アナルローズ?女体化!?M男のアナルプレイによる肉体的変化

M奴隷調教

アナルプレイというと一昔前まではゲイか、ストレートでも限られた変態中の変態だけが愉しんでいたプレイでしたが、インターネットが発達しアナルプレイの魅力やその方法が紹介されはじめるとじわじわと広がり始め、今では男性の3人に1人が何かしらのアナルプレイを経験していると言われています。
これにはSMプレイの認知度が上がった事も要因とされ、その証拠にM男性の9割はアナルプレイの経験あり、もしくは興味があるという結果が出ているほど。
ネットの普及で爆発的に広まったアナルプレイの一番の魅力は何と言っても一度覚えると抜け出せない程中毒性のある快感です。
ペニスで得られる快感よりもはるかに気持ちよく、射精の8割くらいの快感が2,3分続き、その上際限なく味わえるというのですから、夢中になってしまう人が続出するのも頷けますね。しかし、本来は便を排出するために作られた器官です。
クセになればなるほど体が適応してきて身体的な変化が現れるようになります。
そこでアナルプレイを行うと身体的にどのような変化が起こるのか、解説していきたいと思います。

アナルプレイってどんなのがある?

アナルプレイと一言で言ってもその種類は多岐にわたっています。
まずはアナルプレイの種類について簡単に説明しましょう。

浣腸

pn062_190308_001
腸内に液体などを注入する事で、本来は便やガスの排泄を促進させる用途で用いられています。
SMプレイでは排泄できない苦しみや人前で排泄させる屈辱を与えるといった目的で使用される事が多いですが、アナルプレイとしての浣腸は大量の液体で腸内が満たされる快感や一気に排便する爽快感を得る事を目的として行われます。
また、他のアナルプレイを行う際の腸内洗浄の役割もあるので、アナルプレイヤーにとって浣腸は馴染み深いものといえます。

前立腺マッサージ

pn062_190308_002
指や器具を用いてアナルの中にある前立腺を刺激し、快感を得る事を目的とする行為です。
最初は違和感を感じるものの慣れてくると快感が増し、やがてドライオルガズムにも繋がります。
そのため、前立腺開発=アナル開発といってもいいでしょう。

アナルオナニー

アナルに指や玩具を挿入して快感を得る事を目的とする行為です。
前立腺マッサージとの大きな違いは快感を求める場所が前立腺に限らないという点。
肛門と指が擦れる感覚が気持ちいい、ディルドを抜いた時、太いウンコが一気に出てきた感じがして快感、といったように前立腺で得られる快感とは違った楽しみ方をする人もいます。
もちろん前立腺の快感とダブルで味わえればより一層アナルプレイの醍醐味を味わえます。

アナルセックス

アナルにペニスを挿入する行為です。基本的に男性はゲイやバイでない限り挿入する側となりますが、M男性がニューハーフやペニスバンドを着けた女性にアナルを犯される事もアナルセックスと考えてもいいでしょう。