人生初のSM風俗体験レポート…僕はこうしてM男に目覚めてしまいました…

M奴隷調教

SMプレイに目覚めてしまう、人生初のSM風俗体験談

彼女と別れたショックと現実逃避で初めてSM倶楽部へ足を運んだ僕。

ネットで見つけたお店にアクセスすると最寄りの駅まで着いたら連絡してくださいとの事だったので、電話をするとスタッフらしき女性が迎えにきてくれた。
そして案内されたのはどこにでもあるマンションの一室。てっきりそれらしいお店があるのかと思っただけに、怖い人が出てこないかと不安でいっぱいになった。
しかし、スタッフの女性は愛想良くシステムの説明をしてくれた事で徐々に不安もなくなっていった。
ここは事務所で写真の中から女性を選び、その女性と一緒に近くのホテルへ行ってそこでプレイを行うとの事。このような形態をホテヘル型のSM倶楽部というみたいだ。

「どんな女王様がいいですか?」
と女性スタッフに写真を見せられた。みんなサディスティックな女王様といった出で立ちで、早くも下半身がムズムズしてきた。
僕はネットであらかじめ気になっていた女王様を指名したかったけれど、その人は既に予約でいっぱいになっているそう。やはり人気のある女王様は競争率が高いのだなと思いつつ、数日前に入店したばかりでオススメだという23歳の奈月女王様に決めた。
料金を支払い、スタッフの指示に従いマンションの下で待っている事5分。

「こんにちは、はじめまして。奈月です」
キャリーバッグを引きながらやってきたのは明るい雰囲気でどこにでもいるような普通の女の子だった。写真ではボンデージの衣装を身につけていかにも女王様といった感じだったけれど、目の前にいる彼女からは女王様らしい要素はなかった。
また、写真よりは少しふっくらしている感はあった。とはいえ、デブというほどではなく許容範囲であったし、顔も藤田ニコル似の正直別れた彼女よりカワイイなと思ったので、どんな女王様がやってくるのだろうとドキドキしながら待っていた身としては少しほっとした。

ラブホテルでいよいよ人生初のSMプレイを開始…

「じゃあ行こう」
「はい」
僕は案内されるがままに近くのラブホに連れられる。奈月女王様は手際よく手配をして部屋に入った。
ごく普通のラブホの部屋だけど、今からここでSMプレイを受けると思うと、途端に緊張が押し寄せてきた。
「はじめましてだけど今までSM倶楽部には行った事あるの?」
「いえ、初めてです」
「じゃあSMプレイも初めてなのかな?」
「はい」
「私が初プレイの相手なんだ!面白そう♪」
こんな感じで奈月女王様の世間話が始まり僕の緊張は少しだけ解けた。
「90分のMコースって聞いてるけどどんなプレイに興味あるの?」
「えーっと…言葉責めとかされたいです。あと強制射精とか、アナルとか…」
「じゃあ逆にこれはダメってプレイはある?」
「痛いのはちょっと怖いです…」
「痛いのはダメなのね。縛られたり拘束されたりするのはどう?大丈夫?」
「あっ、えっと…痛くなければ大丈夫と思います…」
SMプレイ自体初めてという事で、こちらの嗜好もある程度聞いてくれたみたいだった。

「じゃあ、シャワー浴びてくれる?私に失礼のないように綺麗に洗うのよ。出てくる時はちゃんと声をかけるように」
一通りプレイの話が終わり、奈月女王様にSのスイッチが入ったのか、急に口調が変わった。
「はい」
僕はその厳しい口調にいよいよプレイが始まるのだとドキドキしながら指示に従った。

言われた通りシャワーを浴びて出てくると、奈月女王様は胸元の開いたセクシーな黒のボンデージにロングブーツ、手には乗馬ムチという姿で椅子に腰掛けていた。
「やっと上がってきたわね。じゃあまずはあいさつからよ」
要領を得ない僕は戸惑いながらも腰にタオルを巻いた裸姿であいさつをした。
「奈月女王様、今日はよろしくお願いします」
立ち姿で頭を下げると同時に、
バチン!!
と音が響く。奈月女王様がテーブルに鞭を打ち付けた音だった。
「それのどこがあいさつなの?全裸で土下座が基本でしょ!」
あまりの女王様の迫力に僕は従う以外の選択肢はない事を悟り、慌ててタオルを取り、土下座と共に再度あいさつをした。
「今度はちゃんと出来たわね。今日ははじめましてだから、まずは身体検査からはじめるわ」
「ほら、ベッドに横たわりなさい」
「はい」
僕は言われるがままベッドに仰向けになった。奈月女王様と目が合う。
「意外と引き締まった体なのね、私は好みよ。何か運動してたの?」
「はい、サッカーを…」
「そうなの?私も玉蹴りは好きよ。といってもこっちのだけどね」
そういって奈月女王様は鞭で金玉を撫でた。叩かれるのでは…と身構えたのがわかったのか、
「痛いのはダメって言ってたからしないわよ。安心しなさい」
と笑いながら言われた。

