赤ちゃんプレイでS女からお仕置き!エイジプレイ体験談

SMを楽しむための情報

pn064_190719_001
僕は赤ちゃんプレイが大好きです。大好きなママに甘える幸福感、大好きなママに全てを委ねる開放感。これらは僕にとって無上の悦びでもあります。

とはいえ、こういった嗜好を理解してくれる女性は少ないものです。彼女に自分の性癖を明かした事でフラれるという苦い経験があったので、それ以降付き合った女性には赤ちゃんプレイが大好きだという事は内緒にしてきました。
基本的にママ探しはネットを使います。S女性の多いSMサイトには赤ちゃんプレイに寛容な人が多いのでよく利用します。

今回知り合ったママは40代の巨乳ママでした。

「じゃあ早速お着替えしましょうねー」

赤ちゃんの僕に大人の服は似合いません。ママは慣れた手つきで僕の服を脱がせてくれました。

「あら、パンツも穿いてるの?坊やにはまだ早いでしょう?」

僕はパンツも脱がされ、はだかんぼうになってしまいました。僕はこの日、赤ちゃんになるためにおちんちんの毛を剃ってツルツルにしてきました。

「可愛いおちんちんね」

ママはそういうと僕のおちんちんをツンツンしました。僕は恥ずかしくてくすぐったくてモジモジしてしまいました。

「まずはオムツを着けようねー」

と、ママは僕にベッドに仰向けに寝るように促します。そして仰向けになった僕のお尻を浮かせオムツを滑り込ませると手際よくオムツを着けてくれました。

「今日はこの服を着ようねー」

そういってママが手に持っていたのは水色のロンパースでした。くまさんの柄がプリントされていてとても可愛いものでした。

「はい、じゃあ頭を通そうねー」

「良く出来たねー、次は右手よー」

「そうそう、じゃあ今度は左手を通そうねー」

「じゃあ最後におまたのボタンを留めるから足を上げてねー」

こんな風に声をかけてくれながら、ママは僕にロンパースを着せてくれました。

「お着替えができたから次はマンマの時間にしようねー」

ママはそう言って僕の首によだれかけをかけると、お皿とスプーンとコンビニのおにぎりを出してくれました。でも僕は赤ちゃんなので、コンビニのおにぎりは食べられません。

「このままだと坊やは食べられないからママが食べやすくしてあげるわね」

ママはおにぎりのビニールを外しておにぎりを作ると、そのまま自分の口でかぶりついてしまいました。そして何度か咀嚼をするとお皿に出しました。

「これで柔らかくなったから坊やも食べられるわね。はい、あーん」

僕はママが作ってくれた離乳食を食べました。ママの唾液がたっぷり混じった離乳食のおにぎりはとても美味しくて、なんだかおちんちんがムズムズしてしまいました。

「おにぎり一個全部食べられたの?偉いわねー!」

完食するとママは僕を優しく抱きしめて頭をなでなでしてくれました。ママの大きなおっぱいが顔に当たってすごく柔らかかったです。