顎が外れそうになるまでクンニ奉仕して喜んでもらった体験談

M奴隷調教

pn064_190712_001

「お前、そういえばクンニ奉仕が得意だとか言ってたよね?」
「は、はい…」

この日、僕は美月女王様に2時間にわたる壮絶な雄犬訓練という名の調教をしていただいていました。
雄犬の証でもある首輪をはめていただき、「お前はすぐに射精しそうな顔をしているから去勢が必要だね」とチンコにはコックリングも装着していただきました。
その後、チンチンポーズの特訓をさせていただいたり、その他にも様々な芸を仕込んでいただき、僕の肉体はかなりヘトヘトでした。

「じゃあ今からお前の得意なクンニ奉仕がどんなものか見せてもらおうかしらね」
「いいんですか…?ありがとうございます!!」

ここまで美月女王様は服を着たままで、胸や下半身などは一切見せてくださいませんでした。そんな状況での突然のお言葉で僕は胸が高鳴る思いでした。きっと2時間もの調教に耐えたご褒美だと、これまでの疲れも吹き飛ぶような気分でした。

美月女王様は下着を脱ぎ、ベッドの背もたれに上半身を委ねるように横たわられました。そして軽く足を広げられて僕の方へ目をやります。
「特別にベッドに上がってもいいから早く奉仕しにきなさい」
本来なら犬はベッドに乗ってはいけないと言われていましたが今回は特別という事で僕はすぐにベッドへ上り美月女王様の足の間に犬座りをしました。
「ありがとうございます。今から美月女王様へ舐め奉仕させていただきます」
僕はそう言って美月女王様のオマンコに顔を埋めさせていただきました。
その瞬間に美月女王様の匂いがダイレクトに鼻から脳へと突き抜けます。蒸れた聖水の匂い、そして女性特有のフェロモンのような香りに僕のチンコは一気に勃起してしまいました。けれど僕のチンコにはコックリングが装着されているので根元がリングに食い込みます。勃起もまともにできない自分に惨めさを感じてしまいました。

ずっと香りばかり嗅いでいたら叱られるので、早速奉仕をさせていただきます。まずは舌全体で美月女王様のオマンコを下から上に向かって舐めました。
本当はむしゃぶり着くように激しく舐めたいですが、これは『ご奉仕』です。美月女王様に気持ちよくなっていただく事が目的なので、ゆっくりと強弱を付けながら舐め続けます。
そうしていると美月女王様のオマンコからねっとりとした液体が滲み出てくるのが舌を通じて感じ取れました。少し酸っぱい味のする美月女王様の愛液は僕にとってご褒美です。口の中に広がる味を堪能しながら、僕は一心不乱にオマンコを舐め続けました。
とはいえ、同じ舐め方ばかりでは美月女王様が飽きられてしまいます。舌先を左右に高速で動かしながら舐めたり、クリトリスやラビアに吸い付いたりと、色々なバリエーションを織り交ぜながらご奉仕させていただきました。
ご奉仕を始めて15分ほど経った頃でしょうか。美月女王様の体がビクンと揺れたかと思うと生暖かい液体が溢れてきました。先ほどの愛液よりもサラサラで、パインジュースのような味がしました。同時に内ももがヒクヒクするのを感じます。この時に美月女王様がイカれたのだなとわかりました。

「お前、クンニ奉仕が得意と言ってただけあって基本は出来てるわね」
美月女王様はこのように褒めてくださり、僕の頭を撫でてくださいました。本当ならここでお礼を言うべきなのですが、僕の口は美月女王様への奉仕で使っているため、犬らしくお尻を振って応えました。
ちなみに僕には“たかひろ”という名前があるのですが、「お前はまだ野良犬の分際でしょ。訓練もまともにこなせてないのに名前など厚かましい」との事で、決して名前では呼ばれません。
ああ、僕は本当に犬なのだなと思うと嬉しくなります。

