奴隷市場は存在した。奴隷市場に身を投じたM男の末路体験談

M男の心得

えっと…初めまして、僕の名前はタロウと言います。

元々は喫茶店のバイトをして生計を立てる、ごく普通の男でした。

そこから色々あり、現在は奴隷犬として幸せな毎日を送らせて貰っています。

このタロウという名前ですが、漢字でどう書くのかは分かりません。
というのも、この名前は僕の飼い主である雅子女王様が名付けてくれたんですけど、漢字でどう書くのですか、と訊いたら「漢字でどう書くかですって?どうでもいいじゃないそんな事。わざわざ漢字を充てる程の価値があると思って?」とチンポをぐりぐり踏みつけて下さったので、多分カタカナで良いんだと思います。
というか、この名前自体、女王様が「お前なんか犬で充分でしょ」と仰ってたのを何とかお願いして付けて頂いたものですから。
名前があるだけ幸せなんです。

あっ、前置きが長くなってしまってごめんなさい。
雅子女王様が「奴隷市場のキャンペーンの一環で、体験談を寄稿して欲しいっていう依頼が来たのよ。世のM奴隷達をもっと奴隷市場に集めたいって事でね。というわけで、任せたわよ。」
と、女王様にお任せ頂いたので今こうして僕が体験談を書いています。
普通の生活を送っていた僕が、どのようにして奴隷市場に送られ雅子女王様と出会えたのか。
この幸運を一人でも多くのM奴隷の皆さんに知って欲しい、と思いを込めて筆を取らせて頂く次第です。
どうぞ宜しくお願いします。

①パッと見リア充な僕。しかし実態は…

かつての僕は、誰もが知るあのお洒落な喫茶店でバイトをするごくごく普通の男性でした。
自分で言うのも何ですが、見た目は美しい母に似て整っており(詳細は後述しますが、今は鼻を女王様に削って頂き常に鼻フックを付けていて丸刈りですので、見る影もありません)良く女性からも告白を受けていました。
しかし、どの女性と付き合っても満たされず、ことセックスにおいてはダメダメでした。
というのも、いざという時に一切チンポが勃たなかったんです。
どんなに彼女達がアピールしてくれても、一切興奮しない…きっと性欲が薄いんだろう、そう考えていたんですよね。
そして女性を満足させられず振られる、の繰り返しでした。
バイト仲間達の猥談に混ざってもどこか疎外感を覚えながら適当に相槌を打ってやり過ごしたり。
僕は男性としてダメなんだろうなぁ、一生独身でいいや…そう考えながら毎日を過ごしていました。
もしかして告白されるだけいいじゃないか、と感じましたか?
確かに僕は見た目だけは良かったかもしれません。
でも、中身は自分に自信の持てない陰キャそのものだったんですよ。
学生時代、女性のような見た目だからという理由で過酷ないじめを受けたりしていましたし。
それがMとしての性癖を持つきっかけになったのかもしれませんが…。

②全てはここから。一番目の女王様、リサ女王様との出会い。

寂しくて満たされない日々を過ごしていた頃、店でバイトしていると一人の女性客が入店して来ました。
数多くの女性客の中でも、一際目を引く彼女。
というのも、決して華美な服装ではないのに芸能人のように華やかなオーラを放っていたんです。
お顔もお人形のように整っていて、人間味を感じないような…少し冷たい印象を受けましたが、そこにまた耐えがたい美しさを感じました。
彼女は入店するなりツカツカと僕の元へやって来ると、こう言ったんです。
「ねぇ、私リサっていうんだけど。前から貴方の事が気になってたの。とても丁寧に注文を受けてくれる人だなって。こんな誘い慣れっこかもしれないけれど、仕事上がりにちょっと遊びましょうよ。」
そう声を掛けられて、仕事終わりに一緒にバーに行って…気付いたら酔い潰れていました。
…目が覚めたら、そこはリサさんの家のベッドの上でした。
正確には、四肢を拘束され大の字になった状態で目が覚めました。
そこからの出来事は人生で初めての事ばかりで、どんなに女性から奉仕を受けても勃起しなかった僕のチンポが、踏み付けられて勃起したりあまつさえ射精してしまったり…
勿論、踏み付けられる以上の事もされました。いえ、して貰いました。
今まで味わったことのない快楽にすっかり夢中になってしまった僕は、その快楽を得る為ならリサさん、いえリサ女王様のどんな命令
にも従うようになりました。
「貴方はもう私の奴隷よ。M奴隷。これまで普通のセックスで勃起しなかったのは貴方がド変態だから。そしてそんな貴方を理解出来るのは限られたごく一部の人間だけよ、そう、私みたいなね。」
耳元でそう囁きながら、女王様はこれでもかとばかりに僕を調教して下さいました。
アナル開発は序の口、リサ女王様の椅子として扱って頂いたり、服の下に大量の隠語を書いて頂いたり、アナルにローターを仕込まれたまま仕事に向かったり。
今でも思い出すと懐かしさと同時に身体の奥が疼くのを感じます。

