真冬の夜に全裸で野外調教された体験談

M奴隷調教, M男の心得

冬に外で全裸になって調教された体験談

数年前の12月、すっかり冬らしくなった頃の話です。
その夜はサイトで知り合った女王様とお会いすることになっていました。
会うのは4度目くらいだったと思います。

自分はこれまで何人もの女王様

に調教していただいているのですが、中でもこの時の女王様はとても素敵な方でした。

年は30歳前後で、ロングヘアに涼しげな目元。身長168センチの自分とそう変わらない長身のすらっとした美人で、かなりタイプでした。

女王様としての経験も豊富で会うといつも濃厚な調教をしてくださいました。
普段は女性らしく上品な雰囲気なのに、プレイの時はドSで、容赦なく罵り辱めてくださるのです。

野外調教は難しい

お会いする前に「次はお外で調教してあげるわね」と言われ野外調教の約束をしていました。

なかなか、見た目も好みでプレイの相性もよい女王様との出会いというのは希少なものです。
その上野外調教というのは他人の目に触れる危険性もありますから、してくださる方も少ないのです。

こちらとしても、下手をされては困りますし、けれど女王様の命令には逆らえない訳ですから、信頼出来る女王様とでないといけません。
そういったわけでこの日はとても期待していました。

冬に外で1

当日、約束の時間の少し前に女王様から

「裸に亀甲縛りしてコートだけ着て来なさい」

とメッセージが。

もう少ししたら家を出ようかと思っていたところだったので、「わかりました」と返事をして急いでロープで自分の身体を縛りました。

鏡の前で縄の形を確認して、その上に厚手のロングコートを羽織ります。靴と靴下だけは履きました。ぱっと見は普通ですがよく見ると足元が間抜け…。
約束の時間に遅れそうになり、慌てて家を出ました。

駐車場へ向かう途中に同じマンションの若い女性とすれ違いました。素知らぬ顔で挨拶しましたがコートの下は全裸に亀甲縛り。
こんな卑猥なことをして…とさっそく半勃ちになってしまいました。

約束の時間、21時ちょうどに待ち合わせ場所に到着しました。
当然辺りはもう真っ暗です。

「お待たせしてすみません」と謝りながら既にいらしていた女王様を助手席のドアを開けてお乗せすると

「ちゃんと命令通りしてきた?」

目も合わせずにそう言われました。

「はい、ちゃんと縛ってきました…それでその、時間ギリギリに」

「あらそう。でもだからって私を待たせていいわけじゃないけど」

M男, M男性向け情報

Posted by mazotown