パツキン女王様とグローバルSM調教プレイ!国際SM交流体験談!

M奴隷調教

【パツキン女王様とグローバルSM調教プレイ!国際SM交流体験談!】

pn064_190719_002

僕は根っからのM体質で、今でも女王様在籍の風俗店に足を運んだり、SM専用の出会い系サイトを利用して女王様に出会ったりしているのですが、以前出会い系で偶然出会ったある女王様について今回はお話しさせてもらいます。

まず、みなさんは外国人とのセックスの経験はありますか?
当時の僕は外国人の女性とのセックス経験がなく、外国人女性とセックスがしたい…なんて考えたこともありませんでした。
それは女王様の人口の少なさから、更に外国人女王様に絞ってしまうのが効率が悪いと考えていたからなのか、とにかく視野にも入っていませんでした。
ごく稀にAVで、外国人女王様に調教された…系のものを見たりはしていましたが、まさか自分が外国人女王様に調教される日がくるなんて…と、当時の僕はそんな感じで思っていました。

でも本当に経験しちゃったんです!
ということで今日は僕の、外国人女王様と出会い、調教してもらった経験をみなさんに聞いて欲しいと思います。

彼女との出会いは出会い系サイト。
でも出会い系サイトって匿名で利用できてしまうので、ハンドルネームなんかが外人の方なんてザラにいるのですよね。
僕はちょっと変わったSMプレイが好きで、ハイヒールのブーツなどで顔を踏まれたり、ブーツの匂いを嗅ぐのが好きなタイプだったのですが、その時に見ていた出会い系サイトのプロフィール画像にハイヒールのブーツを履いて、いかにも女王様…という感じのプロフィールを見つけたので確認してみることにしました。

ハンドルネームはEmilie(エミリエ)。年齢は30歳と同世代の方でした。
プロフィールには女王様であること、踏みつけられたい方はいませんか?と、そんな感じのことが書いてありました。
僕はもうプロフィールを読んで興奮状態…ハスハスと鼻息を荒くさせ、彼女にメッセージを送ることにしました。

少し時間が経ってから返事が返ってきて、彼女がデンマーク人で現在日本でお仕事をしていることや、日本語はある程度話せるが、わからない時もあるとのことが書かれていた。
もう一度言いいますが僕はこれまで外国人女性との経験はないのです。
まさか自分が外国人女王様を引き当ててしまうとは思ってもおらず、すでに色んな妄想が止まらくなってしまいました。

何しろデンマークは国を挙げてセックスを推している国で、少子化問題が世界で取り上げられてから出生率が14%増加した国…と僕は何かで見たのを覚えていて、デンマーク人の人の性事情について気になってしかたなくなりました。
早速会うことにして待ち合わせ場所で落ち合ったのだですが、現れたのは金髪のブロンドヘアに吸い込まれそうな青い瞳がなんとも似合う、THE外国人!と言う女性でした。
「エミリエ様ですか?」と尋ねると「そうよ。あなたが私の今日の奴隷ね?」と多少イントネーションというか、片言っぽいニュアンスの日本語だったのですが流暢に話していました。

早速色々話していて思ったのだが、そもそも外国人の女性はラブホを嫌う場合がとても多い…とこれもどこかで入手したただの豆知識だったのだが、今回はどこで調教を行うのだろうと疑問が浮かんできました。
するとそんな考えを察知したのか、「今日はホテルでいいかしら?」と女王様。
いきなり初対面で僕や女王様の家に行くのはなんだか気が引けたので少し安心しました。
そしてすぐにホテルに行ったのですがさすが外国人と言うところか、少しでもレディファーストを心掛けないとすぐに怒られてしまうのです。

例えばホテルのエレベーター。
エミリエ女王様の方がボタンに近かったのでボタンも押さずに突っ立っていると女王様がボタンを押し、来たエレベーターに先に乗り込み開のボタンを押していると「レディファーストがなっていないわ!」と早速怒られてしまいました。
そこからは、部屋へのドアなどもなるべく意識してジェントルマンを気取っていましたが、外国人は本当にレディーファーストを大事にするんだな?と関心をしていました。

