初心者必見!赤ちゃんプレイを全力で楽しむための心得

M男の心得

マゾカスタム

いろんなSMプレイがあるなかで、M男に人気があるプレイのひとつと言えば「赤ちゃんプレイ」

これは完全に好み・性癖の問題で「え?キモッ」なんて言う人もいますが、女王様も楽しく、M男も素直な自分になれるとても幸せなプレイなのです。

性癖をさらけ出す

始めて女性と赤ちゃんプレイをする時は緊張してぎこちないまま時間が過ぎてしまい、楽しいのかどうかわからない、逆にストレスが増えた、なんて話も聞きます。
風俗店で女王様扮するママとお客である自分という立場的な関係なら女王様がM男を上手に導いてくれ気分よく気持ちがいい時間を過ごせると思いますが、セフレなども含む普通の関係同士ならば、その性癖に免疫がある・一緒に楽しんでくれる相手じゃないとドン引きされて関係が終わります。

特殊性癖の場合はさらけ出すのも勇気がいりますが、さらけ出した後受け入れてもらえるかどうかもわからないので非常に苦労します。
これがお尻フェチやニオイフェチなど一般化されているフェチなら許容範囲も広がりますが、マニア度が深ければ深い程理解されにくいです。

そういったことも考え、どうしても赤ちゃんプレイがやりたいというならプレイが出来る風俗店にいくか、自分の性癖を受け入れてくれそうな相手を探すか、受け入れてくれなさそうでもお互いが深い信頼関係でちょっとやそっとじゃ崩れない間柄であれば安心して自分をさらけ出すことができます。

初めはギャップがあり過ぎて緊張する

仕事中や、友達と遊んでいる時、趣味の時間など日常生活において普段から赤ちゃん言葉で生活している成人男性はいないと思います。わがままな甘えっ子でママを困らせているなんて男性も同じようにいない。赤ちゃんプレイだから必ずM男が赤ちゃん言葉を話したり、男性は甘えないというわけではありませんが、自分の生活に応じた姿勢で日常を生きています。年齢を重ねれば仕事にも責任が増したり、結婚をすれば家族を守るという責任も増えます。重圧や責任に押しつぶされて嫌になることがたくさんあります。

それとは真逆で赤ちゃんプレイは自分が赤ちゃん、幼児になりきり、“大人”という枷を外し日常とは全く違う自分になりきります。

恥ずかしくてそのギャップに馴染めず十分にプレイを楽しめないM男もいます。
初めての相手、初めての場所なら仕方ありません。環境に慣れるのに少し時間がかかるのが普通です。

「タカを外していいところではとことん外して楽しむ」ということが赤ちゃんプレイを楽しむための第一歩です。

何で赤ちゃんプレイをやりたいのか明確にする

別に赤ちゃんプレイじゃなくても、緊縛でも射精管理でもいいはずです。でもそうじゃなくて赤ちゃんプレイを選んだなら選んだ理由があるはずです。
なぜ赤ちゃんプレイがやりたいんだろう?おむつ姿が好き、赤ちゃんのように優しく大事に扱ってもらいたい、無条件で甘えるという環境にいたい、マザコンの気がある、人によって様々だと思いますが、好きになったのには“こうだから”“こういったところが好きだから”という理由があります。
その理由がハッキリしていて、相手にもそれを伝えることができると一緒に楽しむ相手も役割がハッキリしてお互いにプレイを盛り上げて楽しむことができるので満足度が高いです。

とにかくなりきる

赤ちゃんプレイです。赤ちゃんになりきるのが一番。頭で考えて行動する赤ちゃんがいないように、自分も感情のままに欲のままに行動するのが一番楽しめます。
プレイが始まれば自分はおむつをした赤ちゃん、お腹が空けばママにおっぱいをねだったり、おしっこやうんちがいっぱい出ておむつの中が気持ち悪くて泣いたり、一緒に遊んでほしくてかまってちゃん行動をしたり、行動は赤ちゃんそのものでOK。

まぁ、実際に赤ちゃんではないので、そこに性的欲求も少なからず含まれます。乳首を責めてほしいだとか、アナルで気持ち良くなりたい、おちんちんをいじってほしいなど、赤ちゃんになりきったうえで性的満足できるプレイを一緒に楽しめるように流れを作るのが大事だと思います。

思い込みも大事

赤ちゃんプレイでは心の持ちようも重要になってきます。とにかく自分は“可愛い”と思い込みます。アナタは可愛い赤ちゃんです!
可愛い赤ちゃんは無条件で愛されていい。そんな心持で自分で自分の心も満たしていくのもなりきると同様大事な要素です。

メリハリをつける

どんなこともメリハリをつけることでそれぞれを充実されることができます。
プレイが楽しいからといって会社でも無条件で許される自分でいたいと思っても通用しません。

長期休みも普段しっかり仕事をしているから長期休みが有難く楽しいものであって、常に休みだったらその有難みを感じることはないでしょう。
労働中も8時間ずっと気を張って集中することが難しいように、どんな行動でもメリハリが必要です。
赤ちゃんプレイを存分に楽しむためには普段の自分の役割をしっかり果たし、遊べるときに遊ぶ。
当たり前のことですが境が分からなくなってしまう人もいるのでメリハリを持って楽しみましょう。

道具は自分の好きなものを準備する

おむつにはサイズがあるので自分のサイズを把握する。着用するものは自分の好きなものを自分で揃えると物を大事に出来るし自分の好きなものに囲まれてプレイが出来るので楽しいです。
おしゃぶりやベビー服はものすごい数があります、買うのが恥ずかしいなんて言う方も通販で購入すれば楽ちんです。
洋服はサイズや着心地があるので難しいですが、帽子や靴下、ヨダレかけおしゃぶりは特にサイズ関係なくデザインで決めても問題ないと思います。

終わりに

初心者が赤ちゃんプレイを楽しむには
・自分の好きな格好を準備し
・ママにどうお世話されたいかをはっきり決め
・プレイをする時は自分は無条件で愛される可愛い赤ちゃんになりきる
ということ。

プレイを進めていくうちに、もっとこうしたい・ああしたいというのが見えてくるので、まずは赤ちゃんになりきりましょう!