▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

S女性が好むM男性調教

M奴隷調教

S女性が好むM男性調教

preface

SM調教プレイには様々な種類があります。
SMの雰囲気はなんとなくわかる、興味もある。
だけど実際どんなプレイをすればいいのかわからないという方、SMってどんなプレイをすればSMなの?そんな方もいるんではないでしょうか。

初歩的なものからちょっとしたものまでS女性×M男の視点で色々まとめてみました。
これからSMの世界に足を踏み入れてみたい方は是非参考にしてみてください!

目隠しプレイ

blindfold

目隠しプレイはSMの最も基本的なプレイの一つです。
アイマスクまたはタオルやネクタイなどの長い物で視界を遮るだけのプレイではありますがプレイにおけるその効果は抜群!
何も見えなくなるということは相手の行動が全然わからなくなるということ。
そういう状況になるとどれだけ信頼している相手でもどうしても不安になって身体が緊張します。
そうなるとちょっと身体を触られただけでもビクッ!としてしまいます。
それはつまり目隠しすることによって身体の感度が急上昇しているということ。
この状態で性感帯を触られたらどうなるでしょうか?
想像しただけでも興奮しますね!

ポイントは自分で目隠しさせるのではなくS女性がしてあげること。
こうすることで女性に支配されてる感が生まれます。
アイマスクは100均などで手に入る物でも十分なのでお金もかからず、SMのドキドキ感が楽しめるという上級者になっても必ず行うプレイです。

拘束プレイ

cuffs

拘束プレイもSMの基本的なプレイです。
手錠などの拘束具、またはこちらもタオルやネクタイなどの身近にある長い物を使って手や足を縛ります。
拘束して動けなくすることで視覚的にも気分的にも「支配する側」と「支配される側」という立場がはっきりしてSM感も高まります。
拘束は目隠しと合わせて行えばさらに効果的。
見えない上に動けないという圧倒的な主従関係を作り出すことができます。

緊縛プレイと混同されることもたまにありますが緊縛は身体自体をもっと大掛かりに縛るプレイで、縛り方やその安全性に対する知識や縛られる側の覚悟もある程度必要になります。
対して拘束は手首や足首を固定するだけというシンプルな形。
なので拘束プレイは初心者~上級者まで誰でも可能、緊縛プレイはSM中級者以上といった多少の慣れや経験が必要になります。

拘束は普通に拘束する他にもベッドやイスに縛り付けるといった発展形もあります。
見た目的にもいい感じなのでシチュエーションを設定したりすればさらに興奮すること間違いなしです。

言葉責め

word

言葉責めはSMに限らず行われるプレイではありますが、SMではさらにSとMという関係性から「責める」という部分が強調されてハードになります。
言葉責めはそれ単体ですることはまずなく、何かのプレイをしながらその状況を見て行うのが基本です。

普通のプレイでは「すっごく濡れてるよ」「何が欲しいの?」ぐらいの感じになりますがSMでは「~しなさい」「気持ち悪い」「変態じゃん」「何?はっきり言いなさい」などSMプレイじゃなければパワハラや悪口に近いスタイルになります。
口にする女性の方が男性に気を遣ってしまうと中途半端になってしまうので女性の方もS女性になりきって行う必要があります。
M男性は女性に罵られれば罵られるほど興奮するので責める場合はとにかく上から目線が大切です。

さらに言葉責めはアメとムチが基本。
罵るだけではバリエーションに欠けて単調になってしまいます。
なので命令をしっかり聞いてくれた後にはM男を少し褒めたりも織り交ぜてプレイに緩急をつけるようにします。
と、色々ありますがとりあえず実況+上から目線、これが言葉責めの基本になります。

乳首責め

nipples

乳首責めもS女性がよく行うプレイの一つです。
乳頭をあえていきなり責めず周囲をたっぷりと撫でまわして焦らしてからという責め方もよく行われます。
指や舌で撫でる、つまむ、突く、引っ張るといった基本的な責め方の他にも甘噛みといった軽く噛んでみるという責め方もあります。

乳首は性感帯の一つと言われるぐらい敏感な部分。
男性でも急に触られると声を上げずにはいられません。
そのため乳首責め初心者は触られた瞬間に恥ずかしさもあって思わず拒否する動きをしがちでもあるので、抵抗できないように拘束と組み合わせて行うのがおすすめです。

