アナルローズ?女体化!?M男のアナルプレイによる肉体的変化

M奴隷調教

マゾカスタム

アナルプレイというと一昔前まではゲイか、ストレートでも限られた変態中の変態だけが愉しんでいたプレイでしたが、インターネットが発達しアナルプレイの魅力やその方法が紹介されはじめるとじわじわと広がり始め、今では男性の3人に1人が何かしらのアナルプレイを経験していると言われています。
これにはSMプレイの認知度が上がった事も要因とされ、その証拠にM男性の9割はアナルプレイの経験あり、もしくは興味があるという結果が出ているほど。
ネットの普及で爆発的に広まったアナルプレイの一番の魅力は何と言っても一度覚えると抜け出せない程中毒性のある快感です。
ペニスで得られる快感よりもはるかに気持ちよく、射精の8割くらいの快感が2,3分続き、その上際限なく味わえるというのですから、夢中になってしまう人が続出するのも頷けますね。しかし、本来は便を排出するために作られた器官です。
クセになればなるほど体が適応してきて身体的な変化が現れるようになります。
そこでアナルプレイを行うと身体的にどのような変化が起こるのか、解説していきたいと思います。

アナルプレイってどんなのがある?

アナルプレイと一言で言ってもその種類は多岐にわたっています。
まずはアナルプレイの種類について簡単に説明しましょう。

浣腸

pn062_190308_001

腸内に液体などを注入する事で、本来は便やガスの排泄を促進させる用途で用いられています。
SMプレイでは排泄できない苦しみや人前で排泄させる屈辱を与えるといった目的で使用される事が多いですが、アナルプレイとしての浣腸は大量の液体で腸内が満たされる快感や一気に排便する爽快感を得る事を目的として行われます。
また、他のアナルプレイを行う際の腸内洗浄の役割もあるので、アナルプレイヤーにとって浣腸は馴染み深いものといえます。

前立腺マッサージ

pn062_190308_002

指や器具を用いてアナルの中にある前立腺を刺激し、快感を得る事を目的とする行為です。
最初は違和感を感じるものの慣れてくると快感が増し、やがてドライオルガズムにも繋がります。
そのため、前立腺開発=アナル開発といってもいいでしょう。

アナルオナニー

アナルに指や玩具を挿入して快感を得る事を目的とする行為です。
前立腺マッサージとの大きな違いは快感を求める場所が前立腺に限らないという点。
肛門と指が擦れる感覚が気持ちいい、ディルドを抜いた時、太いウンコが一気に出てきた感じがして快感、といったように前立腺で得られる快感とは違った楽しみ方をする人もいます。
もちろん前立腺の快感とダブルで味わえればより一層アナルプレイの醍醐味を味わえます。

アナルセックス

アナルにペニスを挿入する行為です。基本的に男性はゲイやバイでない限り挿入する側となりますが、M男性がニューハーフやペニスバンドを着けた女性にアナルを犯される事もアナルセックスと考えてもいいでしょう。

アナル拡張

専用の器具などを用いてアナルを拡げていく事です。
スムーズなアナルセックスを行う事を目的として行うのがポピュラーですが、アナルマニアになると拳を入れるフィストファックや足のつま先を挿入するフットファックができる程拡張する人もいます。

アナルプレイをすると体にこんな変化が!

ではアナルプレイを行うと体にどんな変化があるのでしょうか。
アナルプレイが好きで堪らない!というM男性にとっては非常に興味深いところですよね。主な肉体的変化としては下記のようなものがあります。

肛門が緩む

pn062_190308_003

肛門がしっかりと閉じているのは括約筋の働きによるものです。
しかしアナルプレイを行う事で、この括約筋がほぐれるので結果的に肛門が緩んでしまいます。これにより、ウンコが漏れやすくなるオナラが出やすくなるという事はありますが、括約筋が切れない限りウンコがダダ漏れでオムツ生活を強いられるという事は基本的にありません。
ただ、アナルプレイの直後に下痢になった場合は我慢が利かない事があるので、プレイの前は下痢にならないような食事を心がける注意が必要です。
また、よく一度肛門が緩むと二度と元に戻らないと言われますが、決してそんな事はありません。こちらも肛門の括約筋が切れてしまった場合は別ですが、数ヶ月アナルをいじならなければ十分に元通りになります。
しかし、逆にいえば数ヶ月アナルプレイをしなければ元の健全なアナルに戻ってしまうので、いつでも「この淫乱ケツマンコ!」と言われたいM男性は常にアナルの鍛錬をしておきましょう。

