸プレイのように大量にいれて噴射するイクラが見たいといった場合は楽しそうです。(産卵というより汚物噴射のスカトロに近いですが…)

変わりダネ:数の子を入れてみた

数の子は時期的なものが大きいのでプレイで消費するには少し勿体なさを感じてしまいます。入れやすいですが出しにくいというデメリットもあります。また味付けされているので、その調味料が腸を痛めるということになるかもしれないのでおまりおススメはできません。
珍しい体験として記憶には残ります。

産卵プレイのまとめ

>アナルはとても敏感な部分です。無理はせず「小さいもの、数は少なく」を目安に産卵を楽しんでみましょう。やり慣れないプレイや初めて行うプレイは控えめ・物足りないぐらいが受ける方はちょうどいいです。楽しかったと思えたら次回から少し難易度を上げてみます。

>卵に限らず、体内に物を入れきってしまう場合、うまく出せない時もまれにあります。そして入れた場所は「腸」。腸は吸収する場所。刺激の強いものやアルコール分の高いものを入れるとお腹を壊す恐れがあります。入れるものは小さすぎず、大きすぎないものが安全でいいと思います。

>プレイに慣れてしまうと“加減”が分からなくなっていきます。挑戦は大事ですが、失敗して処理を誰かに手伝ってもらうとか、病院に行くとか恥をかかないようにするのも長くプレイを楽しむ秘訣です。

>産卵プレイは一人で行うより、相手がいた方が断然楽しいです。圧倒的です。誰かに見てもらうというのが大事です。どうしても相手を見つけられなければ録画してそれを自分で鑑賞するのも楽しいです。「こんな風に出してるんだ~」と客観的に見て楽しむのも一興だと思います。録画が嫌なら鏡越しでもOK。力む顔や出てくる瞬間を見るのは楽しいものです。

ゆで卵, 産卵プレイ

Posted by mazotown