③奴隷らしくなって来たので、出荷されます

乳首がピアスだらけになり、自分の家に帰宅せず女王様の家に入り浸るようになった頃、不意に女王様が言ったんです。
「今度貴方を奴隷市場に出す事にしたから、〇日を空けておきなさい」と。
奴隷市場とは?と訊き返すと、「奴隷をオークション形式で取り扱う市場の事よ。私が一から仕込んだ奴隷が客観的に見てどれだけの価値があるのか知りたいの。楽しみな事この上ないわ。」と答えてくれました。
正直、ショックを受けなかったと言ったら嘘になります。
僕が不甲斐ないせいで僕に飽きてしまったのかな、とか。色んな考えが一瞬の内に脳裏を過りました。
勿論怖くてご本人には最後まで訊けず仕舞でしたけど…
でも、奴隷たるもの主である女王様に従うのが使命、例え売り飛ばされても…。
そう考え、涙を呑んで奴隷市場に赴いたのでした。

④奴隷市場とオークション

不安だらけの中、リサ女王様に奴隷市場へ向かいました。
市場と言っても、豪邸に女王様と奴隷が連れ立って入っていくかたちになるので、傍から見れば夫婦かカップルにしか見えません。
それに、女王様達は一応主催者側に気を遣って奴隷をドレスアップさせて入っていくので(スーツ等)一見するととても奴隷には見えないようないで立ちの奴隷も居ました。
びっくりする位端正な顔立ちの奴隷から、会社では窓際族かなという感じの情けない顔立ちの男性まで様々でしたが、共通して言えることは、見た目がどうであれ、誰しもが同族だからこそ分かる「M奴隷」の雰囲気…卑屈さを醸し出していました。
自分より雰囲気が濃い奴隷を見ては、少し悔しい気持ちになったのを覚えています。
そして入場して控室に通されたのですが、数多くのこれから出品されるであろう奴隷達、そして出品者である女王様方の姿が目に入ります。
女王様達は入館時にマスク(仮面舞踏会で見るような、目だけを隠すもの)を着用していました。
オークションですから、一応パッと見誰か分からないようにする…という配慮なのでしょう。
ちなみに女王様の中には奴隷を出品しない、競るためだけに来た女王様も居られました。

しばらく佇んでいると、アナウンスが鳴り響きました。
奴隷と女王様の別れの時がやって来たのです。
皆思い思いに別れの言葉を告げているようでした。
とは言っても、そんなに感動的な別れというわけではなく、仕込んだ変態芸をしっかり披露するように、とかそういう言葉ばかり聞こえて来たのですが…w
勿論僕も例外ではありませんでした。
リサ女王様は僕の尻をぺしんっ、と軽く叩くとこう仰いました。
「いい?貴方の変態っぷりを余すところなく見せつけてくるのよ。万が一売れ残りでもしたら承知しないからね…しっかり私の顔を立てなさい。高値をマークして、レベルの高い女王に気に入って貰う事。それこそが貴方の出来る唯一の恩返しと心得ておく事。分かった?」
僕は頷くしかありませんでした。
そう、僕は奴隷であり、モノです。主である女王様には絶対服従なのです。

女王様と別れると、奴隷専用の控室に通されました。

奴隷達は緊張した面持ちで、互いに目を逸らしたまま椅子に座っていました(多分座り心地の良いふかふかの椅子でしたが、緊張していたのでこの辺りについてはほぼ記憶がありません)
中には女王様との別れを受け入れる事が出来ず声を殺して泣く奴隷も居ましたが、正直見苦しいなぁ…と思っていました。
悲しいのは理解出来ますが、奴隷として女王様の意に添うのが奴隷としての務めですから。
女王様の意志を尊重し受け入れていれば涙なんて出て来ないはずです、そう、一種の悟りの境地。
むしろ作品として送り出して頂く事を光栄と思うべきなのに、覚悟が足りてないのか?
と、優越感に浸っていました。

