初心者向け射精管理の我慢のコツと射精管理の魅力解説

M男の心得

pn064_190808_001

「まだダメ、許してあげない♪」
「そんなぁ、もうイキたいですー」

こんなエロ漫画や動画を見て射精管理されてみたい!と思った事のあるM男はたくさんいますよね。漫画や動画で見るような射精管理はどちらかというと焦らし責めの一環で、数十分、数時間もすれば射精を許してもらえる事が多いものです。
しかし、実際の射精管理はこういうわけにはいきません。数日で許してもらえるなら優しい方で、中には何ヶ月も射精禁止を命じられる女王様もいるほど。

このように聞くとやっぱり射精管理されるのはちょっと遠慮したい…と思うでしょうか。それともますます興味を持ってしまったでしょうか。もし後者なら、貴方は紛れもないドMでしょう。その意欲だけでも女王様に気に入ってもらえる可能性大です。
でも、実際にされた事がないからどんな感じで行われるのかわからない、どうやって何日間も我慢するの?など疑問は尽きないと思います。

という事で、今回は初心者向けの射精管理について、我慢するコツや射精管理の魅力などを徹底解説していきます。

射精管理の魅力

pn064_190808_002

射精を制限されて辛いはずなのになぜ射精管理は多くのM男から支持されているのか。その理由はいくつかありますが、主に以下の4つが挙げられます。

絶対的な服従による安らぎ

女王様が射精はダメと言ったら絶対にダメです。どんなにチンコがムラムラしようが、頭の中がエロい事でいっぱいになろうが、何が何でも射精してはなりません。
このようにダメだと言われた事を一ミリも疑う事なく絶対的に服従するという事は、M男にとって精神的な安らぎになります。
普通の男性には理解しがたいかもしれませんが、日常生活の中に射精管理という服従命令がある事で、安らぎと悦びを感じるのです。

男としての権利を剥奪された屈辱感

言ってみれば射精は男性だけに与えられた権利です。射精=男性の象徴と言ってもおかしくないでしょう。本来なら射精なんて自分の好きなタイミングで好きなだけしてもいいはずなのに、それが出来ない。
これは男性としての権利を剥奪されたも同然であり、屈辱以外の何物でもありません。
しかし、M男にとってはそれが快感でもあるのです。
「お前ごときに男の権利なんて必要ないでしょ?」
女王様にこのように言われると、
「はい、ボクは男として生きる価値のない生き物です」
と答えてしまうのがM男。このようなやりとりを具現化したものが射精管理なのです。

常に女王様の存在を感じられる

射精管理は一般的に数日から数か月かけて行われます。どんなに欲情しても無断で射精してはいけないのが決まりです。多くのM男はこの間、ムラムラするたびに、
「あぁ、ボクのチンコは今女王様に管理されてるんだ…」
という思いに駆られます。つまり、欲情してチンコを意識するたびに女王様の存在を感じるわけです。

M男なら憧れの女王様とは常に生活を共にしていたいと願うものですよね。とはいえ、専属の飼育奴隷などでない限り、常に生活を共にする事は難しいでしょう。
しかし、射精管理という命令に服従することで常に女王様の存在を感じ、共にいられる感覚を味わう事ができるのです。

射精を許された時の達成感と開放感

何かしらの理由で自らオナ禁した事がある人もいると思います。何日も我慢した後のオナニー、射精は開放感も相まって今までに感じた事がないほどの快感となりますよね。
射精管理でも同じような気持ちよさを味わう事ができます。自分でオナ禁を設けるのは若干虚しさもありますが、女王様の命令で射精を制限され、許可をいただきようやく射精できた時の快感は、解放感だけでなく女王様の命令に応えられたという達成感も加わり腰が蕩けるような快感を得られます。

