潮吹く感覚ってこんな感じ!!射精とは違う潮吹きの気持ちよさとは!

SMを楽しむための情報

pn064_200131_001

潮吹きというと女性がするものというイメージがありますが、実は男性も潮吹きしてしまう事がわかっています。

と聞くとエロい事に貪欲な男性ならどんな快感なのだろう、自分も経験してみたいと考えるのではないでしょうか。

そんなエロへの探究心旺盛な男性のために潮吹きの気持ちよさについてリサーチしてみました!

潮吹きってどんな感覚?なぜ潮を吹くの?

そもそも潮吹きとはどんな感覚でなぜ潮を吹くのか。気になる人も多いですよね。

潮吹きって何?

潮吹きとは男性がオーガズムを迎えるのと同時に噴射される透明な液体の事をいいます。その量は数mlから数百mlと大きく差があるだけに、少量の場合は射精と混同しがちです。
ですが、その射精と大きく違うのは一度だけで性欲が落ち着いてしまう射精に対して、潮吹きは性的興奮が持続し、何度も絶頂を味わう事ができるマルチプルオルガズムを味わえるという点です。

潮吹きってどんな感覚?

そんな潮吹きは一体どんな感覚なのかというと、

『極限までオシッコを我慢してから一気に全部出し切った感覚と射精の快感を合わせたような感覚』

と言われています。

その他、
『身体の奥から性欲の塊が全部押し出てくるような感覚』
『チンコの中からもうイッてる感覚』

と形容される事も。

こう聞くと思わず股間がウズウズしてしまう人もいるかもしれませんね。

なぜ潮吹きするの?

では、なぜ潮吹きするのかというと、男性だけに起こりえる複雑な生理的反応があるからです。

というのも、射精直後にペニスを刺激し続けると、前立腺が収縮と膨張を繰り返します。それに連動して尿道が狭くなったり拡張されたりしますが、その時に尿道内部が真空状態となり膀胱の尿が尿道に流入します。尿道に流れ込んだ尿は前立腺の収縮と膨張により尿道口から体外へ押し出され、これが潮吹きとなります。

つまり、潮吹きは自分の意思とは関係なく排泄されたオシッコなのです。
しかし、潮は無色透明なので、黄色みを帯びたオシッコとは少し異なります。これは腎臓で濾過されて再吸収される前の、水分が多く含まれたオシッコの元だからとも言われています。

ちなみに女性の潮吹きはスキーン腺からの分泌液との事なので、女性の潮吹きと男性の潮吹きとは根本的にメカニズムが違うようですね。

潮吹きってどうやるの?

射精とは違う快感が味わえるという潮吹き。実際にどのような方法で行なえばいいのか。興味津々で股間の疼きが止まらないという人もいるかもしれないですね。

という事で、ここでは潮吹きのやり方をいくつか紹介したいと思います。

潮吹き法①:輪っか状にした指で亀頭をしごく

潮吹きマニアの男性の多くが取り入れている最もッポピュラーな潮吹き法です。親指と人差し指をくっつけて指で輪っかを作った状態で亀頭をしごきます。この時、カリが擦れるようにピストンしながらしごく事でより潮吹きしやすくなります。

潮吹き法②:手のひらを亀頭に押しつけて擦り回す

まず片方の手で竿を握り、もう片方の手のひらで亀頭先端を強く押しつけながら擦り回すようにします。刺激の強い方法となるため、好みはあると思いますが、電気アンマが好きな男性には人気の潮吹き法です。

潮吹き法③:手のひらで亀頭を包み愛撫する

手のひらで亀頭を包んで密着させた状態でしごく潮吹き法です。順手で行なった場合は親指がカリに当たるので、親指でカリを意識的に弄りながらしごくと感度が高まります。逆に裏筋の方が感じやすい場合は、少しやりにくいかもしれませんが、小指で裏筋を刺激するようにしてみましょう。