⑤奴隷オークション、開始。

奴隷オークションが開始され、奴隷達は各々の芸を披露し始めました。
アナルからウミガメよろしく産卵する者、自らの乳首に針を刺しながらオナニーする者…様々でした。
僕はというと、リサ女王様に拡張して頂いたアナルにセルフフィストファックをしたり、大根を挿入して女王様方の嗤いを誘いました。
「如何でしょうか!もう大根でも足りなくなった僕のガバガバケツマンコです!でもまだ足りなくて犬みたいに腰を振ってますっ!」
と叫びながら腰を左右に揺らすと、動きで大根が腸壁を刺激してついイッてしまいそうになりました。
傍に構えていたカメラが、感じて膨張する僕のチンポを大写しにします。
滑稽な様子が受けたのか、会場から静かな嗤い声が聞こえて来ました。
値もどんどん吊り上がって…最終的には外車が一台買える値で、競り落とされました。
競り落として下さった新しいご主人様…現ご主人様は雅子女王様といって、リサ女王様とは別の魅力をお持ちの方です。
俗にいう美魔女、でしょうか。
リサ女王様も美しかったけれど、雅子女王様は年齢のわからない、でも若々しい不思議なオーラを身にまとってらっしゃいます。
神秘的な魅力というか…
ともかく一目見て、ああ、このお方に競り落とされて良かった…と感じたのを覚えています。

⑥新しいご主人様

そして今現在、僕は雅子女王様に飼われています。
リサ女王様の時とは違い、僕が働く必要は無くなったので(飼われてますからね)24hフルにお仕えする事が出来るようになりました。
僕の顔も、雅子女王様の「私、俗に言う醜い子の方が好きなのよね。情けなくてかわいい。」の一言で変える事が出来ました。
そう、鼻を低くする手術を受け、鼻筋を削ぎ落したんです。
加えて鼻フックをつけたので、正面から見ると豚そのもの。僕はこの新しい自分の姿がひどく好きです。
だって、雅子女王様が愛して下さるルックスなのですから。
他の女性達からいくら好意を抱かれようと、雅子女王様の寵愛の前ではそんな好意ゴミ同然なんです。
今では奴隷としての心構えもよりブラッシュアップされ、女王様の排泄物の処理は勿論の事、野外での全裸散歩やチンポへの刺青も喜んで行えるようになりました。
こうして振り返ってみると、リサ女王様は僕のためにあえて奴隷市場に僕を出品したのではないか…そう思う程、今幸せです。
女王様方、そして奴隷市場に出会えて良かった。心からそう思います。

⑥後日談

ところでリサ女王様から最近雅子女王様の元へ手紙が届いたようで、「お前の前のご主人様からだよ」と手紙の一部を読んで頂いたのですが、どうやら新しく奴隷を飼い始めたようです。
僕の時のように直接ナンパするという訳ではなく、ネットで出会った奴隷志願者を奴隷として飼い始めたようで。
ネットで知り合った人と会うなんて危ない…と思わず口にしてしまいましたが、(とは言っても、歯を抜かれたのでこんなに滑舌良くないですが)雅子女王様曰く、最近はネットの方が良質な奴隷が捕まえやすいとの事でした。
その為ならば多少のリスクには目を瞑る、との事。
実際冷やかしは、少しやり取りすれば分かるらしくそういう輩は徹底的に弾いてるからハズレは少ないとの事。
リスクを取ってまで良質な奴隷を捕まえようとする女王様方の熱意を感じて、僕はクラッと来ました。
リサ女王様はまた奴隷を調教して、奴隷市場に出品なさるのでしょうか。
そして僕は今雅子女王様の元で幸せな奴隷生活を送っていますが、飽きられたらまた中古奴隷として、オークションに出品されるのでしょうか。
そうして作品としてオークションに出品される事を想像すると、別れを想像して悲しむ気持ちと、あのステージで衆人環視の元変態芸を披露した自分を思い出してつい興奮してしまうのでした。
ですので、例え貴方がこの先女王様と出会い出品される事があったとしても、悲しむ事はありませんよ。
むしろ出品される位自分は奴隷として高クオリティなのだ…と、誇らしく思うべき、そう考えます。

Posted by mazotown