初心者が射精管理に臨むために心がけるべき事

魅力いっぱいの射精管理ですが、やってみたいと思う事といざ実践するという事では雲泥の差があります。
というと初心者だとやっぱり無理だろうか、と思うかもしれませんが、誰でも最初は初心者です。
そこで、初心者が射精管理に臨むために心がけるべき事も紹介したいと思います。

初心者歓迎の女王様を探す

射精管理に限った事ではありませんが、SM調教をしてもらうにあたり、自分の経験は正直に話した方がいいです。
初心者だと断られるかもしれない、「未経験です」っていうのが恥ずかしいなど少し背伸びしたい気持ちもわかりますが、経験を偽るといざ調教となった時に女王様を失望させてしまいます。
また、「経験がある」と言ってしまったばかりに自分の力量以上の調教を強いられるかもしれません。
こういった事から自分の経験は偽りなく申告するようにしましょう。初心者歓迎の女王様も多いので、「経験がないから…」と必要以上に消極的になる必要はありません。

最低でも一種間はオナ禁の練習をしておく

初心者といっても、その立場に甘えるM男と向上心のあるM男なら間違いなく後者の方が女王様に受け入れてもらえます。
射精管理から2,3日しか経ってないのに
「もう限界です、初心者なので許して下さい!」
では堪え性のないM男だなと女王様をガッカリさせてしまうでしょう。(なんだかんだ弱音を吐きながらも女王様の許可まで我慢できるM男なら話は別ですが)

射精管理の経験がなくても一週間程度の禁欲はそこまで特別な事ではありません。もしそんなに我慢できる自信がないという人は、最低限一週間は我慢できるように自分でオナ禁を課して練習しておきましょう。

射精我慢のコツ

女王様から射精管理をしていただく上で一番大変な事。それは当然の事ですが、性欲のコントロールです。最初の数日間はさほど苦もなく我慢できますが、性欲は徐々に精神を蝕んでいきます。
ですが、女王様の命令は絶対。何とか性欲を抑えて射精を我慢しなければなりません。そのためのコツを3つ紹介するので参考にしてください。

チンコに触れない

pn064_190808_003

当たり前の事ですが、チンコに触れるとダイレクトな刺激となってしまいます。日常生活で排尿する時や体を洗う時など、どうしても触れなければならない時以外は極力触らないようにしましょう。
中には
「どうしても我慢できなくなったら、弄るだけならいいよ」
と言ってくださる一見懐の深い女王様もいますが、これはワナです。一度触れてしまうと余計に性欲が高ぶり我慢するのが辛くなってしまいます。理性が吹き飛び女王様の命令を無視で射精してしまう可能性だってあり得ます。女王様の術中にハマりたい人は別ですが、確実に命令を遂行するのであれば触らない方が得策です。

ただし、日課として寸止めオナニーの命令を出される女王様もいるので、このような場合には従うのがM男としてのマナーです。

集中できる事を探す

pn064_190808_004

射精管理で欲求不満状態が続くと、チンコにばかり意識がいってしまいます。
「あぁ…チンコがムラムラする」
「早くしごきたい…」
といった事ばかり考えていると、余計に欲求不満が募ってしまう事でしょう。そこで、気を紛らわせるために、何か集中できるものを探しましょう。
読書でも映画鑑賞でもゲームでも、エロに関する事以外であれば何でも構いません。その時間だけは射精の事を忘れられるというものを見つける事で、性欲のコントロールがかなり楽になります。

貞操帯を着けてもらう

pn064_190808_005

何をしてもダメ。もうチンコの事しか考えられない。早く射精したい!射精したい!射精したい!こんな精神状態になってしまったら、物理的手段として貞操帯を装着するのも一つの性欲コントロールの方法です。
ただし、無断での装着はNG。必ず女王様に許しをもらってから着けるようにしましょう。

以上、初心者向けの射精管理について詳しく解説させていただきました。
射精管理に興味があるけれど初心者だから気後れしてしまうという人も、この記事を読んで積極的になってもらえれば幸いです。魅惑の射精管理ライフを楽しみましょう!