ドライオーガズムで結果を出せない人へ、試して欲しい感じる方法

M奴隷調教

ドライオーガズムを目指して日々邁進する中、いつまでたっても快感の兆しが見えない人や短期で結果を出そうとして焦ってしまう人も多い事と思います。
順当にドライオーガズムを成功させるためには個人の体質に合わせて焦らずじっくり開発していくのが一番いいのですが、ほんの少しも成長が見られないと今後のモチベーションにもつながりませんよね。
そういった、開発に行き詰った時や変化が見えない時、少し気分を変え、やり方を変えて試してみてはどうでしょうか。
荒療治ではない、ちょっとした手法の変化や気分の切り替えで、開の進行に引っ掛かっていた何かが取れるかもしれません。
今回は前立腺におけるドライオーガズムに関して、その方法を紹介していきます。

試して欲しいこと

いくらネットなどで正しいやり方を習ったとしても、体質的に「正しいやり方」が合わないのかも知れません。
オーソドックスな手法や正攻法を信じて、じっくりドライオーガズムを待つのも良いし、むしろそれが望ましい時もありますが、快楽を得たいのに中々達成できずにストレスをためるよりはちょっと手法を変えてみるの良いでしょう。

ペニスの快感を飛ばす

ドライオーガズムの兆しが見えない場合、まだまだ射精による絶頂に対しての意識が強い事が考えられます。
ドライオーガズムと射精は別物と意識していても、射精の性感が頭をよぎってしまう。
この意識を冷静に鎮圧させる事もドライオーガズムを成功へと導いてくれます。

気持ちよくなろうと思わない

イキたい、気持ちよくなりたい、と思いながら行うと、どうしても射精ルートの性感にシフトしがち。
気持ちよくなるイコール射精という概念が脳にこびりついている状態なので「イキたい」「気持ちよくなりたい」と思う気持ちを抑えてみましょう。
ドライオーガズムの成功は、こういった気持ちや心理状態も大きなファクターとなっています。

前立腺に当たっていない

案外多いのが、そもそも指やエネマグラが前立腺にクリーンヒットしていないという状況。
人それぞれ前立腺の位置は微妙に違いますが、よく言われる「第2関節を入れて指をお腹側に曲げた位置・くるみのようなシコリ」という基本の位置は一緒です。
ドライオーガズムには集中力が必要と言われている理由の一つはまさにコレで、指先の意識を高めてしっかり自分の前立腺の位置を探りましょう。
また性的に興奮している状態では、前立腺が腸壁にポコっと出てくるとも言われているのでぜひ試してみてください。

刺激を弱める

エネマグラや指先を入れて前立腺を探しても、中々気持ちいいポイントが見つからず自然と力が強くなってしまいます。
あまり強い刺激では感度が鈍ってしまうケースもあるので、意識して力を抜くようにしてみましょう。

追いかけず待ってみる

エネマグラを挿入し、数十分間何もせず知らんぷりしてみるのも手です。
先述の通り気持ちよくなろうとせず、性感への意識をいったん飛ばしてみましょう。
前立腺にエネマグラが当たっているだけで効果がじわじわと出てくるので、あとは気持ちよさを待つだけ。

金玉を足に挟む

玉を股で挟んでおくと、ペニスではない部分の刺激が起因になって前立腺への性感を起こすキッカケになる事があるそうです。
根拠や医学的に理由があるワケではないのですが、実例として成功者の中にも、この方法で何か掴めたという人も多いです。

エロ動画や画像は見ない

ドライオーガズムの上で、通常のオナニーのようにエロ動画やエロ画像を見て興奮しようとすると、雑念のようにペニスでの絶頂にシフトしがちです。
「膀胱の下あたりに触ると気持ちがいい所があって、今はそこを弄っている」という事に集中しましょう。

気持ちよさを想像する

ドライオーガズムによる気持ちよさは、実際にドライオーガズムに達さないと分からない事ではありますが、ネットなどで散見される「ドライオーガズムの気持ちよさ」をイメージする事も大事です。
筆者が一番わかりやすく想像しやすかった例えとして、「伸びをした時の全身の気持ちよさ」を挙げます。
しばらく座っていた時や朝起きた時に、ぐ~っと全身を伸ばすアレです。
誰でも知っている感覚である分、それと似たような感覚が来ると想像しながらそこを目指す。
どんな気持ちよさになるのか分からずに、霧の中をさまようよりは意外に良いキッカケになりますよ。