未知なる快感!男の潮吹きのやり方と注意点まとめ

M奴隷調教

皆さんは男の潮吹きをご存知でしょうか?
男の潮噴きよりも女の潮吹きの方が有名ですね。
単に潮吹きと言った時には女の潮吹き、もしくはクジラの潮噴きを指します。
なので、わざわざ男のを付けて区別しています。

潮噴きというくらいなので、女性の潮吹きのように男も勢いよく潮を吹くことができるのです。

男の潮吹きは近年知られるようになってきたため、女性の潮吹きと比べるとまだ解明されていない点が多いです。
潮噴きの成分は精液とは違うと言われていますが、まだ未知の状態でハッキリとは分かっていません。
今、分かっているだけでも、確実な方法というものはありません。
また女性の潮吹きも必ずしも気持ちがいいわけではないように、男の潮吹きも気持ちがいいかどうかは個人差があるようです。

それでも一度は経験してみたいと思うのがM男の性でしょう。

マゾカスタム

潮噴きとは?

そもそも潮吹きとは、クジラなどの大型哺乳類が呼吸をする時に鼻の辺りに溜まっていた潮が呼吸で吹き上がる現象です。
誤解されていますが、海水を吸って吐いているわけではありません。

その様子が女性器を刺激すると水分が勢いよく飛ぶ現象とよく似ていることから、その現象を潮吹きというようになったようです。
その液体は尿道から排出されることがわかっていますが、普通の尿とは違う成分(愛液など)も入っているようです。
毎回、同じ成分の割合でもなく、個人差もあり、完全な解明にいたってはいません。

性的に刺激された場合に潮吹きしますが、必ずしも潮吹きするわけでもなく、個人差もあり、しない人は全くしないし、する人は何度でもしてしまう人もいるようです。
AVで見た人が真似をして、むやみやたらと刺激して潮を吹かせようとする人もいますが、女性にとっては苦痛でしかないので、無理矢理やるのはやめましょう。

また、似たような現象が男性でも起きることが分かり、それは男の潮吹きと言われるようになりました。
これも尿とも精液とも成分の割合が異なるようです。
女性の潮吹き以上にまだ解明されていないことも多いです。

男の潮吹きの基本的な方法

基本的には射精を一回してから、そのままペニスに刺激を与え続けると潮噴きするようです。
特に亀頭をメインに刺激すると潮吹きしやすいです。
オイルやローションなどを使って、亀頭のみを手のひらで包むようにグルグル回したり、撫でたりしましょう。

潮噴きは射精よりも勢いよく大量に水分が飛んでいくので、タオルを敷いたり、汚れても掃除しやすい場所でやるのがオススメです。
先に射精をしなくても潮吹きする場合もあるようですが、射精してからの方が確率は高くなります。
ただ個人差があり、潮吹きというほど飛ばない場合もあるようです。
ジワジワ染み出ることもあるそうなので、それでも正解です。

オナニーでやろうとすると賢者タイムなどの都合により自力で刺激を与え続けることは難しくなります。
射精したばかりだと気持ち良さよりも不快感のが先立つかもしれませんが、それを乗り越えないと潮吹きはやってきません。
初心者はできたらS女や女王様など他人にやってもらう方が潮吹きする確率は高まるでしょう。
どうしても自力でやりたい場合は、電マやバイブなどの道具に頼ると良いでしょう。

ただし、男の潮吹きは必ずできるかというとそうでもないようです。
最初からできる人は全体の20%くらいと言われているので、潮吹きができなくてもおかしくありません。
日を改めて何度か試してみましょう。

潮噴きしやすくなる!事前準備

1.トイレに行っておく

潮噴きは時間がかかるのと、勃起してたらトイレに行きにくいので先にすましておきましょう。

また、潮吹き後は力が抜けて弛緩しやすくなります。
潮噴きの後、アナルからも漏れやすくなるので、できたら大の方もしておきましょう。

2.水分補給をする

水分を放出するので、できるだけ先にたくさん飲んでおきましょう。
潮噴きまでに時間もかかるため、途中でも水分補給しやすいようにそばに飲み物をおいておくと良いでしょう。
万が一のことを考えて、蓋つきのマグカップやペットボトルにするとさらに良いでしょう。

とはいえ、飲みすぎてもトイレに行きたくなるので、丁度良い量を飲むようにしましょうね。

3.汚れてもいい場所でやる。

通常のオナニーもどこに飛ぶか分からないので、お風呂でやる人も多いかと思います。
潮噴きはさらにどこに飛ぶか分からず、射精よりも勢いが良いので、さらに汚れやすくなります。
後片付けを考えたらお風呂が一番です。
ですが、通常の部屋でどうしてもやりたい場合はタオルやビニールシートを敷いたり、汚れてはいけないものは片付けておいたりしましょう。

潮吹き後、力が抜けてアナルからも漏れることがあります。
お尻の下にはタオルやペット用のおしっこシーツを敷いておくといいでしょう。

潮噴きの注意点

1.時間がかかる

通常のオナニーと比べるとどうしても時間がかかります。
慣れたら簡単にできるようになりますが、それまではある程度時間の確保をしておかないといけません。

特にパートナーに手伝ってもらう場合はパートナーにもその時間を確保してもらわないといけないので、大変です。

2.男の潮吹きが快感に感じるかどうかは個人差がある

男の潮吹きができたとしても、特に快感を感じない場合もあります。
俗にいうメスイキとも違い、必ずしも快感がおとずれるわけではないそうです。
何回か経験すると快感に変わる人もいれば、ずっと快感を感じられない人もいます。

3.なんらかのデメリットがある可能性がある。

まだ潮噴きする確実な方法も確立されておらず、潮吹きの成分も解明されていません。
何のためにこんなふうに潮吹きするのかもわかっていません。
未解明な部分が大きく、最近知られるようになってきたので、何らかのデメリットがある可能性があります。

まとめ

男の潮吹きはだれしもができるわけではないというところも興味のある人にはたまらないでしょう。
そして、未知の快感であることは確かなので、興味がある人以外はやらない方がいいでしょう。
注意点や準備を怠らずに楽しんでください。