潮吹き法④:指で亀頭をつかみ擦る

指で亀頭を掴み、カリや裏筋を刺激する事を意識しながら擦ります。ソフトな刺激なので少し時間がかかるかもしれませんが、初心者向けの潮吹き法といえるでしょう。

潮吹き法⑤:裏筋だけを指先で弄る

中指と人差し指を裏筋に当て、そこだけをピンポイントで擦ります。裏筋が特に感じやすい人にはおすすめの潮吹き法で、擦る強さや早さを調節しながら刺激を与えられるのも嬉しいポイントです。

潮吹きのポイントは亀頭部分のみを刺激する事です。そしてもう一つ大切な事があります。それは、

『必ず一度射精をしてから行なう事』

です。それも射精後すぐに亀頭を刺激する事で潮吹きを味わえやすくなります。
というと、射精後すぐはくすぐったい、敏感になり過ぎるから極力触れたくないという人も多いと思います。
しかし、潮吹きはそういった違和感や不快感を乗り越えた先にあります。最初は辛いかもしれませんが、頑張って乗り越え潮吹きの快感を体感してみてください。

人によって感じやすい場所や好みがあるので、上記で紹介した方法を試しながら最も自分に合った方法を探してみましょう。
もし、手だけではイマイチ感度が上がらない場合は電マやローターを使っても構いません。また、滑りがいい方が気持ちよさがアップするのでローションなどの潤滑剤をつかうのもオススメです。

ちなみに潮吹きをする時の注意すべき事としては、大量に潮を吹いてしまう可能性があるという事です。もし、ベッドの上で大量に吹き出してしまうと後処理が大変なので、あらかじめベッドの上にバスタオルを敷いておくなどの対策をしておくと安心して潮吹きを楽しむ事ができます。

実際に潮吹き経験のある男性に聞いてみた!潮吹きの快感とは?

一度体感するとクセになるとも言われている潮吹き。どのような快感が得られるのか、実際に潮吹き経験のある男性に聞いてみました。

『射精直後に亀頭をしごくのは結構辛いです。ヒリヒリ、ビリビリした感覚でその時点では気持ちよさはゼロなのですが、それでも頑張ってしごいているうちに段々と刺激に慣れてきて気持ちよさに切り替わる瞬間があります。その後、チンコの奥から何かが迫り出てくるような感覚に襲われ、イキそうとなった時に潮をまき散らしてしまっていました。もしこれが射精ならこの時点で快感のピークは終わるのですが、射精の7割くらいの快感が長く続くのがクセになります』

『潮吹きオナニー、自分ではできなかったのでSM倶楽部で女王様にお願いしました。自分ではすぐに手加減したり途中でやめたりしてしまうのですが、女王様は容赦ありません。暴れて悶えてしまったので、手足を縛られ強制的に亀頭を責められまくりました。亀頭を責められているのになぜかアナルの奥がヒクヒクし始め、疼くような快感に変わります。その快感が段々と強くなり、自然と腰が揺れてしまって…“イク!イク!イクゥゥゥ!!!”と叫びながら盛大に潮を吹いてしまいました。女王様には「チンコで潮吹きするなんてエロい体だね」と笑われながら蔑まれました』

『何度も潮吹き経験があります。最初こそ慣れませんでしたが、一度経験するとコツを掴めるというか体が快感を覚えるので二回目以降は比較的簡単に潮吹きできるようになります。潮吹きの良さはやっぱり快感が持続するところ。そして連続して二度三度とイケるところ』

以上、潮吹きの気持ちよさについてリサーチしてみました。潮吹きはコツもいりますし、そこまでに至るのに苦痛を乗り越える必要があります。それだけに、一人で行なうには挫折してしまう人も少なくありません。
しかし、パートナーと一緒に行なう事で成功率もアップするはずです。
もし潮吹きしてみたいけれど、そこまでの過程でつまづいてしまうという人は、潮吹きに意欲的なパートナーを探して実践してみてはいかがでしょうか。

今まで味わった事のない潮吹きの快感を是非、貴方の体で体感してみてください!

Posted by mazotown