M男の飼育方法

M初心者向け, M奴隷調教

M男なら一度は飼育されてみるべき?

preface

いきなりですが、M男の喜びとはいったい何でしょうか?
罵られたり、責められたり、縛られたりそういったことだけでももちろん気持ちいい。

しかし、ただ調教されるだけではなく身も心も女王様に捧げ飼育されてこそドM冥利に尽きるというものではないでしょうか。
というか、ドMならその性癖を生かして完全に身も心も女王様に捧げればもっと気持ち良くなれますよ、ということ。

そんなわけでM男の飼育とはどうするべきか?どうあるべきか?的な情報です。
女王様のペットになることに興味のある方は是非。

飴と鞭を心がける

queen

女王様としてM男をペットとして飼育するためにはどういうスタンスでいけばいいんでしょうか?
ただ罵るだけ、ただ痛めつけるだけではただのサディストでありただの怖い人、本当の女王様とはいえません。

飼育にとって大切なのは「飴と鞭」ということです。
犬や猫を躾けるにしても小さな子供を躾けるにしても、悪いことをしたら叱り、良いことをしたら褒めるということになります。

それらと少し違うのはM男を躾ける場合であれば、相手はM男なので基本的に虐げられることに喜びを感じる生き物。
なので褒める時は必要最低限にして褒めてあげるようにしましょう。
褒めることに飢えさせてあげることでちょっと褒めた時の喜びと快感が倍増します。
ですが甘やかしすぎは禁物な上に逆効果。
あからさまに褒められよう褒められようとする見え透いたM男に対しては厳しく躾けてやります。

そうやって飴と鞭を使いこなすことでM男はどんどん女王様に依存していきもはや女王様なしではいられないように変わっていきます。
ただ肉体的に調教するだけではなく、ペットの心までも完全に掌握してこそ一流の飼い主と言えるでしょう。

自尊心を一切排除する

pride

まずは女王様とM男という主従関係をはっきりさせることが何よりも大事です。
ペットのしつけ最初が肝心という事で女王様的にはここで舐められてはならないのです。
いや、舐められるどころか対等の関係という雰囲気すらあってもダメなのです。

女王様とM男はどんなきっかけにしてもどこかで最初に実際に会うわけです。
普通の慣れ合いなんて不要です。
初対面のその時点でM男はもうペットであり、女王様は女王でなければいけません。
顔や体形を貶したり服装を貶したり、髪形を貶したり臭いを貶したりなど、あらゆる方法で女王様は容赦なくM男のプライドをズタズタにしてあげる必要があります。

もちろん、反論や口答えなどさせてはいけません。
そんなことしようものならその時点でいきなり終了です。
背を向け去っていく女王様にM男は自らの愚かさを悔やみ、公衆の面前であることすら顧みず哀願するしか方法はありません。

携帯を使わせない

cellphone

女王様との主従関係にあるということはペットは全力を持って女王様に尽くさなければなりません。
そのためにはスマホなどペットには不要なので取り上げてしまいましょう。
そもそもペットがスマホを使うというのもおかしな話ではないですか?

さらに中身もチェックして他の自分以外の女に気を持っていないかなどをしっかり調べてやりましょう。
もし、他の女の画像や浮かれた会話履歴などがあるようであればしっかりと罰を与えなければいけません。

首輪を付ける

collar

SMの調教プレイといって真っ先に浮かびそうなイメージがこの首輪。
1人で付けてもしょうがないのでご主人様や女王様がいてこそ初めて成り立つアイテムでもあります。
これこそSM調教の醍醐味を凝縮したアイテムです。

首輪を嵌められて鎖を引っ張られる時の快楽はM男にしか理解できません。
また最初にこの首輪を嵌めることで、支配する側は支配欲を刺激し、支配される側はこれから身も心も捧げるのだという両者の儀式的な意味合いも生まれます。

全裸で四つん這いに這いつくばり、上から見下ろされる姿は惨め以外の何物でもありませんが、この程度のものはまだまだM男飼育に於いては序の口でしかありません。

排泄管理を行う

shit

惨めさや情けなさこそがM男のアイデンティティです。
人間の最も人に見られたくない行動といえば何でしょうか?
それは性行為と排泄行為に他なりません。

ペットには人間と同じトイレと便器で排泄を行おうなどもってのほかです。
かと言ってベランダや外にまき散らされても迷惑でしかありません。

排泄用具は便器でなく洗面器で十分。
人前で、しかも大好きな女性の目の前で洗面器に用を足さなければならない。
それは人としてのプライドを根こそぎ奪う行為に他なりません。
でもそれはノーマルな人の場合は、の話。
変態M男の場合は惨めであればあるほど興奮して快感を感じてしまうのです。
どれだけ辛そうな顔をしていても下半身は勃起してしまっています。

