寸止めプレイで長時間射精管理される方法と注意点

M奴隷調教

寸止めって腹が立つ行為の代表格ではないでしょうか?テレビ番組を観ていると、ついにランキング一位の発表!というタイミングで必ずCMが挿入されますよね。

それもCMどころではなく全く別のミニコーナーが始まったりすると、たかがテレビごときに怒りが湧いてしまうなんてこともあると思います。

そんな風に寸止めプレイというのは実は日常にすごくありふれているもので、これに翻弄されて一喜一憂している人は思いのほか多いものです。

ここで注目したいのは寸止めプレイというのは人の心を簡単に奪っていくだけの強さを持っているということです。

つまり上手くこれを利用すれば、特にSM調教師は実に簡単にパートナーの心も感覚も自分の制御下に置くことができるのです。

この効用を利用して、寸止めプレイを繰り返すことで長時間射精管理を行い、数多くのドM男子を自分の思うままに操っている女王様が実際存在するのです。

今回はそんな実用的価値の高い寸止めプレイを駆使し、ハイクオリティな射精管理を楽しむために必要不可欠な要素とは何か?それを楽しむ方法とは具体的にどんなものかについて考えていきましょう。

寸止めグッズを使ってみる

要は寸止めプレイなんてのは、男のペニスを限界ギリギリまで刺激して、射精しそうになったらすぐに刺激を止めればいいだけだろ?と考える人が多そうですね。

たしかにその考えである程度合っていると思いますが、実際やってみるとそれがそんなに簡単に上手くいくものではありません。

限界ギリギリまで責めるというのはとても難しいもので、ほとんどのマゾ男というのは普通に女王様に責められただけでは、最終的に耐えきれず射精に至ってしまうものです。

いわゆる暴発と呼ばれるその現象を食い止めるためには、当然ながら高度な技術が必要ですが、実はより確実に寸止めを実現するなら何らかのアイテムを駆使した方が良いのです。

たとえば男性器が意図しない射精を防止するために便利なのはペニスサックやコックサックと呼ばれるもので、これを使えば何を用いない場合より射精をしづらくすることができます。

また、ペニスを締め付ける物であれば基本的に効果があるため、ハードSMに慣れた人は段ボールなどを締め付ける結束バンドを用いる場合などもあるようです。

さすがに結束バンドなどの工業用のアイテムは最悪の場合ペニスに怪我を誘発してしまう場合があるためおすすめはできませんが、とにもかくにもペニスを締め付けることのできるアイテムはとてもよく役立ちます。

なのでマゾ男であるあなたが比較的早漏だという自覚を持っているのであれば、SM女王様から寸止めプレイを受けるときは、自ら進んでそのてのSMグッズを持ち込んで利用してみるといいかもしれません。

寸止めも長くなると…

射精したいのにできない、イキたいけどイケない。そんなジレンマを楽しむのが寸止めプレイです。

しかしそんなジレンマがなくなって、もはや射精なんてしなくても良い、なんてことを考えるようになったらどうなるでしょう?

つまりはイキたいという気持ちがないまま、ただただ性器に刺激が与えられている状態は、本当に寸止めプレイとして価値があるのでしょうか?

実はそんな寸止めプレイの要件を満たさない、イキたいという気持ち自体が射精管理中になくなってしまうという、ある意味最悪の状態に至る危険性が寸止めプレイにはあるのです。

実際人の体というのは同じ部位を何度も刺激されていると、その刺激に慣れて何も感じなくなってくるものです。

いわゆるマンネリ化というやつですが、これはなにも数日を跨ぐ長期間で起こることではなく、短時間でも起こりうることなのです。

そのため、寸止めプレイというのは実は何時間もやっていれば良いものではありません。なぜなら男性は射精を耐えていてもカウパー腺液を出し続けますし、体も疲労を重ねていくからです。

なので熟練のSM調教師、女王様というのはマゾ奴隷をむやみに長期間射精管理したり寸止め責めしたりはしません。

そういった攻めの時間や強弱を上手く調整する、いわゆるバランス感覚というのを備えた人と出会うことが実はSMパートナーを探す上でとても大切なのだということは覚えておく必要があるでしょう。

Posted by mazotown