アナル挿入体験談!日常生活でアナルに入れておくのに最適なのはアナルプラグ?アナルビーズ?バイブ?

M男の心得

アナルセックスが世間にも浸透していき、今やSMプレイの枠を超えて「SMプレイはあまり知らないけど、アナルセックスは好き」と言う方も多くいらっしゃいますよね。

アナルへプレイがしたい、アナルプレイの幅をもっと広げる為にアナルを拡張したいと思うことはありませんか?

日常生活からアナルのことを考えてアナルを少しでも開発させたいと思う方は少なくないはずです。

そこで今回は日常生活でアナルに入れておくのに最適な道具について考えてみたいと思います。

まず今回の道具で議題にしたいのは「アナルプラグ」「アナルビーズ」「バイブ」の3つです。

この3つの中でどれが一番日常的にアナルに入れておくのがふさわしいか実際に検証してみました。

ルールとしては

・朝イチから夜お風呂に入るまで挿入すること

・便意が来た時には外してもいい

・その他もし緊急で何かあった際は外してもいい

と言うルールで1日1つ、計3日間行なってみました。

【前準備について】

アナルに道具を挿入する際は必ず浣腸を行いましょう。

今回は長い時間の挿入となる為、便意が溜まった際は抜いても構わないことにしましたが抜いた後は必ず綺麗に洗ってから再度挿入しています。

その際、浣腸はしていませんが腸の中にある便を全て出すことを意識して排泄を行いました。

それでは検証に行ってみましょう。

【1日目 アナルプラグ】

今回の検証に使ったアナルプラグはこちらのアナルプラグです。

アナル開発用アナルプラグ
1日挿入して過ごすと言うことで少しビビって小さめのサイズにしました。

(正直言うと後1サイズは大きくてもよかったなと少し後悔しました。)

アナルプラグでの1日の流れ

まず浣腸をして挿入するのですが、なんと今回ローションを購入するのを忘れてしまっていたのでワセリンを使用して挿入してみました。

ワセリンはローションよりは滑りが悪いですが持ち運んでいても隠す必要がないので次回からも持ち運びの際はワセリンにしようと思いました。

もし友人や職場の人にバレてしまっても、手が最近乾燥すると言えばバレませんしオススメです。

早速挿入し着替えて家を出ていつものように出勤しましたが、歩くたびに感じる違和感とプラグを入れて歩いている背徳感がたまらなくなりすぐにアソコが熱くなってしまいました…。

歩いて最寄りの駅まで行き、電車に乗りましたが立っているだけだと特に何も感じなかったです。

たまに揺れてバランスを崩すたびにお尻に違和感がしてそれがまたたまりませんでした。

会社に到着する頃には感覚にも慣れてしまっていたので自分の席に座るときについプラグの存在を忘れてしまい、いつものように座ってしまって思わず「ヴッ!」と声が漏れてしまいました(笑)

みなさんも座るときに忘れてしまわないように気をつけましょう。

僕は基本座り仕事の為、仕事中は特に動くこともなく普通に過ごせましたが、誰かに呼ばれたときやお茶を入れに行く際に違和感と少しの快感を感じ1人で興奮してしまっていました。