【SM】女王様も大好き♪M男の羞恥心を擽るSMプレイ7選

M奴隷調教

マゾカスタム

「羞恥心」とは「恥じらい」。調教における羞恥心とは、相手に見られながらこんなことをして恥ずかしい、こんなことを思っていて恥ずかしいという心の動きを表します。

羞恥心を煽ることは変態マゾを調教する上で必要なことであり、マゾがよりマゾらしくなるため、羞恥心のその先に洗練された真性M男となるべく心の調教とも言えます。

そこで、数あるSMプレイの中で女王様も楽しくM男の羞恥心を擽るプレイ7点をご紹介したいと思います。

言葉責め

言葉責めが得意な女王様はたくさんいらっしゃいます。女王様はM男をよく観察し交わす言葉や身体の反応を見てM男を責めてきます。女王様も好きなプレイでありM男としても恥ずかしいことをズバリ言い当てられるという興奮度合いが跳ね上がるプレイです。
言葉責めはお互いに気持ちが良くなれるプレイとして人気が高い理由は、特別な道具が必要だとか、専門の知識が必要といったことはなく、いつでもどこでも始められるSM調教のひとつです。

また言葉責めは羞恥心を煽るにはもってこいのプレイで、例えばM男のいやらしくなってる体の状態を見抜かれ「こんなにおちんちんを大きくして本当に変態ね。」なんて言われれば恥ずかしさこの上ないうえに女王様も楽しんでくださるのを感じM男として幸せな気持ちになります。

おしっこプレイ

おしっこは女王様の聖水を頂く(ぶっかけ・飲尿)こともあれば、赤ちゃんプレイなどの一環でおしっこするところやお漏らしを見られるという2パターンがあります。
聖水を頂く場合M男は女王様の大事なところからおしっこが出ているのを見て興奮します。そもそもおしっこをかけられることは屈辱以外の何物でもありません。それなのに興奮状態でチンコは勃ち上がりド変態な自分(M男)をさらけ出してしまう。これがまた幸せだったりします。

逆におしっこを見られる場合、見られること自体とても恥ずかしいことです。それをわかったうえで女王様は調教をします。小さい子の躾のようにおしっこをするところを見られ恥ずかしがりながら見られる気持ちよさに浸ります。

ウンコは得意としない女王様もいますがおしっこは平気な女王様も多いです。普段は1人で済ませる排泄シーンを人の存在を感じながら行うのは変態の証拠。変態が好きな女王様にとってM男を支配できる楽しい調教となります。

舐める

身体の至る部分を舐めます。舌から伝わる女王様の肌の温もりや質感が感情を高ぶらせるプレイのひとつです。舐められることが嫌いな女王様もいらっしゃいますが顔面騎乗やM男の顔の上に足を置きそれを舐めさせるのは好きという女王様もいます。これは女王様も気持ちがいいからです。
足を舐めるなんてこれもまた屈辱的ですよね。女王様はそんな無様なM男が可愛く見るものだし、M男は女王様の匂いを感じながら幸福感を感じることが出来ます。お互い気持ちが良くなれるハッピーなプレイです。

また舐めるという行為は愛情を感じるものです。SMの世界では主従関係が重要としているので頼関係を築くことや相手への思いやりを忘れないことが大事です。動物的な行動は感情に直結しますので密度の高いプレイをしたい時にはとてもいい調教となります。

いろんなポーズを取らせる

服従の証として土下座や正座。ペット調教としてチンチンポーズ、お尻を突き上げて四つん這い、大股開きで陰部丸見えの開脚など、調教を進めやすくするためにそのポーズを取らせるほか、命令として自分で恥ずかしいポーズを取らせることもあります。羞恥心をくすぐるプレイです。普段することのないポーズであればあるほど見られる緊張と恥ずかしさは増してい、それが一定ラインを越えると快感へと変わります。

鏡越しの調教

客観的に自分を見ながら調教されるという恥ずかしさ。ホテルなどの場所では大きな鏡がありますが、個人の部屋で調教を行うのなら姿見の鏡があるといいです。たまに鏡越しに目と目を合わせて言葉で責めたり、道具を使いながら喘ぐ自信を見せたり、恥ずかしいポーズを取らせながら自分自身で自分の状態を確認させるのもいいですね。
客観的に見るということは羞恥心が倍増するので強い印象を残すことが出来ます。調教内容は痛みの強い調教以外ならどんなものでもいいでしょう。痛みの強い調教は目から伝わる痛みの情報と体自体の痛みにより、より痛みを感じることになるので超ハード嗜好のM男以外には向きません。

複数プレイ

痴女や女王様集団に調教されたいM男も多いです。ハタから見たらハーレム状態ですがその嗜好が調教中の男性というだけのこと。1対1の調教が多いなか複数の女性に囲まれて調教されるのは奴隷感を強く感じる調教スタイルになります。
自分1人対多数の人というのは感情が分散され不安や緊張感を煽ります。そして様々なことを女王様はされるので自分がめちゃくちゃになっていく様を感じながら昇天していきます。
性奴隷となった底辺の自分を味わってみたい時に試すのがおすすめです。女王様も楽しくおしゃべりしながらM男を足蹴にできるので楽しみながら調教をしてくださいます。

露出プレイ

露出は危険も伴いますが羞恥心を最大限に引き出すプレイと言えます。
全裸でプレイ・着衣のままプレイ、外で行われる様々なプレイ、全部ひっくるめてできることはたくさんありますが、完全に全裸で調教をするよりも少しだけ着ている状態の方が野外プレイでは恥ずかしさが増すことがわかっています。、完全に見えるよりも見えるか見えないか微妙といったギリギリのラインが羞恥心を煽るのです。全裸丸見えだと動物的な開放感が高まりすぎて恥ずかしさよりスッキリ爽快感を感じてしまいます。大胆になってほしい時は全裸丸見えの状況でもいいですが、羞恥心をくすぐりたいのならギリギリを狙います。

まとめ

初心者や経験の浅い人はだいたいどんなプレイでも恥ずかしさと緊張感をもっています。いきなり大胆でハードな調教は避け少しずつ変態性を磨いていくと日々の調教が楽しく感じられます。
そして、どんなに恥ずかしいプレイでも回数を重ね慣れてくると大胆になり羞恥心が薄れていきます。そのようなときはマゾとして人段階成長したと考え、より過激でエッチな調教へと進んでいきましょう。

SMプレイ, 羞恥心

Posted by mazotown