メスイキ・女装子・SM出会い体験専門

【短編SM小説】公園でオナニーを強要されたM男の体験談

M奴隷調教, M男×痴女体験談

これは、M醜男の僕が美しい女王様と出会い、公開オナニーに目覚め真性マゾとして覚醒した時のお話。
ブルドッグ顔&豚体型で蔑まれてきた醜い僕ですが、神様は見捨てなかったようです。

①僕が女王様と出会うまで

皆さん初めまして、こんにちは。慎二と申します。

突然ですが皆さんのMの目覚めって何ですか?

色々ありますよね?ネットで漫画を読んで、とか元カノがSで…とか。

僕の場合は物心付いた頃から女の子達に散々虐められて来て、気付いたらM男になってたんです。

虐められる度に僕のチンポはビンビン、蹲りながらもコッソリ興奮し臭いヨダレをダラダラ流してました。

でも、社会人になって虐められる事も無くなってしまったんです。

あぁ、また女性に虐められたい!でもこんなド田舎の風俗じゃあの時のような高揚感は得られず。

というかこの見た目のせいか風俗嬢にも引かれてしまいまして。

そのまま数十年が経過。

悶々とした日々を送った末、もう堪らん!と意を決してネットで本物の女王様を探す事にしたんです。

何人かの女王様とやり取りをし、最終的に涼子さんという女王様(以下、涼子女王様)と会ってみる事になりました。

どの女王様も魅力的でしたが涼子女王様に決めた理由は、貰った写真の数々に僕の股間にビビっと来たり。

言葉責めのクオリティが高くて毎日トランクスを濡らしていたから…というのも勿論あるんですが、何より仕事で理不尽な目に遭った時に寄り添うように接してくれた事が大きかったです。

単なるS性だけではなく、他の女王様より人間的な深みを持ち合せてて…そこに魅力を感じたんですよね。

ただ、会うまではその心遣いも表面上の物じゃないか?実際の僕を見たら涼子女王様に見捨てられるんじゃないか?

そんな不安があったのも事実です。

如何せん僕は、ブルドッグ顔に100kg超えのブタボディですから。

勇気を出してその不安を口にしたら、女王様が「じゃあ今度会ってみる?時間作ってあげてもいいよ。」と言ってくれたんです。

涼子女王様から写真を貰っても一枚も送れなかった不甲斐ない僕…それでも、女王様は僕と会ってくれる!

女王様の優しさが嬉しかった反面罪悪感が凄くて、「ブルドック似です…」とだけ伝えておいたのでした。

果たして会ったらどうなってしまうのか?女王様に幻滅されてしまうのか、それとも…?

そんな事を考えて、期待と不安と女王様からの煽りで毎日チンポをギンギンにしながら、運命の日を迎えたのでした。

②とうとう待ち合わせ当日!期待と不安が交錯します。

pn064_210416_001

緊張しながら迎えた待ち合わせ当日、前日は一睡も出来ませんでした。

涼子女王様に「23時に〇〇町の公園の滑り台前で。あそこなら分かりやすいでしょ」と指示頂いてたので、
30分前に到着し、飼い主を待つハチ公のような心持ちで待機してました。

※万一にも女王様より遅れてしまってはいけませんからね!

1分1秒がとても長く感じました…これぞ一日千秋。まだかな、まだかな…と待ち焦がれていたその時。

遠くから、モデルのように均整の取れたプロポーションの女性がこちらに向かって歩いて来ました。

???「お待たせ。」

僕「あの…涼子じょ…涼子さんですか?」

涼子女王様「ええ、そうよ。貴方は慎二よね?自分で「ブルドッグ似です」って言ってたからすぐ分かったわ。」

僕「あ、あの…あの…」

濃い睫毛に縁どられた、パッチリした幅広の二重の目。お人形のようにスッと透き通った鼻筋。

勿論写真は事前に貰っていたけれど、写真よりも何倍も綺麗で眩しい…僕のようなオッサンより10歳は若いぞ?

こんな美しい女性、芸能人でも見た事無い。僕は夢を見ているのか?と頬を抓りたくなりましたね。

涼子女王様「何呆然としてるのよ。会えて嬉しいわ、ほら緊張しないで…」

美しい顔が目前に迫って来ます…ま、まさかキス…と思ったら、思いっきり首筋を噛まれました!

僕「あっ!痛い!痛いです!痛いですよ!」

涼子女王様「あら、普通に話せるようになったじゃない。良かったわね?」

悪戯っぽく女王様がニィ、と妖艶な笑みを浮かべます。

緊張が多少ほぐれたのは良かったですけど、僕のチンポがフライング勃起しちゃいました。

こんなすぐ勃起して恥ずかしい事この上なかったです。

まぁその後、もっと恥ずかしい目に遭ったのですが。

③僕の全てを女王様の下に晒します。

涼子女王様「ねぇ、脱いでみて。」

噛まれた跡が熱くなっていくのを感じながら、恐る恐る上を脱ぎました。

涼子女王様「アハハ!ボンレスハムみたい。何この肉つまみ心地ありすぎでしょ(笑)」

うぅ、豚でごめんなさい。でも美しい女王様に喜んで貰えて嬉しい…喜びを噛みしめてたら、ビンタを食らいました。

脂肪の重さで踏みとどまりつつ、呆然とする僕。

涼子女王様「誰が上だけって言った?下も脱ぐのよ、し・た・も。それともまさか脱ぎたくないわけ?」

いや脱ぎたいです、と言うより早く下も素早く脱ぎました。

情けない短小包茎チンポが露わになりました、ちょっと肌寒くてプルプル震えて…

涼子女王様「へぇ~このポークビッツ小刻みに震えてる。カワイイ♪…普段どんな風にシてるの?」

涼子女王様から貰った美しい顔、脚や胸の写真で抜いてました♪なんて言える訳なくて、チンポに手を添えたまま震えていたら。

涼子女王様「ずっと私でシコシコしてたんでしょ?顔がそう言ってるわよ。今ここで、隠さないでシてみなさい。誰か通るかもしれないけどね(笑)」

そう、女王様の美しさにのぼせて忘れてましたがここは公園。周りは閑静な住宅街。

もしかしたら誰か通って僕の痴態を見られてしまうかも…そう思ったら、チンポが一層勃起したんです。

涼子女王様「あらあら、一気に勃っちゃったしそんなに高速でシコり始めちゃって(笑)そんなに誰かに見られたいのかな~このマゾチンポは♪」

M男 露出, 公園 露出, 露出調教 女王様

Posted by mazotown

この記事を読んだ人にオススメ!