直腸が拡がる

指を挿入した程度では直腸が拡がる事はありませんが、極太のディルドなどを継続的に使用すると直腸が大きくなる事があります。
直腸は伸縮性のある皮膚のようなもので出来ているので、常に太いモノを入れていれば腸の皮が伸びて拡がるというのは当然といえば当然ですよね。
直腸が拡がるとウンコが溜まるスペースも広くなるので、結果的にウンコも極太になってしまう可能性があります。
アナルプレイをするようになってから直径5センチ越えのウンコが頻繁に出るようになったという人もいるほどです。
これはある意味、これだけアナルが拡張されたと目で見える形でわかるので、人によっては感動すら覚えるかもしれませんね。女王様の前で極太のウンコをひり出して「この極太クソ野郎!」などと罵られたいM男性はこれを目的にアナル開発に勤しんでみてもいいでしょう。

色素沈着する

黒いチンコはヤリチンの証だといいますよね。これはセックスをヤリまくるとチンコがマンコに擦れるので、摩擦による色素沈着が起こっているからです。
同じくヤリマン女のマンコは軒並み黒ずみ「ドドメ色のグロマンコ」などと形容されたりします。という事は、当然アナルも使い込めば色素沈着していきます。
つまり、黒いアナルはヤリチンならぬヤリケツの証というわけです。
AV女優なんかだと見栄えが悪いからと、クリームやレーザー治療といった方法でアナルブリーチングの施術を受ける人もいるみたいですが、M男性は立派なヤリケツの証を残したいという考えが多く、そのままにしている人がほとんどです。
色素沈着で何か深刻な弊害があるわけではないので、恥ずかしいからとブリーチングするか、ヤリケツの証をくっきり残すかは貴方次第です。

アナルローズが咲く

アナルプレイに興味がある人なら一度は聞いた事があるであろう、アナルローズです。
拡張したアナルがめくれて直腸が飛び出てむき出し状態になった様子がまるでバラの花のようだという事からこの名前が付きました。
アナルを拡張してなおかつ直腸が飛び出るほど伸びた状態にしなければならないので一朝一夕で行うのは難しいでしょう。
アナルマニアの間ではローズを咲かせて一人前と言われているくらいなので、アナルの魅力に目覚めたなら目指してみてもいいかもしれません。
ちなみにアナルローズの見た目はグロいので痛々しさを感じますが、直腸には知覚神経が来ていないので無茶な拡張をしない限り、それほど痛みは感じないようです。

アナルプレイすると女体化するって本当!?

pn062_190308_004

アナルプレイによる肉体的な変化として、アナルプレイをすると女体化するという噂を聞いた事がある人も多いかもしれません。
女性への変身願望があるM男性にとってもし本当ならこれ以上の朗報はないですよね。
そこでこの真偽のほどを考察してみました。

女体化には女性ホルモンが必要不可欠

まず、女性らしい体つきを手に入れるためには女性ホルモンが必要不可欠です。
女性ホルモンを注射すると胸が膨らんだりチンコが小さくなったりするのはこのためです。通常、この女性ホルモンは男性の体ではほとんど分泌されません。

女体化のカギを握る“アロマターゼ”

男性の体には女性ホルモンはほとんど分泌されないと書きましたが、全く分泌されないわけではありません。
では男性の体において女性ホルモンはどのように作られるかというと“アロマターゼ”という酵素が男性ホルモンを女性ホルモンへと変換して作られる事が知られています。そしてこの“アロマターゼ”は精巣や肝臓、脳、脂肪細胞から作られていると言われています。

アナル開発で女体化はしないが定説。でも…

先に定説からお話すると、男性ホルモンを女性ホルモンに変換する“アロマターゼ”は精巣や肝臓、脳、脂肪細胞から作られており、アナル開発で直接刺激する場所ではないためアナル開発で女体化する事はないとされています。
しかし、ここではあえて異議を唱えたいと思います。

皆さんは女性化乳房という症状を聞いた事があるでしょうか。
男性でもホルモン注射などなしで女性のように胸が膨らむ症状で、ホルモンバランスが崩れやすい思春期や肝機能・精巣機能の低下によって起こりやすいと言われています。
という事は先に解説した女性ホルモンを作る“アロマターゼ”は肝機能・精巣機能が低下した時に作られると予想できます。
アナルプレイが中心になるとドライオルガズムを迎えやすくなるので、射精を求める事が減ります。その結果、精子を作る精巣の機能低下が考えられ“アロマターゼ”がたくさん作られ、女性ホルモンが増える、という可能性もなくはないと思います。
あくまで推測の域ですが、アナルプレイで女体化するかもしれない、と考えた方が夢がありますよね!