乳首は日常的に触ることで感度を上げやすい部分でもあるので普段から開発をしておくのもおすすめです!
特に乳首を責められると少しこそばゆいという人は普段から慣らしておくのもいいと思います。

踏み付け

step

踏み付けはその呼び名の通りM男を踏み付けるプレイです。
簡単なプレイですが生足で踏んだりハイヒールで踏んだりパンプスで踏んだり、ロングブーツで踏んだりなど踏み付ける場所などで色々なバリエーションを作ることができます。
踏み付けプレイはM男が脚フェチであることも多く、そのまま踏み付けられた足を舐めたりなどの足舐めプレイと絡めて行われることもあります。
痛み系のプレイとしてはスパンキングと並んで最も簡単な部類に入るプレイです。

「人に踏み付けられる」ということはマンガや映画などではあったとしても実際の日常のなかではかなり非日常な行為。
実際やってみると人間としてのプライドを粉々に砕かれることに興奮が止まりません。
踏み付けられた後頭部に罵る言葉の一つでも浴びせてもらえればこんな快感はないでしょう。

踏み付けプレイは後頭部やお腹など踏み付ける場所によってはケガをしてしまわないように注意する必要もあります。

スパンキング

slap

スパンキングというのは身体を叩くプレイです。
手の平で叩いたり何か物を使って叩いたり、女性に叩かれることで性的興奮を覚えるというそこそこ変態濃度の高いプレイになります。
見た目的にはまさにM男!という感じで屈辱感たっぷりで叩かれていて痛いはずなのに下半身は勃起しているという姿はかなりの恥ずかしさ。
叩く場所はお尻だったりお腹だったり太ももだったりその時や好みにより、ビンタもスパンキングの一つです。

そしてスパンキングはただバシバシ叩くだけではなく言葉責めをしながら(されながら)行うとさらに効果的。
「お尻叩かれて大きくなってるの?変態だね!」などそんな感じで言葉を織り交ぜながら行えば自分の惨めさが耳からも伝わり情けなさがさらにアップ。
肉体的にも精神的にも痛めつけてもらうことでプレイの興奮はどんどん高まっていきます。

S女性も叩くことで日頃のストレス解消になりM男もそれで興奮するという願ったり叶ったりの素晴らしいプレイがこのスパンキング。
ちなみに痛みを快楽に変えるという仕組みは脳内麻薬的なものが関係しているようで、人体のメカニズムにはとても理にかなっているらしいです。

射精管理

cum

射精管理とは射精を管理するというプレイです。
「管理」って何?と思われるかもしれませんがこれは自分のタイミングで射精をさせないというプレイ全般をそう言います。
寸止めや強制手コキ、オナ禁などそういったプレイがこの射精管理に含まれます。
どれも自分が射精したいタイミングで射精することができず射精の実行は女性に委ねられています。

寸止めやオナ禁はイキたくてもいけないという苦しみと命令による抑圧がM男的には快感。
そうして溜めて溜めて溜めてからの最終的な射精の気持ち良さはいつもの射精以上の快感でこれがまた病みつきになってしまいます。
オナ禁は指示だけで行われる場合もありますがハードなものになるとコックリングなどの貞操帯を装着するという場合もあります。
こちらはかなりガチで鍵の管理などもしっかり行わないといけないのでSM中級者以上向けですね。

強制手コキは女性の意思一つによってM男的にはイキたいタイミングではないのに高速手コキなどで無理やりイカせます。
女性にレイプされるような気分で、抗うことができない自分、あえなくイってしまった自分への惨めさを味わって興奮することができます。
道具も必要とせず簡単そうなプレイに見える射精管理ですが、本当に気持ち良く行うためには相手も自分も射精の限界のタイミングをある程度知る必要があるなど多少の慣れが必要になるプレイです。

まとめ

conclusion

いかがだったでしょうか。
基本的なものばかりではありますが多くのS女性が好むプレイをざっと挙げてみました。
M男性の方はしてみたいプレイがあったでしょうか?
自分を調教してくれるS女性に出会うことがあったら参考にしてみてください!


ミストレススレイブ

→[PR]次へ:調教してくれる女王様がいる穴場

Posted by mazotown