【男の乳首性感】チクニーだけでイった時の射精体験談

M男の心得

乳首があまり感じない男性にはあまりピンと来ないかもしれない、乳首を弄って射精するチクニーの体験談。
僕みたいに乳首を攻められるのが大好きで感度も良好であればすぐに目覚めることが出来ますが、どんな男性でも乳首さえ付いていれば誰でもその快楽にハマるオナニーだと思います。
チクニーはある程度コツを掴めば、チンコに一切触れずに乳首だけ弄って射精する事も可能になるため、得られる快感は相当な物なんですね。
という事で今回は僕がチクニーでシゴかずに射精した話を一つ。

もともと僕は乳首を攻められるのが大好きでセックスする時はいつも前戯で舐めたり吸ってもらったりしていました。
その分女の子のおっぱいに吸い付くのも大好きですが、掛ける時間としては攻めてもらう事の方が多いです。
どちらかというと指でつままれたり、コリコリされたりするよりも舌で舐められたり吸われる方が好きでした。
ある年に、当時付き合っていた彼女と数か月間だけでしたが同棲する事になり、初めの頃は毎晩のようにセックスに明け暮れていましたが、
一緒にテレビを見ている時も、寝る前もしょっちゅう「乳首触って」「乳首吸って」とワガママを言っていました。
彼女は、またぁ?とか言いながらも毎回弄ってくれます。
弄られている間、僕は目を閉じて快感に集中し、彼女は指でいじりながらテレビを見たり片手でスマホでゲームをしていたりしていました。
もちろん僕のチンコは毎度毎度ギンギンになって、そのままセックスする事もあれば口でイカせてもらったり、乳首を触られながら手コキでイカされるなど、乳首を弄ってもらった後は常に射精をしていました。
この習慣が後のチクニーだけでイケた要因かも知れません。
同棲していた期間「乳首で快感を得る→射精する」というルーティーンがしみ込んだ事によって何か射精のスイッチが出たのだと思います。

乳首

Posted by mazotown