女王様からの射精管理時にM男は何を考えるのか?どんな心境になるのか?

M奴隷調教

女王様から言い渡された射精管理、貞操体も装着されてしまい本格的な射精管理プレイをする事になった時

好きな時に出せないどころか勃てる事も出来ない貞操体を付けられてM男奴隷は何を考えるのか?どんな気分になるのか?

どういう心境でその射精管理をを受け入れるのか?

これは射精管理をしたことが無くてもしてみたい、と思うM男にこそ知って欲しい射精管理の葛藤と喜びの記録である。

射精管理の流れ

被検体M奴隷男・Wのケース

Wは今年で27になる普通の会社員。特定の恋人はおらずただ、彼を飼ってくれている女王様がいる。

M奴隷歴は2年で女王様とはネットで知り合いお互いの家に距離があるので1~2か月に一度プレイを楽しむ程度。

それ以外は風俗か自分で済ませている。だいたい1~2日に1回は発射する程度には元気の有り余ってる男だ。

今回はそんな彼の射精管理プレイに至った経緯とその時思ってた事を元に射精管理される男性は何を思うのか、どんな心境になるのかについて伝えていきたい。

射精管理開始

射精管理当日、Wはそんなプレイをする事を聞かされていなかった。

ただ、久しぶりに女王様とプレイをする事にうきうきして我慢できなかった彼は前日思い切り一人で致してしまっていたのだ。

実際女王様と会ったその日に、プレイ後女王様に今日までの間どうしてるのか聞かれて素直に昨晩オナニーに励んだことを伝えて、今日が楽しみ過ぎたことをアピールしたら

勝手に出すのは駄目という流れになり、射精管理をされてしまう事になってしまう。

むしろどうあっても射精管理を最初からしようとしてたとも思える、バッグからすぐに出てくる男性用貞操帯。

始めて物を見たWはこんなのつけたら色々と困る…と素直に思ったがそこはやはり女王様の命令で逆らう事は出来ず。

金属製の貞操帯を付けるために下の毛をツルツルにされてしまい、そしてまず最初に1週間の射精禁止を言い渡されてしまう。

そして思ったよりもキッチリとSM道具然とした貞操体を付けられて普段あまり感じない金属の冷たさにと尿道に入ってくる管の感覚反応してしまいそうになりながらWの射精管理は開始したのだが…

W自身は、1週間の射精管理という事で1週間後にまたプレイできることを喜んでいたのかもしれない、この時は。

射精管理1日目

Wは射精管理のために付けられた貞操体のロックは本当にカギを使って管理されてしまい、次週まで女王様が持ち帰ってしまった。

そして射精管理をしている間は出来るだけ用足しにも注意しないといけない、できれば小でもウォッシュレットを利用してビデで出した後洗ったほうが良い事

入浴はできるだけ毎日して清潔にすることなどの注意を受けたのだが…このうちの必ず温水便座を利用してビデで洗うという点と用足しに必ず便器に座って、普段よりも勢いのない尿をちょろちょろと出すのがかなり屈辱的だ。

プレイではM男でも普段の私生活ではそうもいっていられず普通を装って生活していたWからしたら普段の生活までプレイに侵略されてしまっているのは

今までにない感覚…たぶん悦びだったのだろうがそんなものを受けたに違いない。