次は排泄のタイミング。
排泄もやりたい時にやりたいように行わせていては調教のし甲斐がありません。
排泄の際は必ず許可を得たり、こちらの指示でのみ行わせるようにします。
タイミングによってはペットが排泄を行いたくないタイミングで指示がいくことも考えられますが、そんな時でもペットは逆らってはいけません。
女王様の命令は絶対なので逆らうことは断じて許されません。
例え出なくても必ず排泄を行わなければなりません。

他にも排泄する際の体勢も四つん這いになって犬のようにしなければいけない、こぼした時は舌を使ってきちんと掃除するなど細かいルール決めをしておけばさらに被虐感が高まり身も心も女王様の犬となってくれるでしょう。

食事をコントロールする

food

M男を飼育していれば食事をするタイミングもあるでしょう。
その際でもプレイを一旦中断するなどしてM男に普通に食事させていては飼育のし甲斐がありません。
また、そういった時でもM男の食べたい物などいちいち聞いてあげてはいけません。
食べるものや食べる時間はこちらで指定してあげるようにします。

他にもそういったプレイの楽しみ面以外にも人間は多少お腹を空かせていた方が判断力が鈍って従順になりやすいというメリットもあります。
食べる際もお皿に盛るのではなく犬の食事のようにボウルに入れてあげるようにすれば惨めさや情けなさも一層上乗せされてM男にはたまらない快感になるでしょう。
さらにそんな惨めな思いのその後はちゃんと褒めてあげるようにすれば女王様への忠誠心もアップすること間違いなし。

食事にもちゃんと犬や猫のようにルール決めをすることが従順なペットの飼育にはとても有効です。

射精管理を行う

management

射精管理はM男の飼育には必須と言えます。
射精管理とはM男がイキそうになる時でも自由に射精をさせないということ。
射精するためには女王様の許可を取る必要があります。

本来であれば誰にも束縛されることのない射精という領域でさえ命令の介在を必要とし、イキたくてもいけない苦しさ。
ここにM男はたまらなく興奮します。
射精を必死でこらえる苦し気な表情もドSな女王様には至上の喜びでしかありません。

射精管理はルールを決めたり「まだイッちゃだめよ」のように言葉で行う場合もありますが男性用の貞操帯を使うこともあります。
うっかり射精してしまった時は厳しい罰を与えましょう。

また、射精に関しては後述する「ドライオーガスム」を覚えさせれば射精を必要せずイクことができるようになります。

オナニーを命令する

ona

射精管理と似たようなものですがオナニーは女王様の命令によってのみ行っていいことにします。
オナニーの魅力といえばいつでも自分のタイミングで、その姿を誰にも見られることなく快感を味わえることです。
しかし、そのオナニーを自分の意志で行うことはできなくなればどうでしょうか。

オナニーは自慰ともいいますが、そんな状況で果たしてそれはもはや自慰と言えるか定かではありません。
本来こっそり行うものを真っすぐに見つめられながら行わなければならない。
その普通の人にとっては公開処刑のような状況で最高に興奮してこそ真のM男だと言えるでしょう。

アナル開発をする

dryorgasm

アナル開発は何のためにするか?
ただアナルを拡張したり柔らかくしたりするだけではありません。
それは「ドライオーガスム」を経験できるようにするため。

ドライオーガスムとは通称「メスイキ」とも呼ばれ、前立腺を刺激することによって男性でも女性のように何度もイケる身体になれるという、女王様の前でイキ狂いまくりたい変態のM男にとっては憧れの一つ。
ペットのイキ狂う姿を見て楽しみたい女王様にとってもM男にとっても願ったり叶ったりの快楽世界、それがドライオーガスムなのです。

ペット飼育にアナル開発は付き物ですが開発すれば誰でもすぐにドライオーガスムを味わえるというわけではありません。
気持ち良くイケるようになるまでにやはり個人差があって手練れの女王様が開発を行っても人によっては何か月もかかる場合があります。
アナル開発とドライオーガスムはM男にとってはペットがペットであることの誇りであり、女王様にとっては証しにもなります。
女王様のペニバンで掘られて女性のイケるような身体になれればペットとしての地位は揺るぎない物になるでしょう。
しかし、アナルというパーツは身体の中でもデリケートかつ雑菌の繁殖しやすい部分なので、スムーズに感じやすいアナルを作るためにも前後のケアをしっかり行う必要があります。

また、真正のM男であればペットとして少しでも女王様に喜んでもらえるように、アナルプラグやエネマグラといったアナル開発アイテムを使って自主練を欠かさないようにしましょう。

まとめ

conclusion

いかがだったでしょうか。

こういうプレイを日々繰り返していけばM男はもはや女王様なしでは生きていけない身体になることは間違いなし。
M男飼育で大切なのはプレイそのものではなく、いかに精神的に依存させるかということです。

M男飼育はこう見えてどちらも願ったり叶ったりの関係です。
女王様ならそのドS心を満たすため、M男ならそのドM心を満たすために挑戦してみては!?

M男, マゾ, 出会い, 女王様, 奴隷, 調教

Posted by mazotown