「じゃあ続けて奉仕するのよ。あと2回くらいはイカせてほしいわね」
美月女王様は当然のようにこうおっしゃました。

僕がご奉仕している間、美月女王様はベッドの上でスマホやテレビをご覧になられたりするなどしてくつろがれています。時折僕のチンコを足で弄んだりされますが、基本僕の事などは無視でご自身のしたい事をなさるというのが美月女王様のスタイルのようです。
そうなると僕はただひたすら舐め続ける他ありません。数十分なら休みなくご奉仕できますが、一時間を超えてくるとさすがに僕の舌も疲れてきます。ずっと口を開きっぱなしにしているため、顎も外れそうです。そうでなくても僕はご奉仕の前に2時間もの雄犬訓練を受けていたので、かなりの体力を消耗しています。
ついに僕の舌は動きが鈍くなってきてしまいました。

「おい、お前。誰が休んでいいと言った?得意なクンニ奉仕がこの程度で終わりならただの出来損ないだよ」
美月女王様は僕の髪を掴んでしっかり舐めろと言わんばかりにオマンコを僕の顔面へ押しつけます。
ここで「もう限界です、許してください…」と懇願したらきっとクンニ奉仕からは解放してもらえるでしょう。しかし、別の方法で楽しませなさいとさらなる苦行、もしくは折檻が待っているでしょう。何より僕はまだ野良の雄犬の身分です。ここで美月女王様に満足してもらえなければ、確実に見限られてしまいます。
僕は攣りそうな舌を伸ばして美月女王様への奉仕を続けました。

僕の後ろのテレビからはバラエティ番組がついているのか、芸人達の笑い声が聞こえてきます。そしてそれに合わせて美月女王様も笑っています。僕は何だか自分が笑われているような気分になりました。でもマゾの僕にとってそれは被虐心をくすぐられる事でもありました。
そして、この時、改めて自分が何物なのかを理解できた気がします。僕は雄犬という身分でありながら、まだどこかで人間としての意識が残っていたのです。その人間としての意識が僕に「疲れた」だの「もう許してほしい」だのといった感情をもたらしたのです。
僕が美月女王様のお眼鏡に適う雄犬となるには、人間としての感情や意識すらも捨てなければなりません。それを理解したその時、僕は考える事をやめました。
僕はただ、舌を動かし美月女王様に満足してもらうためだけの道具だ、と美月女王様のオマンコを舐め続けました。

しばらくすると美月女王様の笑い声がやんでいました。そして再び美月女王様の体が小刻みに震えました。ようやく2度目の絶頂を迎えていただけたようでした。
でも、僕はただのクンニ奉仕に徹する道具です。美月女王様からお声がかからない限り、ただひたすら舌を動かすのみです。
それから何十分経ったでしょうか。30分、40分。もしかすると1時間ほど経っていたかもしれません。美月女王様が僕の髪を掴み、強く握りしめてオマンコに引き寄せたかと思うと、足が大きく揺れて腰が浮き上がりました。美月女王様の3度目の絶頂のようでした。

「お前、もういいわよ」

ここでようやく女王様から終わりの許可をいただきました。僕は半分放心状態で、女王様のオマンコから顔を離しました。
「随分時間がかかったけれどちゃんと3回イカせてくれたわね」
時計を見ると2時間以上クンニ奉仕をしていたようでした。それを実感すると、全身の疲れがどっと押し寄せてきました。
「ご奉仕させていただきありがとうございます、美月女王様」
極限の疲れで頭がもうろうとしていましたが、最後の挨拶は決して忘れてはなりません。

「お前は顔はブサイクだけど、雄犬の素質はあるようだから飼ってやる事にするわ。喜びなさい」
「本当ですか!?ありがとうございます!」
自分でも本当におかしいと思いますが、僕にとっては最高の言葉を美月女王様からいただけて、極限の疲れも一瞬飛んだほど嬉しくなりました。

「次までには名前も考えておいてあげるからね」

これが僕のクンニ奉仕で女王様に喜んでいただき、正式に雄犬にしていただいた時の話です。

M男性向け情報, SMプレイ

Posted by mazotown