「拘束はOKって事だったからまずは手を拘束しておこうかしら」
といって手際よく手枷をはめられた。もうこれで抵抗はできないと思うと急に不安になってしまったけれど、この後すぐに快感にかき消されてしまう事になる。
「男にしては可愛いピンク色の乳首ね。感度はどんな感じかしら」
奈月女王様は指のつま先で乳首をくすぐったり、かと思えば指の腹で撫で回したり、つねったりしながら僕の乳首を弄び始めた。
「あっ…ん」
気持ちいいとは違うけれどくすぐったい感覚で思わず身をよじらせてしまう。
「くすぐったいの?それって乳首で感じてるって事よ。エロいねー」
耳元で囁かれて、全身がゾクゾクとなる。
「このまま弄り続けたらどうなるかな?」
執拗な奈月女王様の乳首弄りに最初はくすぐったさだけを感じていたのに段々と下半身がムズムズとする感覚に襲われてくる。
「あっ…はぁ…」
「やっとチンコも立ってきたね。乳首弄られて気持ちよくなるんだ。この変態」
一度気持ちいいと感じてしまうとその後はもう快感でしかなかった。ずっと緊張状態だったせいか、勃起する事のなかったチンコもフル勃起してしまった。
もっと弄って欲しい…と胸を突き出した途端、奈月女王様の手が止まった。
「乳首の感度はわかったから今度はチンコとアナルね」
お預け状態の情けない僕の顔を笑いながら見つめ、今度は足を開脚状態にし、なおかつその足を持ち上げチングリ返しのスタイルになるように拘束された。
「お尻の穴まで丸見えよ。恥ずかしくないの?」
「恥ずかしいです」
「恥ずかしいのになんでチンコ立ったままなの?」
アナルを見られるだけで恥ずかしいのにさらに辱めの言葉を浴びせかけられ、僕はますます興奮した。僕がずっと願望として抱いていたシチュエーションだった。
「見られてるだけでこんな状態なのに触ったらどうなるかな?」
そういって奈月女王様は手にゴム手袋をはめると僕のアナルにローションを塗り始めた。
「アナルは経験あるの?自分で触った事は?」
「ないです…」
「じゃあアナル処女なのね」
そう言いながら、奈月女王様は僕のアナルの表面を撫で回す。意識が集中しているせいか、撫でられるだけで熱くなって、チンコまで反応してしまう。
「チンコから我慢汁垂れてきたわよ。アナル処女なのに感度がいいわね。そろそろ指も入るかしら」
言い終わると同時に奈月女王様の指が僕のアナルに侵入してきた。そしてゆっくりと腸内をかき回されつつのピストンが繰り返される。
初めてのアナルなのにひくついて、奈月女王様の指を締め付けてしまう。でもこれはアナルが気持ちいいというより早くチンコも触って欲しい…という一心での事だった。

「あの…チンコも触ってもらえますか…?」
意を決して奈月女王様にお願いをする。
「えー、チンコの感度は触らなくてもわかるじゃない」
「お願いします…」
簡単には応えてくれない奈月女王様になおも食い下がる。
「じゃあ私がその気になるように懇願しなさい」
「奈月女王様…僕のチンコを触ってください、お願いします…」
「そんなのでその気になると思うの?SMのAVくらい見た事あるでしょ?みんなどうやってお願いしてる思い出してみなさい」
「…奈月女王様…お願いします…僕の淫乱スケベチンコも可愛がってください…」
「…仕方ないわね、まあいいわ」

奈月女王様は僕のチンコにローションを垂らしゆっくりとチンコに触れた。念願の刺激に自分でもさらにチンコが熱く大きくなるのがわかる。このまま上下にピストンされたらすぐにでもイキそうだった。
でも奈月女王様が触れるのが亀頭だけだった。触れるか触れないかのソフトタッチで亀頭だけを擦ったり、先端を手のひらで撫でたり、竿には一切触れてもらえなかった。
亀頭だけではイキたくてもイケない。
「お願いです…イカせてください…!」
「チンコに触れの次はイカせてください…?マゾのアンタが私に命令する権利なんてないの。私の好きなようにやるだけよ」
懇願するも一蹴され、裏筋を弄られたり、亀頭を手のひら全体で包まれこねるように撫で回されたりとますます亀頭への刺激が激しくなる。この間、アナルのピストンも滞りなく行われている。
自分の意思でイケないのだと思うと僕はもう身を任せるしかなかった。それでもイキたくてイキたくて腰が大きく揺れてしまう。
「あぁっ…あー…んっ…」
「あはは、感じすぎ!さすが淫乱スケベチンコだね!」
こんな辱めの言葉すら今では歓びに感じてしまっている。
「そろそろかな。ほら、盛大に噴き出しなさい!」
これまで散々亀頭を弄んでいた奈月女王様の手がチンコ全体をしごき始めた。あまりの気持ちよさに、僕は我慢する余裕すらなくすぐに果ててしまった。
「いっぱい出たねー。ちゃんと自分で処理するんだよ」
そう言われて手首の枷を外され、ティッシュを渡された。
胸元辺りまで飛び散ったザーメンをテッシュで拭き取っている間に足枷も手際よく外され、僕は解放された。

「本当は強制射精もさせてあげたかったけど時間がなかったからね。次は120分で入ってくれたら強制射精もさせてあげるよ」
と笑顔で言われた。
僕はその1ヶ月後、120分で奈月女王様を指名した。

Posted by mazotown