今週のS女性アクセス1位

ご近所でさがす

マゾ女性だって経験したい!潮吹きプレイについて解説

M女調教ガイド, 投稿者:坂井金時

sio01

 

男なら誰もが一度は憧れるのが潮吹き。
AV好きな人なら絶対見たことがありますよね。

でも実際に潮を吹かせたことがある人って実はそこまでいないかもしれません。
普通にセックスしているだけでは潮ってなかなか吹かせられないんですね。
偶然吹かせられたとしてもそれ以来できなかったりとか。

特にS男性なら潮吹きはぜひマスターしたいテクニック。
女性にブシャー!って潮を吹かせたあの瞬間は何物にも代えがたい圧倒的な征服感です。
さらにM女性ならみっともなく股を広げて潮を吹いている自分自身にも興奮してくれます。

そんなわけでSM的にも潮吹きはおすすめのテクニック。
潮吹きのやり方について紹介していきます。

 

【豆知識】潮吹きとイキは違う

sio02

「潮吹き=絶頂」と思う人も多いと思いますが実はそうでもありません。

潮を吹くということと、絶頂ってあまり関係がないらしいんです。
つまりこれ以上ないぐらい絶頂しても潮は絶対吹くわけではありません。
むしろ潮を吹くと同時にイッている女性は10人に1人ぐらいという説もあります。

「イク」ということと「潮を吹く」ということは別々に考える必要があります。
イカせるためにはイカせるテクニックが必要で、潮を吹かせるためには潮を吹かせるテクニックが必要、ということになります。
潮の出方も人それぞれでAVみたいにピューッと発射する女性もいれば、おしっこみたいにジョボジョボ出る女性もいます。
そのため、とにかく鬼イキさせれば女性は潮を吹く!というのとはまたちょっと違います。

潮吹きの潮自体は無味無臭でおしっこ近い液体、言ってみればめちゃくちゃ薄めたおしっこのような液体とされています。

 

【豆知識】最初は指か道具がやりやすい

sio03

詳しくは後述しますが潮吹きは女性の膣内のGスポットを刺激することでできます。

ピンポイントな責めなのでチンポで刺激するのはある程度のテクニックが必要。
体位もGスポットを刺激しやすい体位(対面座位や騎乗位など)で行う必要があります。

そんなわけでチンポでやるのは最初は難易度高め。
Gスポットを刺激するのは指かアダルトグッズがおすすめです。
個人的にはやはり指がいちばんおすすめ。
道具を使うよりも自分で吹かせたった感があります。

 

潮吹きのさせ方

pn065_220331_001

さて本題の潮吹きのさせ方です。

これができれば絶対100パー!ってわけではありません。
男性のテクニックが十分あっても、女性のその日の体調や気分によってはどうやっても無理な時もあります。
しかし体調と気分がばっちりハマれば、高確率で潮を吹かすことができるようになります。

①十分な前戯で気分を高める

04

潮吹きをするにはまず気分をいい感じに高めることが重要です。
最高潮のエロい気分、そしてリラックス。
十分な前戯は心もリラックスさせてくれます。

胸、乳首、太もも、クリトリスなどの愛撫と焦らしで膣をたっぷり濡らし頭の中をピンク色に染めてあげましょう。
ただガツガツいけば潮を吹きやすくなるわけではないので気を付けましょう。

②Gスポットを刺激する

sio04

潮吹きのためにいちばん重要なのがこのGスポットへの刺激。
ここを慣れた手つきで上手に刺激してあげます。

Gスポットの位置は膣前壁。
膣に3~5センチ程(第二関節)ぐらい指を入れた辺りの前壁にGスポットがあります。
前壁なので指を曲げて刺激する形です。
Gスポットに触れるとなんとなく「ここかな?」みたいな感触があると思います。
触れた瞬間の女性の声や反応でも割とわかります。
感触や位置は女性によって多少の個人差があります。

このGスポットを優しくほぐすように、マッサージするように刺激していきます。
女性が退屈しないように緩急を付けたり、指の数を増やしたりして責めてみてください。

③手順はたったこれだけ!

どうでしょう?
やることと言えば基本的にたったこれだけで非常にシンプルです。
潮吹きさせるには慣れや雰囲気も大事なんですが、その辺りを次の項目で解説します。

 

潮吹きさせるためのポイント

top

潮吹きの手順は上で紹介したように文字で書くととてもシンプル。
ですが、ちょっとしたポイントもたくさんあるので紹介します。
こういったことを頭で考えずに自然にできるようになれば潮吹きはもうすぐです!

①女性も潮吹きのポイントを把握してもらう

うまく潮吹きさせるためには男性だけが頑張ってもダメです。
基本的には女性も潮吹きをするという気持ちになっている必要があります。

Gスポット, M女潮吹き, オナニー潮吹き

Posted by mazotown

この記事を読んだ人にオススメ!