【BDSM】マゾがド変態であるほど興奮するBDSMの詳しい話

M奴隷調教

BDCMとはなにか?
BDSM(ビーディーエスエム)とは、人間の性的な嗜好の中で嗜虐的性向をひとまとめにして表現する言葉である。

「B」…Bondage(ボンデージ)
「D」…Discipline(ディシプリン)
「SM」…Sadism & Masochism(サディズム & マゾヒズム)
近しい文脈で語られる別の略語として、D&S、DS、D/S…Domination & Submission(ドミネイション:支配 & サブミッション:服従)と呼ばれる言葉もある。そのためSMと区別してBDSMはBondage & Discipline(またはDomination) & Submission & Manipulation(マニピュレーション:操作)などと原義が割り振られることがあり、解釈は様々である。ボンデージは直訳すれば「捕われの身分」であり、その状態を指す。ディシプリンは「懲戒」を意味し、西洋では体罰による厳しい躾も意味する。サディズムは加虐性向、マゾヒズムは被虐性向であるので、状況としての嗜虐と行為としての嗜虐を含む広範な言葉と言える。しかし一般的な欧文略語と同じように語感が一人歩きし始めている。一つのカップルが人権を尊重しない行為に対し、性的興奮を覚えるために、それら行為によって発生するであろうリスクに同意をしている。

参照:ウィキペディア

そして、BDSMにおいてもっとも重要なのが「お互いに同意している」ということである。これだけは忘れてはならない。これを無視すればプレイではなく性犯罪になりかねない。

まとめるとこうです。BDSMとはお互い同意の上で行う支配する側とされる側に別れた性的嗜好の行為である。

よく混同されることとして、一連の行動だと思われがちなプレイと性行為。これは全く別物であり、必ずしも性行為があるわけではない。そしてBDSMを好む嗜好者はその性的快楽を追求することに喜びを感じセックスに重点を置いていない。セックスありきのSMプレイはSM嗜好者というよりも刺激的な性体験をしたい人なのであろう。

また一度、同意や契約(奴隷契約書のようなもの)をすればそれがずっと続くものではなく、本人の自由意思が尊重されなくてはならない。そのためどちらかが解除したいと申し出ればそれを受け入れるのがルールである。

この点を間違えないようにしてBDSMという世界を楽しんでもらいたい。

どういったプレイがあるのか?

細かな性癖が存在するように、プレイも数えきれないほどたくさん存在する。そのパートナー同士の特別なプレイも存在するだろう。よく行われる人気度の高いプレイを挙げると
○主人と仕える人
○ペットプレイ
○シチュエーションプレイ(学校や医療など)
○赤ちゃんプレイ
○レイプ・強姦プレイ
○アナルプレイ
○拘束・監禁プレイ
○苦痛・拷問プレイ
○奴隷プレイ
○露出プレイ
などが挙げられます。
調教をしていく上での手段としてスパンキングや緊縛、蝋燭、水責め、火責め、拘束など挙げればキリがありません。

支配する側と支配される側

「理解できない」とよく聞きますが、自分は普通だと思っている人たちも実は支配する側とされる側に置かれているのです。

普段私たちはいろんな選択をして日常を暮らしています。自由であることを好み支配されることを嫌います。しかしいつの間にか見えにくい形で支配する側とされる側に立っていることに気付きます。
学校や会社ではその社会に属します。シチュエーションプレイに入ります。ペットプレイはその名の通りペットが人間に。拘束・監禁プレイは刑務所や人質など。苦痛・拷問プレイはそのまま言葉通りでリアルに行われています。国によっては奴隷もあります。全てが当てはまるとは言いませんが形を変えて私たちは支配する側とされる側に立たされているのです。

それに性的嗜好を混ぜたのがBDSMだと言うことです。そう考えると何ら不思議なものでも理解できないものでもないと思いませんか?興味があるかないかの違いなだけなのです。
普段の生活では同意が有る無しに関わらず日常を送るためにそうせざるおえませんが、状態を過激化したBDSMの世界では同意が必要です。

BDSMの効果

BDSMはただ単に一部の人の特殊性癖としてのお楽しみなだけの存在ではなく、心や体にもたらす影響も科学的に研究がされているようです。
その効果とは一体どんなものなのか?
それは脳の活性化やストレス発散、想像力の増加といった脳の変動がみられたことです。
刺激や快楽による脳の活性化はとても素晴らしいもので、感情を刺激し想像力を増幅させました。またストレス発散という面においてはS側がストレス発散となったのではなく、S側もM側もストレス値が下がったという報告があります。
これはいつも抑えている内なるものが解放されプレイによって満足感や解放感を味わえた結果と言えるでしょう。
解放による幸福度の高さはストレスを抱えている人に比べてとても高いようです。

こういったことからただの特殊性癖の変態プレイなだけではなく、好きな人ならではのなくてはならない行動のひとつと言えます。

このような心身ともにプラスになる効果が出るには大事に育ててきたお互いの関係、主従関係が十分に深まっていなければ成り立たないことでもあります。

プレイはマゾがド変態マゾであるほどもえる

これは主従関係を深めていく上でもとても重要なことです。お互いに気持ちがいい・楽しいと感じるのはお互いが自分の役割を果たしその変態性癖で快楽を得ている時に尽きます。
そのためマゾがド変態マゾである程サドはもえるのです。またマゾは変態快楽をどんどん深めていく、さらけだしていく、ここで恥ずかしがっているようではまだ主従関係の深まりが浅いといえます。サドはどうしようもない変態であるほどにマゾが可愛く感じられます。

SMパートナーであると言っても基本は人間関係です。同じ性癖だからといってすぐに打ち解けることはできません。たくさん話し、たくさん知り、たくさんの調教を通して関係を深めていきます。一朝一夕では完成できないのです。

おわりに

BDSMとは性的な行為を含む虐待であってはならない。「知らなかった」「合意の上のはずだ」と都合のいいように逃れようとする輩もいます。確かにプレイは「支配する・痛めつける・責め側」と「支配される・痛みを伴う・受ける側」かもしれませんが、それはひとつの愛情の形です。無理強い、強制・脅迫はもってのほか。このような行動は本当にSMが好きな人たちへの暴力にもなります。
相手を思いやり受け入れ、理解した時にどこにもないその極上の快楽を味わえるものだと思ってください。