徹底検証!日々カラダを張るリアクション芸人は果たして苦痛系マゾなのか?考察してみた。

SMを楽しむための情報

いじめられることで笑いを取るリアクション芸人は本当はマゾ男なのだろうか?

リアクション芸人といえば乳首に洗濯ばさみを挟んで引っ張ったり、鼻フックをしたりと、テレビ画面を通して見ても顔をしかめてしまいそうな苦痛プレイで体を張っています。
普通の精神力ではできそうにないものも多く、リアクション芸人ってマゾなの?なんて疑問を持つ人も多いでしょう。
そこで今回は、日々苦痛プレイで体を張るリアクション芸人は苦痛系マゾなのかを考察してみたいと思います。

ネットで検証!リアクション芸人にマゾの噂はあるの?

ネットには芸能人のゴシップや噂が溢れています。火のないところに煙は立たないので、もしマゾだという噂があるなら、検索すればすぐに出てくるはずです。
という事で、リアクション芸人は苦痛系マゾなのかどうか、考察するにあたってまずはネットでの噂から検証してみました。

方法はシンプルにグーグルでの検索です。

「リアクション芸人 マゾ」からはじめ、有名なリアクション芸人の名前でも検索してみましたが、結果は成果ナシ。つまり、マゾだという噂は出てきませんでした。

芸人全てを調べたわけではないですが、少なくとも有名なリアクション芸人がマゾだという噂は一切なかったので、体を張って苦痛に耐えるからといってマゾだとはいえなさそうです。

なぜ繰り返しリアクション芸に挑めるのか?

リアクション芸人だからといってマゾとはいえない、という事はわかりましたが、ではなぜ繰り返しリアクション芸に挑めるのでしょうか。

もちろん、仕事だから、お金になるからというのは前提にあるはずですが、それでも長年気持ちよくもない苦痛を味わっていれば体が拒絶反応を起こしたり、精神的におかしくなってしまいそうなものです。

絶対確実に痛いザリガニばさみ

最近のテレビではコンプライアンス的な問題もあり、過激なリアクション芸を強いる事は少なくなったかもしれませんが、その分ネット配信の動画やDVDなどではより過激になっている傾向もあるだけに、精神を病まないのが不思議ですよね。

実は、そこには体のある作用が関係しているといえそうです。

人は苦痛を感じると脳から快楽ホルモンが分泌される

皆さんは美味しいものを食べた時や欲しかったものを手に入れた時に幸せな気分を感じた事はありますよね。この時の幸せな気分というのは脳内から分泌されるエンドルフィンという快楽ホルモンの働きによるものです。

このエンドルフィンは人が何かしらの苦痛やストレスを感じた時により多く分泌される事が知られています。体が感じる痛みや苦しみを和らげるためですが、この時、同時に多幸感や恍惚感を得られるのも特徴です。

ランナーズハイという言葉を聞いた事はあるでしょうか?マラソンやジョギングを行うと徐々に辛さが増してきますが、それを我慢して走り続けると快感や恍惚感が生じる事があります。これはまさにこのエンドルフィンが分泌されたという代表的な例です。