部屋に入るとすぐに豪快なキスをお見舞いされてしまいました…。
キスに夢中になっていると服がどんどん脱がされ、女王様の視線も下に移る…するとここで女王様が身を見開き何かを行っていたのですが、多分日本語ではなかったので聞き取れず、何が何だかわかりませんでしたが息子は小さくも大くもないし、何をびっくりしているんだろうと思っていました。
すると女王様が「なんで毛剃ってないの!今すぐお風呂で剃ってきなさい!」とまた怒られてしまいました…。
なるほど。確かに国によっては男性も毛の処理をするのが普通だし、デンマークはそんな文化なんだろうと解釈し、「申し訳ございません。すぐに剃ってきます」と一言告げ、お風呂場へ。

処理をしてお風呂から出るとエミリエ女王様がボンテージにブーツ姿で迎えてくれました。
「綺麗になったわね。じゃあここへ来なさい。」と言われエミリエ女王様が座っている椅子の近づき、正座をする。
すると早速、真っ白な肌に身に付けた黒いハイヒールのブーツで肩あたりを蹴られ、仰向きで床に倒れ込んでしまいました。
そのまま女王様が近づき、顔を踏まれ、「これが好きなんでしょ?」と一言。もう僕は興奮が止まりませんでした。

すると顔だけでなく、色んなところを踏みつけ始めた女王様。
最後には僕のそびえ立つ息子まで踏まれてしまい、その痛みに思わず声を上げてしまいましたが次に「下を向きなさい!」と一言。
慌てて四つん這いになるとそのままお尻を踏みつけられたのですが、なんとハイヒールのピンヒール部分にそのままローションを塗り出したのです。
まさか…とは思ったのも束の間、そのままアナルにぶち込まれてしまいました。
突然のアナルに驚きましたが徐々に快楽が全身を伝ってきます。
女王様に蹴られるような形で何度も出し入れされ、アナルはトロトロに。

すると女王様が持ち出したのはアナル用の電マ。
アナル用の電マを生で見るのは初めてで、高級感のある見た目のそれに釘付けになってしまいました。
ベッドの上で四つん這いにされ、挿入されたあとはとにかくアナル責め。その間女王様は「気持ちいい?気持ちいいでしょ?」と上から聞いてきます。
「とても気持ちいいです。こんな気持ちいいアナル責めは初めてです。」と一言伝えると電マを引き抜き鞄からディルドにベルトのようなものがついた通称ペニスバンドを取り出し、装着されました。
そのまま一気に挿入され、女王様の腰が動くたびに感じる振動と快感に、僕は人生で初めてのトコロテンを経験してしまいました。

「あら、たくさん出たわね。」と僕のチンポに残るザーメンを優しく舐めとる女王様。
そのまま仰向けにされ今度はブーツ以外の衣装を全て脱いだ女王様の白くて美しいおまんこが僕の顔面に擦り付けられました。
その間女王様は腰を思い通りに動かし喘いでいらっしゃいました。
ここでまた文化の違いを見たのですが、エミリエ女王様は喘ぎ声は低く、息を吸って味わうようにしていました。(これがまたエロい…)
そんな顔面騎乗に僕の息子はまた反応…すると女王様はそのまま騎乗位の形で挿入してきました。

そこからは普通のセックスと同様…女王様が動き僕が再度フィニッシュ!と言う感じの調教セックス体験をし、そのあとゆっくりいろんな話をして別れたのですが、その後エミリエ女王様とお会いする機会はありませんでした(笑)
初の外国人女王様との調教内容はAVでよく見るような内容だったのですが、それ以上にやはり外国人の女王様に調教されているというのが何よりの興奮ポイントでした。
女王様曰く、やはり日本人男性のチンポは硬く、母国の男性の柔らかいチンポでは物足りなくなってしまったとのことで、デンマークの友達は日本人男性を狙っている人が結構いるということでした。
日本人男性のチンポは本当に外国人からするとい人気があるみたいなので、諦めている日本男児もご安心ください!チャンスはあります!(笑)
それでは今回はここまで!最後までお付き合いいただきありがとうございました!

M男, SM体験談

Posted by mazotown